スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃波治療と足底筋膜炎 その2

2016.10.15 15:12|足底筋膜炎

10日後、2回目。

「右の足裏は、なんかちょっと楽になったような気がします」

「左の足は、前回やってもらったあとからは、一回も痛みがでてないです。」

「右肩に張りがあるのと、あ、でも腰は全然だるさはないです」


やっぱり右側はほかの症状にくらべても、極端に痛みが軽減しづらいですね。


前回同様に、蓄積した緊張層を解放していきます。

衝撃波治療の影響が反応するので、これを解除して確認。

「あ、いいかも。さっきとは全然違います」

「なんか、こう、軽い!」

「まだ、芯が残ります」

この日の最終確認で、

初回が10-3ぐらいまで軽減。


3回目、
10日後。

「まだ、痛いのは痛いんですけど、前みたいな激痛はなくなりました」

「なんか、治りそうな気がします!」

肩、腰、左足などは、その後、なんともないそうです。

体の緊張反応は、全体的に少なく、もうちょっとっていう感じです。
ただ、稀に、深い緊張層が急に表面化してくるケースもあるので、
丁寧に見ていく必要があります。

最終確認で、

「痛みはもうないです。
なんか、かかとにピップエレキバンを張ったみたいな感じが残ります」


4回目、


「先生、大丈夫そうです!」

「あれから、ほとんど痛みがないです」

『エレキバンはったみたいなのはどうなりました?』

「あ、なんかちょっと小さなしびれみたいなのがありますけど・・・・」

「意識しなければ気にならないです」


4回目は、全体を調整して短時間で終了。

なぜ発症したのか、なぜ取れなかったのかを残り時間で説明させていただいて、
終了しました。

きつい治療をなんども経験されてるので、もうちょっとかかるかと思いましたが、
若いので回復も早かったです。







スポンサーサイト

衝撃波治療と足底筋膜炎 その1

2016.10.12 12:00|足底筋膜炎

兵庫県からご来院の20代の女性Sさん。

3年ほど前、立ち仕事にかわってから右足裏の痛み(足底筋膜炎)を発症。
なかなか治らないため、衝撃波治療を5回ほど受けたが、改善せずに来院されました。

衝撃波治療は、患部にかなりの負荷をかけるため、
この治療後は、かなり期間をあけないと防御反応で痛みが変化しないケースが多いです。

最後に衝撃波をうけてからもう半年ぐらいは無治療だそうなので、
その点は大丈夫だと思います。

”右足底筋膜炎”

・右股関節
・右ハムストリング
・内臓
・肩周囲の緊張

施術前に見てる範囲では、
このあたりが原因のようです。

あとは、慢性的な肩こり、腰のだるさ、左の足裏の痛みなどがあります。

これらの緊張層を一つ一つ解放していきながら、
症状の変化を確認していきます。

この日の最終確認で、

右足底筋膜炎 10-5
肩凝り10-0
腰のだるさ 10-1
左足裏 10-0

まで変化して初回は終了しました。






足底の痛みと頑固な肩こり その3

2016.10.03 17:16|足底筋膜炎
3回目、
2週間後。

「足の痛みは、前回やってもらってから、もうほとんど感じなくなってきました!」

「肩こりもすっごい楽になったんですけど・・」

「首が左に向けないというか寝違えのような状態になってしまってます・・」


なるほど、首に残ったんですね。

もともとは、首の症状で、そこに大量の緊張が蓄積していく中で、
自覚症状も場所を変え、肩全体に変化していたんですね。


施術を展開していきますが、
全体的には緊張層は少なくなってきています。

断片的な緊張を解放していくと、
首にずいぶん以前の緊張が反応。

腹部、右股関節からの緊張を解除。

「あー、すごいすごい、でもあとちょっと痛いです」

全体のバランスを修正して確認。

「大丈夫になりました!おー、これで車も安心して運転できます!」


これで、足、肩、首とも大丈夫だと思います。

お仕事の人間関係でかなりお疲れがたまるようなので、
一月後にメンテナンスのご予約をいただきました。

「先生、初回はわからなかったんですけど、この治療ってめっちゃ気持ちいいですよね!」


そうそう、慣れてくると、気持ちよさがわかるようになってきますよね。



足底の痛みと頑固な肩こり その2

2016.09.30 09:38|足底筋膜炎

一週間後。

「やってもらって、帰りはまた痛みが戻った感じだったんですが、
次の日から痛みが引いてきて、今は前回来る前の半分以下ぐらいになってます」

『肩こりはどうですか?』

「肩こりは、うーん、正直あんまりかわってないです」

「肩こりは、もうあきらめてるんで、今回は足裏が治ればいいんですけど・・」


今回も前回同様の施術。
まだまだ、大量の緊張層が反応するので、これを解放していきます。

反応が少なくなってきたので、いったん確認

「足裏は、あ、もうないです。ぜんぜん大丈夫」

「肩はかわらないです。どしーんと重い感じです」

さらに解除していくと、ようやく具体的な対象が表面化してきました。

右、肩甲骨周りの緊張を解除。
左も、肩甲骨から腕にかけての緊張を解除。


ここで、確認。

「あれ?なんか軽いかも。」

さらに施術を進めていくと、首の緊張が反応。

「痛っ!先生、なんか首が痛くなってきました!」

首の緊張解除。

「あれ、首の痛みが消えました!」

ここで確認。

「あー、すごい。なんかこんな肩が軽いのめっちゃ久しぶりです!」

「首のあたりがちょっと違和感ありますけど、すっごい楽です」


今回はここまで。







足裏の痛みと頑固な肩こり その①

2016.09.28 15:19|足底筋膜炎

福井県からご来院のNさん。30代女性。

「毎日朝起きて、一歩目が、釘を踏んだみたいにビリって痛むんです!」

「歩いてたらちょっとずつマシになって、歩きすぎるとまた痛くなってきます」


半年ほど前から、右足の踵がいたくなりはじめ、しばらくすると、
踵、土踏まず、母指球のあたりまで広がってきたそうです。

一番痛いのは朝起きたときで、最近は普通に歩いてても足裏がつっぱったような痛みがある

あとは、中学生ぐらいからのひどい肩こり。
マッサージ屋さんにいくと、

「背中が甲羅みたいになっとる!」

といわれるそうです。

問診のあと、
施術を展開していきます。

・右股関節
・下腹部
・仙骨
・右ひざの骨折の影響

全身のバランスを調整しながら、
これらを中心に解除していきます。

いったん確認。

「えーと、足裏全体が痛かったのが、それがなくなって

土踏まず集中してきました!」


右ひざの骨折の影響を解除して再確認。

「あれ、ほとんどないかも・・・」


『肩はどうですか?軽くなりました?』

「え?肩、うーん正直あんまりかわらないです」

「なんか、どよーんと背負ったような感じです」


初回はいったんここで終了。

主訴の足底筋膜炎(足の痛み)はそうではないですが、

肩は手ごわそうです。






| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。