FC2ブログ

オスグッド病の原因。

2008.08.01 17:38|京都整体日記
オスグッド病なんて、きいたことなかった。

という親御さんが多い。


ご自身の子供のころも成長痛といわれる症状はあったけど

それほどひどい症状に悩まされる子供は少なかったという。



それに比べて今はとても多い。


昔の人に比べると、体形が変わり、骨もやわらかくなったからだという説がある。



あと、スパイクなどの進化も原因なのではないかと
考えている。



昔は、よほど本格的な人でない限り、靴なんて、いいかげんな”運動靴”だった。


走って、方向転換するときなど、よくズルズルっとよくすべった。


それに比べると今は違う。

軽くて、グリップもしっかりしたものが多い。


逆に考えると、グリップ力の向上などが、子供の膝や股関節に
負荷をかけてしまっているのではないかと考えている。


オスグッド病、ひとつとっても、時代や環境の変化を感じることが多い。






スポンサーサイト



| 2008.08 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ