スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぞの商店街。

2006.04.29 13:20|京都散歩
 
02_00004_02.jpg


 亀岡の謎のひとつ、「H商店街」

 どうみても普通の商店街だが、名前が尋常ではないので
ずっと気にかかっていた。

ネットで検索してみると
http://www.ekame.net/~ekame/pc/press/02_030307_machi/に、詳細がのってあった。


左下に”サービスチエン”と書いてあるのがレトロでかわいい。

 
ちなみに近所には、クニッテル商店街というのもある。



 

スポンサーサイト

仕事のこと。

2006.04.27 23:46|京都整体日記
20060427234214.jpg


 草星っていうお気に入りの器屋さんで、
 うつわを買った。

 すごくシンプルで、素朴で、でも緊張感のあるライン。

 どんな料理を盛り付けても、
 不思議なぐらいきれいにみえる。

 作家さんは、僕とあまりかわらない年齢。

 分野はちがっても、いいものをみると、

 背筋がのびます。

 明日も、コツコツいい仕事をしよう。

ぎっくり腰のこと。

2006.04.24 19:26|京都整体日記
 季節の変わり目には、ぎっくり腰が多い。

ぎくっとなってから数日我慢して、

痛みが少し引いてから
治療を受ける人が多いけど、

できるだけ早く施術をうけた方が、
回復がはやい。


先日、抱えられるようにして来院された患者さんも、

はじめの処置が適切だったのと、早期に来院されたので

30分程度施術したあとには、

”錦市場で買い物してきます”といって
普通に歩いて帰っていかれた。

ぎっくり腰になったときの処置は、こちらを参考にしてください。

http://kyoto-seitai.com/gikkuri.html



ミニベロ。

2006.04.21 00:36|京都整体日記
minivelo9.jpg


 やっと待ちにまった春がきた。

暦とかではなく、感覚的に。

施術の合間、気分転換に、チャリで走る。

これが気持ちいい。

山とか、川とか、チャリでガシガシ走れたら楽しいだろうな。





肉のちから。

2006.04.19 16:44|京都整体日記
 ちょっと疲れがたまってきたので、

 元気をつけようと、先日、ひさびさに焼肉を食べた。

 しばらく、鶏肉とかばかりだったので久々の牛は

 うまかった。

 したたる肉汁。タレのにおい。甘い脂身。白飯。


 わしわしと夢中で食べた次の日、


 カラダの芯に力がはいったような感じになった。

 やっぱり凄いな。肉。

ひざの痛みについて

2006.04.13 23:40|京都整体日記
 ひざが痛いと、歩きにくい。

 歩かないと、筋肉がおとろえる。

 外出がおっくうになって、

 気持ちまで落ち込んでしまう。

 はじめ、階段を一段一段おりるのが辛そうだった患者さん。

 施術2回目の今日は、

 普通に階段をおりられるようになった。


 早く、二段飛ばしで上ったりできるようにがんばろう。

 

 

 

 

日曜日のすごし方。

2006.04.10 10:34|京都銭湯案内
090109042006.jpg


 朝8時。チャリをガシガシこいで、老舗銭湯、船岡湯へ。

 ヒノキの露天風呂にゆっくりつかる。

 夜の薄明かりの露天風呂もいいけど。

 肌寒い朝の露天風呂は、朝の光がきもちいい。

 

ビールにあうから その②

2006.04.08 21:28|京都整体日記
001408042006.jpg


 美味しんぼを読んで以来、

 心の中で、やけに気になってた野草、ノビルをついに確保。

 さっそく友人宅で調理、さっと茹でてみる。


 「いただきます!!」


 酢味噌をつけて。



 「ポリ、コリコリ・・・」






 「・・・・ラッキョ・・・?」





 かなり・・・大人の味でした。





  

 

 

ベランダー。

2006.04.07 20:40|京都整体日記
100904042006.jpg


 ベランダで園芸するひとを”ベランダー”というらしい。

 学生のころ映画”レオン”をみて、

 すぐ観葉植物を買いにいった。

 映画のように愛情たっぷりに葉水をやったら、

即座に枯れた・・・・。

 アイビーも、サボテンすらも枯らした・・・。

 
 施術室を開院して、ベランダーとして再挑戦。

 アジアンタムがちょっとずつ育ってきた。

 植物の楽しさがちょっとわかったきた。


 

ライバル店のこと。

2006.04.05 23:25|京都整体日記
 施術室をオープンしてから、
 広告の人がよく訪ねてくるようになった。

「このあたりは、超激戦地なので広告を・・・」

とすすめられる。


 競合が多いっていわれるけど、

僕の本当の競争相手は、患者さんの痛みや症状だと思う。

それを、自分の技術でどう改善するか。

 近くの店と競争するより、そっちの方がずっと大事。



 







数日前のこと。

2006.04.03 20:30|京都整体日記
 
 「どこか痛いところありますか?」


 「はい。えっと、ヒザと、腰と、肩と首がいたいです。
  あと、今ちょっと頭痛があります。」


 こういうとき、一番やりがいを感じてしまう。


 いったい、どの痛みが元凶なのか。

 どこから、手をつけていけばいいか。

 うまく、その鍵になる情報をききだすために、

 質問する。

 もちろん、手の触覚からも、視覚からも。

 カラダを”診る”というよりは、

 カラダに”訊く”。




 15分ほど施術して、

 ヒザの痛みがとれたとき、同時に、


 「あ、首がいたくなくなりました」  


 
 施術がおわって、たってみると、腰痛もない。

 肩の可動域もひろがって、軽そうに、肩をまわしてる。

 頭痛もほとんどなくなっている。


 なぜかわからないけど、こういうときは、

 僕の体もすごく軽くなってる。

 整体は、やっぱり楽しい。





 
 

 
 

 

 

べんと持って

2006.04.01 01:24|京都整体日記
20060401012400


外食ばっかりは、ストレスがたまるので

 弁当持ちで出勤。

昔みたいに、ハンバーグとかウインナーより、

 菜の花とか、ひじきがうれしい。

| 2006.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。