スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靭帯損傷とリハビリ

2016.09.11 16:29|ひざの痛み

静岡県からご来院のMさん、高校2年生。
バスケットボールをされています。

3年ほど前に、シーバー病(かかとの痛み)で2度ほど通院されました。

その後は、なんともなかったそうですが、
今年にはいってから、プレー中に接触して、左ひざの靭帯を損傷。

病院では、1,2か月で復帰できるといわれたそうですが、
その後、半年近くたっても痛みが消えず、思うようにバスケもできないので、
久しぶりに来院いただきました。

問診のあと、

お体の状態を診ていきます。

症状を起こしてる要因は、

・リハビリの筋トレによる防御反応
・サポーターによる防御反応
・腰の緊張
・ストレスからくる内臓系の緊張
・目の疲れ

これらの緊張を順序立てて解放していきます。

以前ご来院いただいてから、
毎日しっかり入浴をされてるようなので、
わりとサクサクと痛みはとれていきます。

最後に、リハビリによる膝関節の可動障害を解除して確認。

「すごい!さっきまで屈伸が全然できなかったのに大丈夫になってます!」

「あっ!今度は伸ばすときに痛くなってきました!」

ストレス系の緊張
眼精疲労と思われる目の緊張を解除して再度確認。

「いけます!伸ばした時も大丈夫です!」

『Mさん、スマホし過ぎじゃないですか?』

「え?そんなこともわかるんですか?暇があったらずっと触ってるんで・・』

筋トレなどの防御反応が主な原因だったので、
これで筋トレをしなければ落ち着いてくると思います。




スポンサーサイト

ひざの痛みとピアス

2016.09.09 14:40|ひざの痛み
一年ぶりぐらいにご来院いただいた20代の女性Sさん。

前回は半月板損傷と診断され、その施術で3回ほど通われていました。


「あれから、ずっとひざの調子がよかったんですけど、

夏前かな?それぐらいから、右ひざの裏のあたりが曲げると、

何かが挟まったような痛みがあるんです」


旅館で働いておられるので、
仕事中がかなりおつらいそうです。

問診のあと、施術を展開していきます。


身体を緊張させてる要因

・ストレス
・冷えによる内臓系の緊張
・身に着けてる金属類
・ストレッチの防御反応
・右脚全体の緊張


これらを、解除していきます。

ある程度解除して、
緩和するか、それ以外の要因があるかを判断するため確認。

「あっ、曲がる角度がすごく深くなりました。まだ挟まった感じがありますけど痛くはないです!」

近所の整体院で揉み解してもらったとのことだったので、
その防御反応を解除。

「うん、引っ掛かりが消えてきました。さっきは引っ掛かりがゴルフボールぐらいあったんですけど、
それが半分ぐらいになりました」

身に着けてるものに対する緊張が残りますが、
四肢には、なにもなく、耳から反応。

これを解除。

「あー、すごい!なんともないです!」

『ピアスが割と反応してたんで、しばらく今のピアスはしないほうがいいかもしれないですね!』

「えー!そんなんも関係あるんですか?」


意外に思う方も多いですが、
身に着けている金属類やサポーターなどが筋肉を緊張させているケースがすくなからずあります。





立ち仕事と半月板損傷

2016.05.11 15:29|ひざの痛み

奈良県からご来院のKさん。
50代、女性。

普段はキャディーの仕事をされています。

去年の夏ごろから仕事中に右ヒザに痛みを感じ始め、
だんだんひどくなってきたので病院にいくと半月板損傷と診断。

病院でのリハビリを週に4回。
3か月ほどするが改善がなく。

仕事中、右ひざだけでなく、右脚全体、左ひざまで痛くなってきたので
お仕事仲間の方のご紹介で来院されました。

来院時は、

1、右脚全体の腫れたような違和感
2、右ひざの内側の痛み
3、左ひざの違和感
4、頭痛

4つの自覚症状があります。

問診のあと、施術を展開していきます。

・肩甲骨
・ストレス系の内臓緊張
・冷え系の内臓緊張
・右股関節
・右仙腸関節

これら層をなしている緊張を解除していきます。
初回の施術で、

・右脚全体の違和感は10-1
・右ひざの痛みは、歩行は10-0
屈伸でやや残る程度
・頭痛も10-0
・左ひざの痛みも10-0

2回目
一週間後

「右ひざの曲げた時の痛み以外はおかげさまでもうほとんど気にならないです」
「朝起きた時に右ひざが痛いのと、あとは階段の上り下りがまだ痛いです」

前回同様の施術で、今回は
屈伸の痛みが10-0まで改善

3回目、
10日後

「歩いてる痛みがなくなってきたんで、仕事に復帰しました。
前はフルでしたけど、今は週3です」

「仕事中はいいんですけど、仕事終わるとちょっとジーンとします」
「階段もほぼ大丈夫になりました。ありがとうございます!」

全身を覆ってる緊張が反応。
隠れてた緊張が表面にでてきたようです。

肩甲骨周囲の可動障害
内臓系のストレス反応が多数。

これらを解除して、
ベッドの上で正座していただいて確認。

「あ!ほとんど感じないです。ちょっと違和感ぐらい」

再度肩甲骨周囲の反応をとって、正座で確認。

「大丈夫になりました!すごい」
「もう一生正座できんと思っていました」


これでほぼ大丈夫だと思います。
3回で正座ができるまで回復しました。

お仕事にフルに復帰されるそうなので、
ひと月後にメンテナンスのご予約をいただきました。

初診時は、お仕事も休職されて悲壮な感じで脚を引きずっておられたので、
復帰できてよかったです。










ある膝痛の原因。

2016.05.02 12:34|ひざの痛み

2年ほど前からの膝痛で尼崎からご来院のFさん。
病院では半月板の断裂と診断。
初回来院時は、

・歩行で膝の内側、裏、フクラハギが痛い
・屈伸ができない
・朝起きた時に痛みのため曲がらない

という状態。

今日が2回目。

「朝とかは、おかげさまで気にならなくなりました」

「歩いた時の痛みは、かなりマシになって、膝の内側はもう痛くないです。
裏側だけつっぱったような違和感が残ります」

「曲げるのもだいぶいいですけど、まだ曲げきると膝の中がつまったように痛みます」

予想では、もうちょっと減ってる感じがしたのですが、
なにか取りのこしがあるようです。

前回同様に、施術を展開していきます。

・ストレス系の緊張
・冷え
・肩周囲
・目

これらを解除して、一旦確認。

「すごい軽いですね。でも、まだ曲げると膝の奥になんかかたまりがあって痛いです」

丁寧にトレースしていくと、
左の臀部に不自然な緊張反応。

「Fさん、左のお尻ってなんか怪我とかしたことあります?」

「んー、あ、言うのわすれてましたけど、私何年かまえに家の階段から滑り落ちて、
左のお尻打ったことありました。何日か寝込むぐらい痛かったんです」

この緊張反応とその連動を解除して確認。

「あ、中にあるかたまりみたいなのがなくなりました。」

「なんかぼやーっとした違和感が残るぐらいです」


違和感は時間とともに消えると思いますので、
これで大丈夫だと思います。

問診時に、怪我の経験はお聞きするのですが、わりと忘れてることが多いんですよね。

よく、ムチウチになると、時間がたつと、肩凝りや頭痛などの後遺症がでてくることは知られていますが、
実際には、首だけでなく、どこにでも同様の現象がおこります。

長い慢性痛がある場合、こういうのが影響してることは意外に多いと感じています。







呼吸のしづらさと膝の痛み。

2016.04.25 17:16|ひざの痛み
三重県からご来院のSさん。
2年ほど前に坐骨神経痛で3回ほど通われていました。

「あれから、ずっと坐骨神経痛は調子よかったです!」

「三か月ぐらい前から右の膝が椅子から立ち上がる時に伸びなくなってきました」

「あとは、先月の末ぐらいから、呼吸が浅くて、歩いてるだけでも息があがるようになってきました」


問診のあと、施術を展開していきます。

呼吸関係は、ほぼストレスのようです
膝は、仙腸関節と内臓系の冷えの影響が強いようです。

これらを順序立てて解放していきます。

ある程度緊張量が減ってきたので症状を確認

「あ、ヒザあんまり痛くないです・・」

待合室のソファでも立ち座りしていただきますが、OK.
階段の昇降も大丈夫。

「呼吸が、さっきよりしづらい気がします。なんかノドが詰まる感じで・・」

古い緊張層が反応してきたので、これを解放。
胸郭の動きの制限が表面化してきたので制限解除。

「あ、吸いやすくなってきました。でも、まだ左胸のあたりがつまります」

ストレス系の緊張解除
左手首付近の可動制限解除
再度、胸郭の動きの解放

「あー、すっごい楽になってきました。普通に息が吸えます」

「Sさん、左の手って何か怪我でもしたことあるんですか?」

「ああ、中学生のころに部活で手首を骨折したことがあります。」
「バレー部だったんですけど」

ああ、なるほど。
それで、胸郭の動きが悪かったり、左胸に症状が残ったりしたんですね。

「先生、前も思ったんですけど、足に触ってるだけなのに全身のことがわかるんですね。
すごい不思議・・」

本当は、痛い部分がどうなっているか触るような診方だと、本質がみえなくなってしまいます。


大まかにはこれで大丈夫だと思いますが、
ストレス系は、安定しづらい部分があるので、
ひと月後にメンテナンスのご予約をいただきました。






| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。