スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵渡し

2006.01.31 20:54|京都整体日記
20060201104500


ほんじつ鍵わたしでした!

めっちゃうれしくて、まだなにもない部屋で、

しばらく寝転がって天井みてました。
スポンサーサイト

合うあわないについて。

2006.01.29 18:42|京都整体日記
 「前に整体にかよってたんだけど、
  自分にはあわなくて、かえって悪くなったんや」

知人が何気なくそういった。

 あう、あわない、よく聞く言葉だけど、 
 本当にそんなのあるんだろうか。

 結論からいえば、そんなものはないだろう。

 好き嫌いならあると思う。
 僕の整体はほとんど触れる程度の低刺激だから、
 特に疲れもなくて、ただ強く押して欲しい人にとっては、
 好みじゃないかもしれない。

 でも、症状の回復が本来の目的なので、
 それは問題ないことだと思う。

  じゃあ、合うあわないっていわれてるものは
 いったい何なんだろう。

 

 

 

しゃぶしゃぶの日。

2006.01.26 17:36|京都整体日記
20060126173601


 昨日は知人宅に出張整体。

整体の後、おいしいごはんをご馳走になる。

メニューは、

京芋の煮付け、〆サバ、豚のレタスのしゃぶしゃぶ。

そして、にごり酒。

めちゃめちゃおいしいダシに、豚肉をさっと・・
まだシャキシャキ感の残ったレタスにくるんで食べる・・

言葉にならないおいしさでした。

(写真は出番を待つ豚肉軍団)



まきじゃくもって。

2006.01.24 19:31|京都整体日記
 
最近、気づくと店舗のことばかり考えている。

看板とか、治療室に置くスタンドミラーとか。

 絶えずマキジャクを持ち歩いて、気になった看板の寸法を
はかったりしてしまう。

ちょっと変ですよね。

でも楽しいです。



シンプルライフ

2006.01.21 12:06|京都整体日記
 大学を出てしばらくは、旅行ばっかりしてた。
国内外を2、3ヶ月はほっつき歩く。

 旅をしてるときの生活はシンプルで、持ち物も考え抜いて
最小限のもので暮らしてた。

 ないものは工夫。頭も身体もフルに使って、シンプルだけど
気持ちいい生活だった。

 車もテレビすらもなかったけど、その分たくさん本を読んだ。

 ああいうのが僕には豊かな生活。

 次の治療院はベッドと机だけの超シンプル空間。

 僕の生活もそれにあわせて以前の生活に戻していこうと思う。

 

 

 
 

O脚を治しに。

2006.01.19 18:13|京都整体日記
 昨日、今日とO脚を治しにいく。

 とはいうものの、それほど脚には時間をかけない。

 いつもと同じ。全身をやって、それから少し脚を施術。

 ヒザとヒザの間の指3本分ぐらいの隙間が、

 半分ぐらいになった。

 今日で、くっつくように、がんばってこよう。

 

意外な効果。

2006.01.17 12:17|京都整体日記
s-P1000304.jpg

 
 子供のころからのヒザ痛と肩こりでお悩みのTさん。

 一週間に一回のペースで出張整体。

 最近調子どうですか?といつものように聞いてみると、

 「そういえば、整体をうけるようになってから、風邪を
ひかなくなりました」といっていただいた。

 副交感神経が優位になると免疫力が高まるといわれてる。

 整体って凄いなって、逆に患者さんに教えてもらうことが多い。

草星。

2006.01.16 21:10|京都散歩
20050730225710.jpg


 昨日はオフ。

 先週みつけた、めちゃめちゃセンスのいい器やさん
 ”草星”によってく。

 引越しもするし、これ以上荷物を増やされへんねん
増やされへんねん。といいつつ、皿を購入。

 良いものを作る作家さん、それを理解する器やさん。

 そういう空間はなんともいえない”気”のようなものが
満ちていて心地いい。

 静かやけど元気の出る空間でした。

 

てくてく歩き。

2006.01.13 22:11|京都整体日記
 
 「患者さんのために」ってずっと考えてきました。

 でも、患者さんのためっていうのは、本当は自分の想いを
押し付けてるだけなんじゃないか。そんな気がします。
 
 いつの間にか、

 自分が痛みのある当事者だったらどうするか、
 どうして欲しいかという視点が、
すっかり抜け落ちてたことに気がつきました。

 患者さんのため、ではなく、患者さんの立場で考える。

 今年は、そうやっていきます!

 

 

 

 

コックピット

2006.01.12 10:03|京都整体日記
 整体院で一番重要なのはベッドだと思う。

 カイロベッドのような細くて高さのあるものではなく、
低くて、広いベッド。

 本当に辛いひとは、寝返りすらうつのがむずかしい。

 安心して寝返りをうてるぐらいの広さがいる。

 それに立ち上がるときに踏ん張れるように段差もいる。

 狭い治療室はベッドだけで一杯一杯。

 コックピットのように、機能を凝縮した小さい空間になりそう。

 でも、考えてみればそれでいいと思う。

 ”痛みや辛さを取る”という一点に集中した機能があればいいと思う。

 だんだん自分の中でイメージが固まってきた。

 

 

 

 

 

かんの虫。

2006.01.09 23:30|京都整体日記
 子供のころの強烈な記憶の中に、かんきりがある。

 何度か、母に手を引かれて連れて行かれた。

 おぼろげな記憶では、昭和初期のような風景の中、
小さな家の前に人が並んでいて順番を待っている。

 ならんでいる子供は皆恐怖で顔がひきつってる。

 僕の番がきた。

 目の前には魔法使いみたいなおばあさんが、
カミソリをもって座っている。

 僕の指をもって、第一関節あたりを、カミソリで、

 ”ギリッ”と切る。

 赤黒い血があふれてくる。

 「ほら、悪い血がたまってたんやで」

 「これで、カンの虫がおさまった」とおばあさんはいった。

 
 これが効いたのか、効かなかったのか、今もってさっぱりわからない。
 覚えてるのは、ひたすら怖かったことと、帰りにオモチャを
買ってもらったことぐらいか。

 友人に話しても、そんな怪療法聞いたこともない。という。

 あの”かんきり”はいったい何だったのだろう。



 

 



 

 

やった!

2006.01.08 13:18|京都整体日記
20060108131808


 店の物件、ほぼ決まりました!

 場所は京都大丸烏丸店のすぐ近所。

 ビルの2階になります。

 大好きな錦市場の近くです。

 ほんとうにシンドイ人に来ていただけるように、
宣伝とかあまりせずに、ひとりひとりとしっかり向き合える
整体院にしたいと思います。

 2月から、こつこつとリフォームするのも楽しみ。
 ワクワクしてきます。

つるつる

2006.01.04 19:48|京都散歩
20060104194800


極限まですりへったマンホール。

(三条河原町)

新年

2006.01.02 22:33|プライベート
20060102223318


あけましておめでとうございます。

 一日は久しぶりに実家で、まったりと過ごしました。
 おせちをバクバク食べて、しっかり充電。

 今年もよろしくおねがいいたします。
| 2006.01 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。