スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープン

2012.06.23 10:51|この本はおもしろい!

私の姉が、ミステリー専門のネット古書店を開店いたしました。


お時間ある方は、また一度のぞいてみてください。


http://the-tuesdayclub.ocnk.net/


スポンサーサイト

篤姫。

2008.11.17 10:25|この本はおもしろい!
幼少のころから、時代劇をこよなく愛しているので、



大河ドラマ”篤姫”も毎週かかさずみている。



昨日も、友人とビール片手に観た。







いつも気になるのが、徳川慶喜の存在。


平幹次朗さんの息子さんが演じておられるのだが、

なんともいえない迫力とふてぶてしさを感じる。





歴史上、慶喜は最後の将軍として、政権を朝廷に返上して、江戸で謹慎し、

余生を趣味に生きた人物だが、





とても、そんな印象をうけない。




劇中の彼なら、蝦夷地(北海道)を担保にしてでも、フランスあたりから戦費を調達して、


長州、薩摩に怒涛のごとく侵攻しそうな面構えだ。







やってくれ慶喜!!




歴史観むちゃくちゃになってもいいから、




慶喜よ、おもいっきり暴れてくれ!




と心の中で、叫びつつ、大河ドラマをみていた。





平蔵。

2007.09.15 16:40|この本はおもしろい!
20070915164056



基本的に、少しのお酒と、その日読む本があれば幸せなタイプなので
日々の楽しみはもっぱら本。



古本屋さんで、鬼平犯科帳全19巻を大人買い。


おもしろすぎて、一日1冊のペースで読んでしまう。


すると知らず知らずのうちに、言葉も時代調になってしまう。

昨日も、患者さんから団子の差し入れをいただいたとき、

思わず、


「いたみいります。」と言いそうになってしまった・・・。





春には豆ごはんを炊く

2007.06.02 18:44|この本はおもしろい!
20070602184401




待合室の本。


患者さんは女性が7割以上なので、料理本をおいてる。



とはいえ、待ち時間もそれほどながくないようにしてるので、

見るだけで楽しめる本がいい。



この本は、冷汁とか、わりとマニアックなレシピもあって、

使われてるインテリアや器もいい感じ。





今度、冷汁づくりに挑戦してみたい。



宮崎名物、冷汁。




京都極楽銭湯案内

2007.05.21 18:50|この本はおもしろい!
20070521185001



ひとりで旅してるとき、その街を一番手っ取り早くわかる方法は

銭湯にはいることだと思う。


ひとっぷろ浴びて、外に出ると、なぜか景色がかわる。
はじめてきた街のよそよそしさが消えた感じがする。



この本もいかにも観光用の京都本ではなくて、
素の生活に近いにおいがする。



地元の人も楽しんで読める本。





治療室の本棚においてます。


ちょっと早めに来て、よかったら読んでみてください。




| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。