スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老化。

2008.08.29 10:17|京都整体日記

先日来院された患者さん、



片方の指が痛くなり、動かなくなったという。




整形外科にいくと、

「年だから変形してしまっているから治らない」といわれたという。



体をさわってみると、確かに肩、肩甲骨から、腕にかけて疲労がたまりきっている。


指は、さわりはじめて、一分たらずで痛みがとれ、可動範囲ももどった。



老化といわれて、治るものも諦めざるを得ない人が本当に沢山いるんだなあと

あらためて思った。




スポンサーサイト

東京

2008.08.23 08:54|京都整体日記


今日、明日は東京での研修のため、おやすみをいだだいております。



今日はどんなことを学べるのか、自分がどう変わるのか、とても楽しみです。



奥深く、追求できることに出会えたのは、ほんまに幸せです。





体の感覚をみがく。

2008.08.21 17:32|京都整体日記

先日、中国から来院されたヨガをするAさんは、


とてもすばらしい体の感覚の持ち主だった。



立位での歪みの調整、ほとんど触れない程度の低圧力な施術なので

今までの患者さんは、簡単に体が調整され、痛みが取れるのをただ不思議がっておられたが、



Aさんだけは、

「あっ!いま、骨が動きました!」と察知された。




おお!



すごいな。




ときどき、あまりにも自分の体に対する感覚が乏しく、

自身の体の痛みも、自転車のパンク程度にしかとらえていない人も多いので



Aさんのような感覚の持ち主と出会うとテンションがあがってしまう。



なにをするにも、自分の体が基本。




体に対する感覚は、常にみがいておきたいものです。









定休日変更のお知らせ。

2008.08.18 17:44|京都整体日記

こんにちは。

京都コンディショニングは、9月より、

定休日を火曜日から、水曜日に変更させていただくことになりました。

これからも、よろしくおねがいいたします。





夏。

2008.08.15 18:57|京都整体日記
hanabi.jpg


仕事を少し早くきりあげて、


バイクをとばして、



八木町の花火大会へいく。




おなかに響く、花火のドオオンという乾いた音。


夏の田んぼの湿った空気。



なんとなく、夏の終わりを感じる。



不思議と、夏がおわるときは、なにかやり残したような、


なんともいえない気持ちになる。








仕事ということ。

2008.08.11 17:52|京都整体日記
080810_202433.jpg



昨日、患者さんにおしえていただいた甘味のお店で、かき氷を食べた。




シンプルな、みぞれ。



口の中で、ふわっと鮮やかにとけて、


そして、なにもたべてないような不思議な感触。







こんなにうまいかき氷は初めて食べた。



普通のかき氷と、このかき氷では、全く次元が違う。








普通に考えても、

かき氷には、”氷の質” ”削り方” ”シロップ”の3つしか要素がないと思う。






そして、そのシンプルな要素を高めていった結果、こんなに差がでてしまったんだろう。







プロというのは、こういう仕事をしないといけないんだな、




とても大切なことを学んだ。



















オスグッドのリハビリ歩行 その4

2008.08.08 09:53|京都整体日記

いよいよ最終日。


今日は、普通の施術と、ケアのコースの2本立てで受けていただく。




来院時の痛みは、3日まえからくらべると2割程度まで軽減。


普通にはあるけて、ジョグ程度なら出来るレベルまで回復。





リハビリ歩法がかなりよい具合らしい。



施術は約20分程度で痛みが完全になくなった。



そのあとも、再発防止のために、股関節など気になる関節部を

先日の研修で習得した新しい手法で緩める。




夕方、ケアのコース。



この時点で痛みは屈伸したときにほんの少し痛む程度になった。




一緒に来たお母さんに、筋肉をゆるめる手法と、日々のストレッチングなどをお伝え。




最初、まったく動けなかったのに、今はパタパタあるきまわっているのをみて、




一緒にきたお母さんが涙ぐんでいたのが印象に残った。

























オスグッドのリハビリ歩行 その③

2008.08.07 17:01|京都整体日記

二日目、



痛みは昨日の6割程度という。


予想してたよりは、回復がいい。


昨日、両足を曲げずに動いていたが、今日は少し膝を曲げることができる。


屈伸はまだ、途中までしかできない。



施術は40分ほどで終了、楽ではなかったが、

集中して、精度の高い施術ができた。



術後、以前から考えていた、オスグッドのリハビリ用の歩行方法をお伝え。


屈曲を制限する歩行なので、これで痛みはでないはず。





そのときいくら痛みがとれても、次の施術までの間に負担が大きいと回復が

大きく遅れることになる。




今回は、この作戦でいこう。










オスグッドのリハビリ歩行 その②

2008.08.06 17:12|京都整体日記


普通、30分もあれば痛みは充分とりきれるのだが、

今回は、30分が経過しても、少し痛みが軽減した程度だった。



でも、せっかく来院していただいたのに、この程度の改善では申し訳ない。



気合を入れなおして、集中。





一時間ほどかかったが、なんとか歩けるまでに改善。





泊まりでこられてるのであと2回の施術でなんとかよい状態にしてあげたい。









オスグッドのリハビリ歩行  その①

2008.08.06 10:22|京都整体日記

香川県から、オスグッドの小学生の女の子が来院。


これだけ遠方から来られるのだから症状が重いだろうと思ったが

やっぱり重かった。



お父さんに抱っこされて来院。




激痛で歩けないという。



足も、まったく曲げ伸ばしできない状態。




これは、かなり手ごわそうだ。













練習、練習。

2008.08.03 22:53|京都整体日記
さきほど、2日間の研修から帰宅。


退屈な帰りの新幹線、



買って、ずっと本棚にしまってあった村上春樹の”海辺のカフカ”を読む。






研修は、ひざ関節の操法を繰り返し練習。



少しずつ、精度が高まってきたのがわかる。



明日、ひざ関節痛の患者さんがくるのが楽しみだ。











オスグッド病の原因。

2008.08.01 17:38|京都整体日記
オスグッド病なんて、きいたことなかった。

という親御さんが多い。


ご自身の子供のころも成長痛といわれる症状はあったけど

それほどひどい症状に悩まされる子供は少なかったという。



それに比べて今はとても多い。


昔の人に比べると、体形が変わり、骨もやわらかくなったからだという説がある。



あと、スパイクなどの進化も原因なのではないかと
考えている。



昔は、よほど本格的な人でない限り、靴なんて、いいかげんな”運動靴”だった。


走って、方向転換するときなど、よくズルズルっとよくすべった。


それに比べると今は違う。

軽くて、グリップもしっかりしたものが多い。


逆に考えると、グリップ力の向上などが、子供の膝や股関節に
負荷をかけてしまっているのではないかと考えている。


オスグッド病、ひとつとっても、時代や環境の変化を感じることが多い。






| 2008.08 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。