スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足裏と首の痛み。

2016.04.29 11:09|肩こり

3年ほど前に足底筋膜炎で来院されてた奈良のMさん。

「あのあとずっと調子よかったですけど、先月ぐらいから、ちょっと踵にビー玉がはりついたような
違和感がでてきました」

「あとは、こっちの方がきついんですけど、同じ時期から首が寝違えたみたいになって、
それからずっと首は治らないんです」

「寝起きは首は激痛です」

問診のあと、施術を展開していきます。

・内臓系の冷え
・内臓系のストレス
・左でん部
・下顎

これらと、古い緊張層を解放していきます。

ある程度反応が薄くなってきたので確認。

「足は、ビー玉みたいなのが、ほぼほぼ消えました」
「うーん、気持ちのこってるかなーっていう程度です」

「首は上と下は向けるようになりました!でも右向くとまだビリビリッっと痛いです」

ストレス系の緊張層が腹部から再度多数反応します。
これらを解除して確認。

「あ、だいぶマシですね。まだちょっと捻るといたいです」

肋骨部分のズレを修正して確認。

「大丈夫です。痛くなくなりました!」

首は、寝違えと同じパターンですが、肋骨のズレの上に、ストレス系の緊張が多数堆積したので、
自然治癒力では治せなくなってたみたいです。

足の違和感は、股関節周囲からきているようでした。
これで大丈夫だと思います。

お仕事が忙しくなるそうなので、ひと月後にメンテナンスのご予約をいただきました。






スポンサーサイト

肘がのびない。

2016.01.11 11:03|肩こり

奈良県からご来院の中学生のSさん。

小学校の高学年から、なぜか、肘が曲がって右肘が曲がってきて、
今は”くの字”から曲がらない状態。

あとは、右ひざの痛み。
これは病院で半月板損傷と診断されてるそうです。

部活でのプレーにも支障があるので、
部活の顧問の紹介で来院されました。

今日は、

・肘の曲がり
・右ひざの痛み

さっそくお体の状態を観ていきます。

全体的には、下部の内臓系の緊張の影響が強いようです。
あとは、右手首、右肩甲骨周囲の緊張

膝は、腰部からの連動も関与しています。

これらを含む緊張層を順序良く解除していきます。

肘は、寝た状態で確認できるので、一旦肘を確認。

「あれ、なんか軽くて伸びやすくなってます」
「まだちょっと左とは違います」

右手首に集中した緊張があるので、これらの連動を解除。
下腹部内臓系の緊張も解除して確認。

「あっ、左とあんまり差がなくなってきました」

立っていただいて、膝の痛みも確認。

「曲げきると、膝の裏が痛いです。けど曲がる!」

腰部、股関節の緊張を解除して再確認。

「膝の痛みはないです。でもなんか、全体的に足が重くなってきました」

ピンポイントのストレス系の緊張を解除。

「あれ?重さもないです・・・」

こういう整体がはじめてなので、だいぶ不思議そうな顔をされます。

初回は一旦終了。


2回目、一週間後。

「あのあと、帰りに車の中でちょっとヒザが痛かったんですけど、すぐに収まりました」

「部活の練習をすると30分ぐらいで痛みがでてきますけど、曲がるし、ずっと楽です」

「肘は、もうちょっとだけ伸びない感じです」

前回同様に、
冷えから来る内臓系の緊張を中心に抜いていって確認。

「あ、うん。肘伸びました!」

「ヒザは、痛くないんですけど、なんだろうな、
ちょっと何かがはさまってるような変な感じです」

少し残っていた内臓系の緊張解除。

「挟まってる感じなくなりました!」

肘は、昔に骨折した手首の影響が強かったようです。

それが、冷えからくる内臓の緊張や、
部活での腕の疲労などが重なって曲がってきたようです。

これで温めにきをつければ問題ないと思います。







息がしづらい。胸の締めつけ感。

2015.07.20 16:45|肩こり

奈良県からご来院の20代の女性Mさん。
お母さんのご紹介で来られました。

「なんか、胸のあたりが締め付けられるような息苦しい感じなんです」
「ノドに何か詰まってるような、ノドが狭くなってるような変な感じがします」
「あとは、腰が重だるいです」

問診のあと、
お辛い部分の構成を先にみていきます。

ほとんどがストレス系の反応みたいですね。

体全体を覆う冷え
腹部のストレス系の緊張
股関節の可動障害を解除して確認。


「肩が凄く軽くなりました・・」
「腰もまだちょっとあるけど軽い」
「ノドはまだしんどいです。胸はどうかな。ちょっと楽かな・・」

現在進行形と思われるストレスを解除して再確認。

「ノドと胸の締め付けがさっきよりきついです・・・」

反応する、2つのストレスと、
それらが体にもたらす影響をサーチして解除。


「あっ!今、すっと抜けました・・楽!!」


2回目、

一週間後

「あのあと、4日ぐらいはすごく軽かったんですけど・・」
「寝違えをしてから、また首がつらくなってきました・・」

前回と同様にストレス系の緊張と身体への関連を解除。
今回は前回ほどの緊張量はないです。

「うわ。すごい楽!」


進行形のストレスに反応した自律神経が、
弱い部分に緊張を入れているので、安定させるのが簡単ではないですが、
このペースなら、
メンテナンスで症状は抑えられそうです。

ひどいときは、
すぐに症状が戻ることもありますが、
今回の場合は、軽減していってるので、あとは回数の問題だと思います。

次回は、20日後にご予約をいただいて終了しました。









野球肩と野球肘。

2015.05.10 12:14|肩こり
3年ほど前にオスグット病で来院された野球少年のB君。

中学に上がって、ピッチャーをされてますが、
投球時に、右肘、右肩が痛くなるということでご来院いただきました。

事前に、投球動作をしてもらい、痛みの発生の仕方や位置などを確認してからスタート。

普段から、
以前お伝えしたように、

・冷たいものを控える(特に夏場)
・痛いところをマッサージ、ストレッチをしない
・シャワーですませず、湯船につかる

を実践していただいてるので、
内臓系の緊張は非常に少ないです。

ストレスからくる、全身の緊張
何層かの広範囲の緊張を解除。

腰部から肘への連動。
腰部から、肩甲骨への連動を解除して確認。


「あ、肘伸ばせるようになりました・・・。肩は、ちょっとだけ重いかな・・」

手首のズレを解除して再確認

「投げれる!!全然痛くないです!」


内臓系の緊張はないので、
これで大丈夫だと思います。


これから暑くなるので、
冷たすぎるものの過剰摂取には気を付けてくださいね。





頑固な肩凝りと片頭痛。

2015.02.23 12:53|肩こり
ご紹介で奈良の桜井からお越しの30代の女性Mさん。

「5年ぐらい前に今のデスクワークをはじめてから、もう肩がこって、どうしようもないんです」
「肩が凝ると、頭痛がしてきて、週に一回ぐらいもどしてしまうぐらいひどいです」

しんどいと近くのマッサージにいかれてたようですが、
楽なのは、ほんの1,2時間だとのことでここしばらくはやめられてるようです。

問診のあと、お体を診ていきます。

確かにお仕事中に、左肩を中心に緊張が蓄積しているようです。
これらの蓄積をとっていって中心にある首の緊張を解除して確認。

「おー!すごい首が楽になった!!」
「でも肩というか、肩甲骨?のあたりが、なんか背負ってるみたいに重いです」

大腿部を中心に両脚にも緊張の蓄積があるので、これらを解除。
右足首の怪我のあとの緊張を解除して確認。

「あ、ほとんどなくなりました。まだちょっと薄皮張ったみたいな感じがあるけどそんなに気にならないです」


2週間後、2回目


「あれから、4,5日はまったくなにもなかったんですが、またじわじわとでてきました」
「前回来る前の半分ぐらいのしんどさです。頭痛はないです。肩凝りだけかな」

前回同様、下腿部の緊張が残っているので、

バランスの調整をしながら、下半身の緊張をとっていきます。
芯にある、下腹部の緊張を解除して確認。

「あ、大丈夫。今日はとれるの早いですね!」


蓄積があまりないので、今回は短時間で終了しました。
施術後、お話をうかがってると、自転車通勤で坂道を毎日1時間ぐらいかかるらしいので、
そのときの脚の疲れが肩に連動しているようでした。


しっかり足湯していただくことと、
下半身をたまにゆるめにマッサージしておけば、以前のような辛さはでないと思います。

2か月後にメンテのご予約をいただいてひとまず終了。






| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。