スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三角骨障害とリハビリ。

2016.04.18 17:21|三角骨障害

「もっと早くこちらにきとけばよかったです・・」


バレエをされてる中学2年のSさん。
3か月ほど前から、アキレス腱の奥の方に痛みを感じ、
病院で三角骨障害と診断される

バレエ専門の治療院に通い、指導されたリハビリで筋トレ、ストレッチなどを行うが、
一向に改善しないので来院されました。

今日で2回目の施術。

初回は、足首を伸ばしたり曲げたりするだけでも強い痛みがありましたが、

・骨盤の多層調整
・右股関節の調整
・内臓系の緊張
・胸郭の解放

などをレイヤーに合わせながら解除して、

・足首の曲げ伸ばしの痛み 10-0

まで回復して終了。

2回目の今日は、トウシューズを持ってきていただき、
履いた状態で施術。

前回同様に緊張層を解除し、

トウシューズを履いた状態で立っていろんな動きをしてもらって、
痛みをゼロにして終了。
結果的に2回で問題ないレベルに改善しました。

バレエ障害で来院される方の中には、リハビリで悪化させる人が非常に多いと感じています。

特に三角骨障害の場合、足首周囲の筋トレ、ストレッチなどをすると、慢性化が進み、
症状が取れにくくなってしまいます。









スポンサーサイト
| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。