スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術回避作戦。

2007.06.27 20:58|京都整体日記

半年ほど前から、変形性膝関節症で通っておられる
女性のOさん。


病院で、

「このまま行けば来年ぐらいには手術しないと」

といわれたらしい。







どうしても手術は避けたいということで、
来院された。


座薬をつかって日々の痛みと闘いながらハードな仕事を
こなす。


仕事がいそがしく、十分な施術回数もとれない。

はじめの2ヶ月は、その場ではしっかり痛みはとれるものの、
本質的に、回復してる感じがなかった。





このままでは、よくならない。



いろいろ考えて簡単にできるセルフケアメニューを考案して、
これを毎日やってもらいつつ、少し施術の頻度を上げる。





それから、一ヶ月。




2週間ぐらい前、来院されたとき、あっ!と思った。


痛む方の足だけ、かなりO脚だったのが、まっすぐになってきている!




座薬も飲まなくてもいいようになったとのこと。



病院にいったら、お医者さんもびっくりしてたらしい。

これなら、手術しなくてもすみそうだという。





忙しい中、がんばってセルフケアした甲斐ありましたね!Oさん。







スポンサーサイト

曲げわっぱの誘惑。

2007.06.24 09:44|京都整体日記
img10495125880.jpg



最近、曲げわっぱが気にかかる。


蕎麦を食べるとき以外は、ほとんど弁当生活なので。


曲げわっぱの弁当箱を購入された患者さんは、

「とても贅沢で幸せな気持ちになれる。先生にも是非おすすめ」


と僕の購買意欲に
拍車をかける発言をして、すすめてくれる。


でも、”丁寧な生活が、丁寧な施術を生む”


と日ごろから思っているので
そういうちっこいところからはじめていきたい。




ぐみ。

2007.06.18 19:12|京都整体日記
20070618191202



久々に実家へ。


昔、庭に植えた20センチぐらいのグミの木がでっかくなって、
たくさん赤い実をつけていた。


毎日、たんたんと日々をすごしてるけど

時間はどんどん過ぎてるんだな、とふと思った。




オスグッド症 その二

2007.06.12 09:35|京都整体日記


いろんな意見があるのだろうけど、
僕個人は、身体が十分にできていないうちは
あまり負荷をかけたトレーニングをすべきでないのでは?
と考えている。


ある意味、身体の動かし方には工夫が必要。



たとえば、合気道のような武道をやると、
”こんな身体の動かし方があるのか!”と

びっくりするようなことがしばしばあります。



身体を動かす発想が全く違う。



ウエイトトレーニングはどうしても同じ筋肉を
反復して動かすことから、動きの多様性、
自由さがなくなっているように感じてしまう。


ウエイトでつけた筋肉なんて、やめるとすぐに落ちる。


小さいうちは、体の動かし方を工夫するという
トレーニングをすることが、

将来の自分の財産になると思う。

オスグッド症 その一

2007.06.11 20:19|京都整体日記
膝と腰を専門にしてるので、

オスグッド症の子供さんが親御さんと一緒に遠方から来られる。



先日は、北九州から泊りがけで来られた。



真面目にトレーニングをしてる子供に多い膝の痛みオスグッド。



病院にいくと、一年ほどすれば痛みは治まるといわれて
なにもしてくれないことが多い。





当たり前だけど、中学や高校のころの時間はもどってこない。
後悔のないように、運動させてあげたいと思う。





施術自体は痛みもなく
短時間で終わるし、ほとんどの場合、一度施術すれば
その場で痛みは取れる。




せっかく来てもらってるので、
その場で踏ん張ったり、
ジャンプしてもらったりして、徹底的に痛みをとる。



ひざ痛だから、ひざだけを施術することはなく、
全身を診る。


ほとんどのオスグッド症の子達は、股関節や
肩、首までカチカチになってることが多い。



これは、やっぱりトレーニングそのものに問題があるんだと思う。






































不眠と腰痛。

2007.06.07 22:12|京都整体日記

腰痛専門でやっていると、

本当にいろんな種類の腰痛の人がみえる。



腰痛といってもみんな同じではなく、
一人一人顔が違うように。


みんな違うものだと思ってもいい。




なかでも多いのが不眠症を抱えてる人。




人の体は、夜、睡眠時間に回復するものだから、
まず、眠れないと回復するのが難しい。




だから、こういう場合は、不眠も一緒に治さないといけない。




大抵の人は、一回施術すれば、その日はぐっすり眠れる。

それを、何回か繰り返せば、睡眠は徐々に改善される。





よく眠れるようになるころには、腰痛があったことを
忘れてる人もいる。



治そうとして気張るより、
治りやすい環境をつくるようにするのが
症状がおもいひとにとっては
早道なんだなと最近気づいた。














子供の整体

2007.06.06 16:48|京都整体日記
半年ぐらい前から
小さい子供さんを施術することが増えた。


肩こりだったり、便秘だったり、
先天性の股関節症だったりチックだったり
いろんな症状で。



もちろん、大人と同じ方法で整体する。

ある意味、大人より繊細な施術が必要。



「子供なのに肩凝るんですかね?」とよく聞かれるけど
肩、凝りますよ。




考えてみれば、僕自身、
子供の頃が一番心配事が多かった気がする。




子供同士の人間関係は大人以上にシビアだし、



大人が思うほど、子供は子供ではないと思う。



大人は自分ひとりで食っていける。



”仕事やめたるわ!”の一言である意味
いろんなものをリセットできるけど





義務教育の子供にはそれもできない。



何かに依存してないと生きていけない状態っていうのは
それなりのつらさがあるんだと思う。








豆パン屋アポロ。

2007.06.05 10:16|京都整体日記
20070605101602



ずっと気になってた
奈良の大和郡山の豆パン屋アポロさん。



昨日、患者さんからパンを差し入れにいただきました!




やっぱりおいしい。



残しておいて、友人と食べようとおもってけど
食べだすと止まらず。

気がつくと写真のアンパン一つになり。


アンパンひとつっていうのも・・っとおもいつつ

もさもさっと食べてしまった。





ごちそうさまです。



Fさんありがとうございました。

春には豆ごはんを炊く

2007.06.02 18:44|この本はおもしろい!
20070602184401




待合室の本。


患者さんは女性が7割以上なので、料理本をおいてる。



とはいえ、待ち時間もそれほどながくないようにしてるので、

見るだけで楽しめる本がいい。



この本は、冷汁とか、わりとマニアックなレシピもあって、

使われてるインテリアや器もいい感じ。





今度、冷汁づくりに挑戦してみたい。



宮崎名物、冷汁。




忘れられたもの。

2007.06.01 17:32|京都整体日記
20070601173202




野菜売り場に放置された豚肉。


よほど急いでたのか。



単にもどすのが、めんどくさかったのか。




アイス売り場に放置されてたのも目撃したことがある。

完全に凍っていた。
| 2007.06 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。