スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回復力。

2006.12.29 16:31|京都整体日記
一ヶ月ぐらい前から、通院されてるCさん。

ムチウチの後遺症で、手のシビレに、偏頭痛や不眠などいつも、
かなり辛そうにしてる。

首を触診してみると、頚椎の歪みがかなりある。


はじめは頚椎をそろえても、
一週間後にお来られたときに、また
歪みがもどっていた。


それが、昨日の施術のとき、首をさわって驚いた。


ぜんぜん、歪みがなくなってる。


「症状は?」と聞くと

前回の施術のあとから、急に楽になったとのこと。

触診したとき、凸凹の多かったところも、
きれいな生理的湾曲がついていた。


今年、いろんな方を施術して、こういうことが何度か
起こった。


あるときを境に、急激によくなっていく。


成長期の子供が成長するときみたいな、

圧倒されそうな生命力を感じる。


僕の技術なんて、ほんの小手先のことなんだなって
そういうときに思う。


”体が治りやすい環境を整える”のが整体師の仕事だと
常々思ってたけど、今年ほどそれを実感したことはなかった。


この仕事はほんまに深い。


やっと入り口に立てたかなって思う。
















スポンサーサイト

来年の手帳。

2006.12.25 20:23|京都整体日記
glv_1928_5312313.jpg


ここ数年、ほぼ日手帳をつかってたけど、

予約の管理を手帳でやりたいので、システム手帳を入手。

BREEのやつ。



今はまだ、ピンクがかったベージュのヌメ皮。


これを少しずつ、一ヶ月ぐらいかけて日光浴させると
うっすらと茶色味がかってくる。



それから使う。




使うほどに、味わいがでて、きれいなアメ色になってくる。



使えばボロボロになるんじゃなくて、
味わいがでて、愛着がわいてくる。
そういう道具はうれしい。



育てていけるのが楽しみ。

素直なひと。

2006.12.21 18:55|京都整体日記
今日も、腰痛の患者さんが、ひとり卒業された。

腰痛だけじゃなく、
股関節痛もあって、立ち仕事がつらそうだったけど

週一回のペースを一ヶ月。
週2回のペースを一ヶ月
計約2ヶ月で痛みもダルさもなくなりました。

すごく素直に施術のペースや、提案したストレッチをまじめに
やっていただいたので、

最後には、ほんとにびっくりするぐらいカラダもやわらかくなった。

なんだかんだと整体のこと以外にも仕事のことや

趣味のことなんか話していたので、
卒業されると寂しいもんです。


でも、ほんと、痛みから解放されてよかった。



Sさん、おめでとうございます!


たまには、遊びにきてください!


来年のこと。

2006.12.17 10:59|京都整体日記
来年の一月の予約がぼちぼちとうまってきた。

まだ、今年なのに、なんか不思議な感じ。

今年も、もうちょっと。

気合いれてがんばろ。

柳馬場錦亭 京都ランチ

2006.12.15 15:56|京都散歩
123714102006.jpg



今日のお昼も錦亭へ。

柳馬場錦上がるにある小さなお店。


相変わらず野菜が多くて
メバルの煮付けもおいしかった。





店のお姉さんと話してると、

錦亭には電子レンジも冷凍庫もないということ。



「電子レンジでチンしたものは好きじゃない」

といっておられた。





冷凍したものは出さない、

電子レンジで温めたものは出さない。




そういうこだわりがある店はかっこいい。




京都コンディショニングもそうありたい。








椎間板ヘルニア 整体日記その③

2006.12.13 10:21|腰痛

思ったとおり、はじめは家にかえってしばらくすると
シビレがもどってきたらしい。




2回目、3回目、4回目と、

そんな一進一退の施術がつづく。



5回目ぐらいから、急にシビレがもどりにくくなった。
首の痛みもほどんどでない。



施術もはじめ40分近くかかっていたのが
20分ぐらいで痛みが取れるようになってきた。


3回目ぐらいで、不眠がかなり楽になったらしいから、


眠れるようになったから急に回復したのかもしれない。




カラダは少しのきっかけがあると、

突然回復していく。



僕にできるのは、安全に、治りやすい環境を
整えることぐらい。



人のカラダって深いなって改めて思った。





椎間板ヘルニア 整体日記 その②

2006.12.11 18:13|腰痛
普段の生活、睡眠。

レーザー手術が効かなかったこと。

何をしたときに痛みがでるか。


どうやったとき痛みが少なくなるか。




徹底的に問診しながら、仮説をたてていく。


そして、それを安全に検証していくのが整体だと思う。



一回目の施術は検査のようなもの。


慎重に慎重に各関節の可動域を調べながら施術。


首にはほとんど触れずに施術していく。


指先から、腕。


足首から腰へ。



遠くから遠くから核心にとどくように施術する。



結局それが近道になる。




施術がおわると、手のシビレは手の甲に500円玉ぐらいの
範囲に少し残る程度。

首の痛みもほとんど感じないという。




うん。ええ感じ。




でも、おそらくはじめは、しばらくすると
シビレも痛みもでてくるだろうと 予測。



極力、日数をつめて施術できるように提案してみた。


椎間板ヘルニア 整体日記 その①

2006.12.11 12:47|腰痛
ご紹介の患者さんは、重症の方が多い。

今回は、首にヘルニアがある患者さんを
ご紹介いただいた。


はじめて、来院されたとき、首も動かしにくそうで
表情も曇って、かなり辛そうだった。


両手にきついシビレがあるので仕事も手に付かない

レーザー手術も試みたけど、ほとんど効果がなかったらしい。



仕事もデスクワークで一日中、座っていることが多いし、
最近は、不眠もでてきているようだ。


しっかりと眠らないとカラダは回復していかない。

でも、シビレと痛みで眠れないという悪いサイクルになってる。

かなり手ごわい施術になりそう。





どうやって、アプローチしていこうか。


冬はこれ。

2006.12.10 20:31|プライベート
al32bs01.jpg


エアコンはどうも苦手なので。

冬はアラジンストーブ。

じんわり暖かくて、モチも焼ける。

ぎっくり腰の施術日記

2006.12.06 19:53|京都整体日記
先日、久しぶりに出張。
最近は、いそがしくて施術室に引きこもってたので
新鮮な感じ。


上京区の患者さんのお宅に到着。

大柄な患者さんは、ぎっくり腰でうつぶせのまま
まったく動けない状態だった。


寝返りもうてない。

痛がらず触れるところは、手と足ぐらい。

問診しながら施術プランを考えて、足首から施術開始。


足首の関節にアプローチすると
5分ほどで寝返りはうてるようになった。


仰向けで骨盤を慎重に整える。


そーっと。



痛がらせてはいけない。


骨盤のゆがみは相当なものだったのでこれで
ゆっくりではあるけど起き上がれるようになった。

立った状態でも、骨盤のゆがみがあるのでこれもそろえる。


これで、そろりそろりと歩けるようになった。



少し時間がたてば、きれいに
痛みはとれると判断したので今回は、ここで施術は終了。
時間をかけすぎるとかえって体に負担をかけてしまう。


心配してた奥さんがとてもうれしそうだったのが印象に残った。



















転職のこと。

2006.12.03 18:31|京都整体日記
転職しようか悩んでる患者さんに

「先生はいつ整体師でやっていこうって思ったんですか?」

と聞かれて考えこんでしまった。

いつやったやろうか。
確か、そんなに劇的な何かがあったわけでもなく。

でも、なんだろう。

多分、クイックマッサージ屋さんで働いてたとき、
”仕事にいくのが楽しみだった”ことだと思う。

休み明けに仕事にいくとき、

「今日も気合いれて仕事するか!」って思えた。

そういう風に思えた仕事は、はじめてだったから、
今もずっと続けてられるんだと思う。
| 2006.12 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。