スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登山と膝関節痛

2009.07.28 19:51|京都整体日記

登山をされてるBさん、半年前、半月板損傷でびっこをひいて来院されたが、

今は、普通に毎週山に登るまでに回復された。

登山仲間の方に口コミが広がって、最近、登山家の患者さんがすごく多くなった。



それにしても、山登りをする人はほんとにすごいパワーがある。

60歳を越えているのに、深夜バスで山の近くまで行って、そのままザックを担いで山に登り、

下山して、また深夜バスで帰る、という高校生並の強行軍をこなす。


もう一度山に登りたいっていう強い気持ちがあるから、回復もすばらしく早い。

なんでも、本気になれる対象があるのって、人の生命力を強くするんだなってつくづく思う。
















スポンサーサイト

来た!!

2009.07.25 12:53|京都整体日記
20090725125329



TRUCKのデスクワークチェアがきた。

前ののアンティーク椅子が大破してから、バランスボールでしのいできたけど、

やっと豊かな椅子生活がおくれる!


1年、2年と使っていくと、革の色がいい感じに落ち着いてきて渋くなってくるのだ。

楽しみ。







痛みの本質。

2009.07.23 20:29|京都整体日記
今日は、中学生のS君来院。


S君は、バスケ部のキャプテンをしている。


一年前にオスグット病で来院していらい、腰痛、疲労骨折、有痛性外脛骨など、
2ヶ月とあけずにいろんなスポーツ障害になっては来られていた。


今回はシンスプリントで。

施術は20分ほどで難なく痛みがとれ、走れるようになった。

でも、いったいこの子の症状は何が原因なんだろうか。


一つ一つの症状がよくなっても、また、2,3ヶ月すると何か他の痛みを抱えてくるのでは、治ったとはいえない。


以前にあまりにも、いろんな怪我をするので、走り方などもみたが、それほど特殊なものはみあたらなかった。

体が硬い程度だ。


施術中、ふと思ったのだが、これは、各部位には何も原因がなく、走り方や運動強度などにも問題はないんじゃないだろうか。


腰痛などでもそうだけど、同じぐらい筋肉の緊張や歪みがあっても、痛む人と痛まない人がいる。


目線をかえてみると、痛みを感じる方に問題があるのかもしれない。












夏野菜

2009.07.21 09:48|京都整体日記
20090721094854



本日の収穫。


家人のトマト消費量が尋常ではないので、いくら取れてもトマトはおっつかない。



ブルーベリーが一粒だけ熟れていた。


うれしかったので、半分づつ食べた。








半月板損傷の痛み。

2009.07.18 13:07|京都整体日記

数日前にご来院のTさん。

歩行困難ということでメールでのご相談をうけていた。


実際に歩いていただいて歩行観察してみると、ビッコをひいている。

しかし、問診してみるとそれほど強い痛みがでているようでもない。

「ちょっと痛い」という。


30分ほどの施術後に、もう一度ヒザの状態をチェックしてみると違和感もきえているという。
もう一度歩いてもらう。

しばらくするとやはりビッコをひきはじめた。



”痛み”というのは難しい。

リウマチなどのものすごい激痛にもがまんできる人もいるが、
ほんの少しの違和感が気になって仕方がないというひともいる。

もちろん、どちらが正しいとかいうものではなく違いがあるだけだが。


10の痛みが1になっても、ずっと気にしていれば1がやがてまた10になってくる。

それは、何かを虫眼鏡で見ているようなものだと思う。自分で大きくしてしまう。



とりあえず、体の各部のバランスを整えて、

違和感を極力気にせず、無視するようにお伝え。



体には問題がない、この手の違和感は経験的には、無視しつづけることで徐々になくなっていく。

















祇園祭

2009.07.14 10:20|京都整体日記

祇園祭の季節がやってきました。

今日は、宵宵宵山です。

仕事がおわったら、ビール片手にちょろっと見て回る予定です。

明日の宵宵山は水曜日で定休日ですが、

あさって16日の宵山は、治療室の周囲が大変混雑し、
車で来院される方などは来院が難しいと判断いたしいましたので
16日は休診とさせていただきます。

17日の山鉾巡行については、お昼すぎから、営業しております。





オスグット病とシューズ。

2009.07.13 17:18|京都整体日記

今回4回目の施療となる、大津市のAさん。


あるオスグット専門の治療院で治療をうけたが、2回で治るといわれしばらく通ったが、

結局10回以上通ってもあまり変化がなかったという。


両足のオスグット。歩くと多少の痛み。ジャンプ、屈伸は痛みがあってできない。

片方は一回目で痛みはなくなったが、反対側がなかなか引かない。



考えに考えたが、理由がさっぱりわからない。



何かの時に、付き添いのお母さんが、

”すぐに大きくなるから、服でも靴でも大きい目をかう”となにげなくおっしゃった。



あ、なるほど!



両側の足指をみてみると、間違いなさそうだ。


靴の大きさが問題だったらしい。



そういう負担なら、ゆるめるところは、ここしかない。




丁寧にゆるめ、緩んだところで、屈伸、ジャンプをしてみたら、きれいに痛みが取れていた。


・・・・ああ、よかった。



施術で深みに嵌ると視野がせまくなりがちだけど、しっかり余裕もって周りの環境も含めて冷静にみていかないといけないな。






















休日、伊賀へ

2009.07.11 10:04|京都整体日記
20090711100432



休日。



家人と一緒に、信楽、伊賀へ陶器をみにいく。


車で、伊賀の山の中をこえていると、途中でええ感じのギャラリー&カフェを発見。



以前から、ずっと気になってた作家、岸野寛さんの作品もあって、お皿を二枚購入。

岸野さんの作品は、とくに目を引くようなタイプではなくとてもシンプル。

丁寧につくられていて、でも、存在感を主張しすぎず、生活の中に自然にとけこんでいくような作品。

食器は、飽きのこない、個性を主張しすぎないものがいいとおもう。



和菓子屋”まっちん”も気になるし、


なかなかあなどれないディープな店が多いな。やるな、伊賀よ。


と思いつつ帰路につく。















テニス肘と顎関節症 その3

2009.07.09 17:48|京都整体日記


顎の調整をしたあと、肘を動かしてもらうと、



「あっ!痛みが半分ぐらいになってます!」



という反応。



さらに、顎の周りを直接法でリリース。





リリースしながら動かしてもらうと、痛みがゼロになった。



立った状態では、重力などの関係で、筋肉の緊張がねているときとはかわってくるので立位でも調整。





いろんな動きをしてもらっても、テニス肘の痛みはでなくなっていた。



また、経過をみてみないとわからないが、肘周りの筋肉、関節には問題がないのでおそらくこれで大丈夫だと思う。







テニス肘と顎関節症 その2

2009.07.09 10:07|京都整体日記
2回目、



やはり手ごたえがない。



肘そのものにも筋肉の緊張がそれほどなく、かといって筋肉が不足してる感じでもない。



これはちょっと無理かなと思いながら、集中して体をみていく。





施術しながら、雑談。





いつもどんな風にすごしているか、とか、何がすきか。とか。





話しているときに、”少し前に顎関節痛になったときに食べれなくなって・・・”という話になった。





おっ!



それだ!!







さっそく、顎の近くにアプローチ。





口をあけると、ガクッという音とともに、軌道がずれる。





顎関節なら、責めるポイントは顎にはない。



頭を働かせて、違う部分をリリース。





20分ほど格闘して、顎の痛み、軌道ともによくなった。

テニス肘と顎関節症 その1

2009.07.07 17:20|京都整体日記
どこにいってもよくならないというテニス肘の患者さんが、群馬県から来院。



いただいた相談のメールから、相当難しい症状だということがわかる。

パターン的に今まで診たことがない症状。



メールでも、何回で改善しますか?という質問をいただいたが、まだ診てもいない段階で判断できるレベルではない。




とりあえず、一泊二日、施術回数は3回というのが今回の施術。





初回。



動作などのテストでみてみると、典型的なテニス肘。



しかし、テニス肘の方に共通する体の特徴がない。



特に筋肉に強いはりもなく、股関節などもやわらかい。



微妙にいやな予感。



一回目は全身を調べる感じであたってみる。





一回目の施術が終了したところで、肘の状態をみてみるが、変化はない。





シンスプリント

2009.07.06 14:08|京都整体日記
陸上をやっているMさん(中学2年生)が来院。

確か、前回はぎっくり腰のお母さんの付き添いでこられたが、今回はご本人。

症状をきいてみると、シンスプリントだという。


走り出すと、足のすねの骨の部分の下のほうに痛みが走る。

だましだましやってたら、今は常に痛みがある状態。



正直なところ、シンスプリントの施術は回数がかかってあまり得意ではなかったのだが、

最近、新しい施術法を学び、症状を劇的に改善させられるようになったのでちょうどよかった。


新しく、取り入れ始めた検査法で、筋肉の疲労度や運動の質などをみてゆく。



狙いどころも検査法で特定。


触診してみると、バッチリ手ごたえがある。



15分ほど施術して立ってもらって、様子を聞いてみると、


「あれ??いたくない?なんで??」


と、施術がうまくいき、痛みが消失。



まだまだ時間が残っていたので、全身の筋肉を緩めて、施術終了。



これでシンスプリントもOKだ。

地味にうれしい。











深い関節痛。

2009.07.05 10:19|京都整体日記
一昨日の施術。


2ヶ月まえからご来院のIさん、ストレスを抜く施術法で膝関節痛がとれた。



それまで、はじめ数回の施術はほとんど効果はなく、それからは問診に大幅に時間をさき、

痛みをだしている心因を一緒にみつけだすことに時間をさいた。



ご自身の生い立ちや、性格、いろんなことを話して、整理していく。



週に1回、一ヶ月ほど、その原因探しがつづいて、ようやく大まかなものがうかびあがってきた。



その内容は、話さなくてもいい。話したくないこともおおいだろう。


僕は精神科ではないし、人の心にもぐりこむのが仕事ではない。


痛みがとれればそれでよいし、患者さんもそれを目的としている。


本人が頭に思い浮かべることができたら、それにまつわるストレスを取ってしまえばよい。



1回でよくなる簡単な関節痛もあるし、今回のような、深いものもある。



よくお電話で、

「何回で治りますか?」ってきかれるけど、顔も知らず、話もしたことがない人の痛みが何回で治るかなんてわからないんです。










半月板損傷のセルフケア

2009.07.03 12:43|京都整体日記

一ヶ月ほど前、アメリカ在住の日本人の方から、メールでご相談をうけた。


半月板損傷で手術したが、痛みが引かないとのこと。

遠方すぎて流石にすぐにいくことができないという。


とりあえず、症状をくわしくメールしてもらって、これならと思い、ホームページにのっているストレッチを実行してもらうのと、シャワーはやめて、しばらく毎日入浴することをお伝え。


2週間後に再度メールがあって、

”半信半疑だったけど、痛みが徐々になくなってきて、腫れまで引いてきました”とのこと。
まだ、半分ぐらい痛みが残っているけど、毎日つづけてみます。というメールをいただいた。

正直、相談のメールに答えても、返信がこないことが多くて困っていたけど、こうやって実践してもらえて、ちゃんと報告もしてもらえるとこちらもやりがいあります。



Kさん、焦らず、ぼちぼちとがんばってくださいね。












| 2009.07 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。