スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルなし

2009.12.29 11:01|京都整体日記
20091229110105


今年は本日で仕事納めです。

夕方までにしようと思ってたけど、結局夜まで予約がパンパンに埋まってしまいました。


今年も、よい出会いがたくさんあり、人生の重大事も決め、念願の犬も来て、幸せなよい年でした。


宝くじが当たるとか、派手な幸せより、なにもない毎日を楽しめるような暮らしをしたいです。



(写真は患者さんからいただいた”わびすけ”)




スポンサーサイト

あこがれの。

2009.12.22 09:48|京都整体日記
20091222094817



クリスマスプレゼントに、家人から、組み立て式の天体望遠鏡をもらった。


10分で完成!って書いてあるが、どんくさい私は30分以上もたもた作業していた。


これで、月を早く見たい!


いつも空を見上げても、月が平面に見えて球体だというのが実感できなかったので、

はやく立体的な月が見たいなって思う。


ぜんぜん関係ないやんっていわれそうだが、自然観察は自分の整体の大切な部分なのです。





歩くと激痛!坐骨神経痛 その2

2009.12.14 15:30|京都整体日記

一週間後、 


一番はじめに来られたときと大差ないほど痛い状態で来院された。


「調子良かったのですが、3日ほど前から痛みがぶりかえしました」


すっかりしょげておられる。




しかし、ここまで元にもどるのはおかしい。

前回も考えていたが、あきらかに違う原因のようだ。



今回は全く違うアプローチで施術。


と、プラスして、新必殺技法(こう書くとかなり安っぽいな・・・)もあわせておこなう。





一週間後。





「先生、ぜんっぜん痛くないです!!」



とよろこんで来られた。


ちょっと友達のところによっておそくなったので、と走ってこられたようだ。

走れるなら安心。



いろいろ問診していくと、腰痛意外にも気になるところがいろいろあるらしく、

しばらくメンテナンスに通います。


そうおっしゃっていた。




はじめは怪訝そうだったけど、痛みがとれたことで信頼関係ができた感じ。




それが一番大切だと思う。







歩くと激痛!坐骨神経痛。

2009.12.14 15:07|京都整体日記

70歳代の女性。


姿勢がピンとして、とても若々しいAさん。


2週間ほど前に、腰と太ももの激痛のため紹介で来院。

かなり辛そうに杖をついてこられた。

一ヶ月前ぐらいに腰に違和感を感じたが、それが徐々に悪化してきたという。


初回の施術は手こずったが、痛みはほぼゼロになり、3日後にご予約をいただく。





3日後、3割ほど痛みが残るものの、ずいぶん楽になったと喜んでおられた。


なんとなく、不安定な感じだったので一週間後に再度予約をいただく。





腰痛と先入観。

2009.12.13 16:06|京都整体日記

今日はご紹介いただいた腰痛患者さんの施術。



まず一番重要なのは、仕事やスポーツなどで普段どういう動きをするかということ。

今日もまずそこから問診。



「お仕事でどういう動きが多いですか?」



そうきいてみたら、

「ええと、腰をこうするのが多いですね」というお答え。



普通に考えると、腰は腰に直接関係する動きに問題があって、調子が悪くなると考えられている。



でも、実際はそうではないことが多い。



純粋に、たとえばピアノを弾くなら、指を使う。足も使う。



そういうところに施術の重要なヒントがある。



今回もうまく問診でヒントがひきだせたので、施術。


”ぎっくり腰寸前”とおっしゃってたのが、1回で解消。


やっぱり腰痛施術は楽しい。



来年はもっと腰痛に力をいれていこう。










だいこ

2009.12.09 10:50|京都整体日記
20091209105048





水曜なので今日は、休み。


近所の鳴滝大根焚きにやってきた。


甘めのアゲと、ほくほくにダシがよくしみた大根がうまい。




アゴの痛み。

2009.12.08 12:26|京都整体日記
昨日はアゴが痛くて開かないという方が来院。


問診していっても、特にアゴに関して問題があるようなことはしていないという。


歯医者にもよくいって、歯のメンテナンスはたびたびしている。


もっと突っ込んで話を聞いていると、痛みがではじめた3週間前は、仕事の研修で、

慣れないヒールを履いて、立ちっぱなしだったという。




なるほど、そういうことか。



ということで、原因がある程度特定できたので、ちょろっと徒手検査をして、原因を確信し、施術。




原因部分を施術すると、思ったより早く、アゴの痛みが消えた。


あけてみても、指2本分程度だった開きぐあいも、ほぼ全開までいった。

まだじゃっかん、ジャリジャリという異音が残るが、次回の施術で取れるだろうと思う。


アゴに関しては、もう一種類アプローチが必要だとおもうがそれは来年の課題かな。





病名。

2009.12.06 10:15|京都整体日記

オスグットで来院のKくんの施術。

4回目でようやく走れるレベルまで回復した。

施術後、

「M君も、Y君も、二回で完全に治ったのに、なぜこの子は同じオスグットなのに二回で治らないんですか?」


と一緒に来てたお母さんに聞かれた。




同じ病名だから同じ回数で治ると思われてる人が多いのかもしれない。

症状も人の顔がみな違うように、同じ病名がついていても原因も違えば、対処法、施術回数も全て違う。


はじめのころ、近所の小学校のオスグットの子供は、簡単によくなった。

徐々に口コミでいろんな人が来るようになったら、逆に回数がかかるようになった。


2年前と今とでは、オスグットに対する技術は全く次元が違うレベルに進歩したが、
今も稀に全く痛みが変化しない子供さんと出会うこともある。


それぐらい人の体は深いものなのに、それに対して人が自身の体や精神状態に対して深く考えたりする時間はほとんどない。


症状が重ければ重いほど、そういうことも原因として関連してくるので難しい問題だとおもう。

























| 2009.12 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。