スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外な原因。

2009.01.29 13:17|京都整体日記
三重県から来院の、バレーボールをしている中学生の女の子Mさん、



ジャンパー膝。




施術3回で、完全に痛みがなくなったのはよかったが、




走ったり歩いたりすると、なぜか動きに変な癖がある。




膝を再度みても、足首をみても、特に関節には問題がない。




よくよく見てみると、足の裏に小さな魚の目があった。



これが痛くて気になってどうも動きがおかしかったようだ、



話をきいてみると、もう小学校のころからだという。

あまりにも長い付き合いなので無意識に避けて動いていたようだ。




それでは、と、足裏の魚の目を施術。



一分程度施術後、もう一度、動作を確認すると、違和感のないよい動き!



魚の目の箇所をベッドの固い角のところで踏んでもらっても、全く痛みはない。


指で押しても大丈夫。



遠方で頻繁には来れないのでしっかり、確実に痛みをとらなければいけない。



試合がんばってくださいね、Mちゃん。



お土産のせんべい、おいしかったですよ。





































スポンサーサイト

半月板損傷と登山 その4

2009.01.22 10:48|京都整体日記


前回の施術から一週間後、

”めちゃくちゃ楽になりました!”といって来院された。



もう、ほぼ痛みはないらしい。



ためしに、また山に登ったが、翌日もほとんど痛みはなかったという。




僕の予想では、もう少し痛みがながびくと思ってたのに、回復が早い。


考えてみると、根本的な原因である、もともとの腰の状態がストレッチで改善したから

膝の回復が早かったのだろう。




半月板損傷の施術は、初期の激痛をなくすのはそれほど難しくはないが、

変形をともなっている人などの、じわじわのこる慢性痛がやっかいなのだが、




今回の施術でずいぶんよい経験になった。



次回からは、激痛がひいたら、腰、背部周辺を狙うようにしていこう。



半月板損傷と登山 その3

2009.01.20 11:14|京都整体日記

登山で酷使した膝の痛みが、今回の半月板の損傷を機に一度に出てきたような感じ。




今まででなかったのが不思議なぐらい、筋肉の状態が悪い。



足首の可動、股関節、腰、すべてが硬くこわばってしまっている。



歩行観察してみると、全体的に右に傾いてあるいている。



これらが弱い膝の一点にすべてかかっているのだろう。



新しい手法で、身体のラインを整えてみる。




膝の一点にかかる負担を軽減しないといけない。





これで身体がまっすぐに整った。




だる痛いのはとれたが、一時的なものだろう。





セルフケアとして、とっておきのストレッチをお伝え。





あと、完全に運動を中止してもらうことにする。

(少しよくなったので、近所の小山にのぼっていたらしい・・・)












半月板損傷と登山 その2

2009.01.20 10:15|京都整体日記

施術開始。



ズボンをあげてもらうと、触るまでもなく、膝を酷使してきたことがわかる。


変形もあって、ただの半月板の損傷ではない。




うつぶせで背中の状態をみてみると、膝関節痛の人に特有の腰の状態も見て取れる。




結果的に、3回の施術で、激痛はなくなった。



しかし、変形からの痛みがでたのだろうか、


膝のダル痛いのが簡単には引かない。




これが少し長引きそうだ。




半月板損傷と登山 その1

2009.01.20 09:55|京都整体日記

山登りがブームなのか、登山中に膝を痛めたという方が

今年に入ってからに数人こられた。



奈良からご来院のBさんは、走って下山中に膝がグキッという音がなり、激痛が走った。


病院での検査の結果は、半月板損傷。



手術はせずに、湿布と電気治療をうけていたが、あまりにも変化がないので、

同じ登山仲間のKさんのご紹介で来院。




Bさんは、むちゃくちゃな山好き。


退職してから、必ず週に一回か二回は登ると言う。

日本のいわゆる百名山はすべて登り、それでもあきたらず、

地図をみてはニヤリとしつつ、週末にいろんな山に挑戦している。



僕も20代の前半の頃、山小屋で働いていた経験があるので、山の話で盛り上がる。



「これで山に登れないのは悔しすぎる!」というBさん、




凍傷で手足の指がなくても、クライミングをつづけている人もいるので、

膝ぐらいならなんとかなるだろうと僕は思う。


要は、本人があきれめるかどうか。



それだけが問題だと思う。










オスグットと体育。

2009.01.15 17:44|京都整体日記

オスグットの患者さんが多くなって、子供の体を診る機会が増えた。



おどろくのは、あまりの体の固さや、姿勢。


練習前に、充分なストレッチもせず、運動後にもしない。


入浴もせずに、シャワー。



極論すれば、オスグット病は身体がやわらかければ発症しないといってもいい。



それでも、あとを絶たないのは、普段の生活に問題があるから。



大人になって、今思うのは、どうして学校の体育の時間に、



もっと身体についての教育をしないのかということ。



小、中、高と、体育の時間はほとんどスポーツをしていた。


サッカー、テニス、100メートル走、持久走、ソフトボール・・・。


スポーツはクラブでもできるし、放課後でもいい。



本来は、ケガをしない倒れ方、疲れない立ち方、座り方。


身体の本質的な仕組み。



昔の人と現代人とでは、歩く距離、物を持つ頻度があまりにも違い、


身体を使うことがめっきりヘタになってしまっている。



そういうところを補うのが体育の目的とすべきだと思うし、それができれば、



スポーツ障害も確実に減少するはずだ。

























さかさ。

2009.01.09 09:19|京都整体日記
20090109091947




今日は、のんびりと、嵐電出勤。



大宮駅で下車。治療室まであるく。



いつも気になってるのが、写真の”中華処 ヤン ”さんの看板。



上下さかさまになってる。



なぜなんだろう・・・・。













あぶりもち。

2009.01.06 19:03|京都整体日記
20090106190351




4日に遅めの初詣へ。



以前からずっと食べたかった”あぶり餅”を食す。



じつは、そんなに期待していなかったのに、思いのほか上品な甘さで、

かなりうまい!



ああ、これで毎年、初詣はここに決定だなー。


あけましておめでとうございます。

2009.01.01 21:16|京都整体日記
20090101211636



一年で、おせち料理を一番楽しみに生きてるので、

元日は、実家で、家族と愛犬とまったりとすごします。


今日は家族を少し整体しただけで、あとは寝転んで読書。


しあわせな一日。



| 2009.01 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。