スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱力

2010.08.31 08:24|京都整体日記


近くのコンビニにて。


エヒピラフ…



適度に力がぬけててよい感じ。





スポンサーサイト

秋。

2010.08.29 16:05|京都整体日記
100828_210559.jpg



今年も楽しみにしてた秋味の季節がやってきた!!



踵の痛み。

2010.08.27 17:48|京都整体日記

50代の女性が、”かかと”の痛みを訴えて来院。


痛みを表現してもらうと、海の磯の上を裸足であるいているような感覚だということ。

なにより立ち仕事なので、辛くて仕事にも集中できず、仕事も辞めたいという。


人って本当にいろんな悩みをもっているものだと思う。



いつものように日常でよく使う部位など、問診していく。

わりと、作業が特定しやすい職業だったので比較的わかりやすい。


カラダをみていくと、いろんな痛みを内臓してるような感じ。



「腰痛もありますよね?」ときくと、

「はい、もう20年ぐらい前からずっとコルセットをしてます!!」との返事。



足裏の痛みより、そっちのほうが手強そうだ。



足裏は、30分ほどの施術で、きれいさっぱりと消えた。

軽く走ってもらったりしたが、ほぼ問題なし。


足裏はもう2回施療すれば、全快しますけど、腰はちょっとかかりそうです。とお伝えして初回は終了。

















シェルパよ。

2010.08.26 13:16|京都整体日記

数日前、通勤時に愛車シェルパを快調に走らせていると、突然


”バキッ!!”という異音がなった。


何じゃ何じゃとバイクを止め、エンジンをみると、地面にぽたぽたとオイルがもれているではないか。

数年まえに中古で格安で買ったシェルパ。

日本海や、山の中やいろんな釣り場などにも連れて行ってくれたが、

最近は、もう故障につぐ故障で、いよいよお別れのときがせまっているようだ。


つぎはどうしよう。


シェルパのパタパタというエンジン音がけっこう好きだったなあ。





白かわうそ

2010.08.24 22:29|京都整体日記





今日は、休日。

午前中はおもいっきり琵琶湖で泳ぐ。


(写真は犬掻きで必死におよぐ愛犬”なち”)



疼痛障害 その3

2010.08.21 16:48|京都整体日記
3回目から7回目までは、ほとんど、頭を真白な状態にすることに費やす。


8回目来院されたとき、とても顔色がよくなり、痛みが急激にとれはじめた。


9回目、痛みは8割ほどとれ、あとは、首を動かしたときの寝違えのような痛みのみになっていた。



ここからは、普通の整体。


按腹の要領で、おなかを緩める。


これで、首の痛みはほぼゼロに。




今回の症状は、手強い心因性だった。


初期のうちにこられてたらよかったのだけど、ドクターショッピングを繰り返し、

より治りづらい状態になっていた。


治るということに対して、抵抗がでるような特殊な心理状態だった。

正直なところ、こういう症状が一番むずかしい。


まだまだ、もっと人間のことを知らないと、自分自身、納得できる治療家にはなれないなと実感。






疼痛障害 その2

2010.08.21 10:08|京都整体日記

準備期間をおえて、二回目の施術。


痛みには変化はなし。


患部にも触れていないので、そのあたりがとても不満がある感じ。


お話をしてみるが、まだ、今まで病院を巡りながら得た知識にこだわってしまう。

病院をめぐり、皆に違うことをいわれたので混乱しきっている。

今日は、カラダをざっと調整しながら、この知識を捨てることが早くよくなるための近道になるということを

時間をかけて説得する。



ようやく、話をきいてくれるようになってきたので、今、なぜ痛みがでているかの説明に入る。


多分一回話しただけでは、わかってもらいにくいので、紙に書いたものを渡して、今回の施術はおわり。


一週間後にご予約をいただく。


(3日ほどして、少し痛みが楽になったとのメールをいただく)







疼痛障害 回復する準備。

2010.08.19 10:49|京都整体日記
疼痛障害の方が来院。


5年前から、首、腕に激痛がはしり、それ以来、常に強い痛みを抱えた状態。

仕事もつづけられず、一時は命を絶とうとまで考えられたという。


ドクターショッピングを繰り返しながら、

特に改善もなく、御紹介でご来院いただいた。
いろんな病院で、いろんな病名をつけられ、薬をだされ、そのすべてが効果がなかった。


当然、もう治ることに対して、あきらめと、期待、抵抗など、複雑な心理が交錯した状態。


問診していても、症状に対する知識が多すぎて、理解の邪魔をする。


反論するための知識が蓄えられた状態。




正直なところ、この状態では、誰が何をしても効果はでないだろうと思われる。


少し時間をかけて、治るための準備を整えてもらうことにし、


ひとつ課題をあたえて、半月後にまたご予約いただいた。




まずは、準備。








今日から施療。

2010.08.18 14:30|京都整体日記

お盆休みも終わり、今日から施療開始。


今日は大阪の岸和田から半月板損傷の患者さんが来院。


私も岸和田出身だということをお伝えすると、とてもびっくりしておられた。

ちなみに、高校も同じだということで二度びっくり。


とりあえず、何もできない状態だったので、施術開始。


サクサクと筋肉の緊張を取り、関節の軸を調整。


外で50メートルほど走ってもらう。


走っても痛みは無い。


とりあえず、自己療法をお伝えして今日はここまで。

かなり練習がハードな部活なので、慎重にやっていこう。


夏休みが終わるまでには、完全復活できるとよいなと思う。







本日は

2010.08.15 12:31|京都整体日記


手作り市で家人の手伝い。

午後から釣り。


百年

2010.08.11 16:00|京都整体日記




今日、ご来院のHさんに、焼酎「百年の孤独」をいただきました。

今日は休肝日なので、明日楽しみにいただきます。


いつも、いろんな患者さまにいろんなものをいただき、本当にありがたいです。

坐骨神経痛

2010.08.08 15:13|京都整体日記
2ヶ月ほど前からの坐骨神経痛で、30代の男性が来院。

お尻とフクラハギに激痛があって、仕事にならないという。



お仕事は建設業。

暑い中、毎日外で作業してるのも辛いが、重いものを持つときにここ数日は、

力がはいらなくなってきた。


まずは初診なので、痛みがなぜ出るのかというのを簡単に解説。


次に問診。

現場での作業はどのような動きなのか。車での移動時間はどれぐらいかかるのか。

事細かに聞いていく。


聞いてると、思ったより偏った動きをされるようだ。

問診で大体のことはわかったので、施術開始。


今回は問診で見当がついていたので、施術は、確認作業のようなもの。


もちろん、腰や痛みのでる患部に原因はないので別の部分の施術。


10分ほどで、痛みは消失。


立位で確認すると、まだ若干のこってたので、それも施術で痛みをとる。


一回で大丈夫なケースだけど、ご本人の希望で、来週もう一回メンテがわりにご予約をいただく。



今回は、きもちよく痛みがとれた。











共鳴。

2010.08.07 18:01|京都整体日記

昨日は、手強いシンスプリントの患者さんが偶然3人ほどつづいた。

シンスプリントとは、スネの部分に痛みが走るスポーツ障害。




なんとか気合と工夫で3人とも痛みを取り去り、やっと休憩!!


大丸にいってお弁当でも買おうかとおもったとたん。


ビリッと、自分のスネに痛みが走った!



あっ!シンスプリント!!


たまにあるのですが、患者さんの症状と共鳴して自分のカラダにでるのです。

ささっと自己療法して痛みをとばす。


それにしても、こういう共鳴なども、カラダの不思議の一つ。





シンスプリントと足底筋膜炎

2010.08.06 16:42|京都整体日記

今日は、岐阜から、陸上選手のAさんが来院。


再発をくりかえす、シンスプリントと足底筋膜炎。



現在は歩行するだけでも痛みがある。


カラダを診てみると、なかなか複雑な体の動きの連動。


頭の中で、練習、走ったときの状態、変化、それらをイメージしながら施術。



施術後、ジョグ程度をしてもらうが痛みはない。



完全に復帰した場合とはカラダへの負荷がずいぶんと違うので完全ではないが、

初回はこれで終了。





ここ数日。

2010.08.06 10:13|京都整体日記

強烈に難しい症状の患者さんがつづく。


施術が進歩、進化すると、来院される方の質もかわってくる。


不思議だけど、本当にそうなってくる。


真剣に丁寧に診て、難関をひとりひとり突破していこう。




2010.08.05 17:55|京都整体日記
昨日、亡くなった師匠の夢をみた。


僕からみる師は、いつもよく笑っていて、気前がよく、なんとも男前な人だった。

施術しているときも、



私 「 さっきの患者さん、なぜ治ったんですか?」

師 「 がっはっは!わしにもようわからん!でも治ったな!」

私 「・・・」



技も形があるようで、無く、考えているようで考えていない。


さっぱりわからない人だった。



技も特に教えてくれず、ただ夏になると、よく、かき氷をごちそうしてくれた。




師匠が示してくれたものは、

技術なんてちゃちなものではなく、存在そのものだったんだなと今は思う。




僕もいつか、師匠のような、何者かになれるのだろうか。















トミちゃん。

2010.08.04 10:46|京都整体日記
s-hari1.jpg


昨日は休日。


琵琶湖のことをもっと知らねばと思い、琵琶湖博物館へ。


ここは、博物館も展示が工夫されて楽しいが、


淡水魚の水族館としても非常に充実してて見ごたえがある。


写真は、キタノトミヨという魚。


まるで、人みたいな名前だ。










15年前からの足底筋膜炎

2010.08.02 10:51|京都整体日記

2週間ほど前からご来院いただいてる兵庫のMさん。男性。



15年ほど前から足底筋膜炎になり、ずっと鎮痛剤をのんで凌いでいる。

とくに朝起きたときの痛みが強く、歩けずにしばらくは、這って動いている状態。


足底筋膜炎は悩んでいる方が多いが、大抵は数ヶ月から長くても数年で自然治癒するのが一般的。

15年というのは尋常ではない。


Mさんも仕事にも支障がでているのでなんとかしたいという気持ちが強く、
電車で2時間近くかけて、この2週間に4回ほど来院された。


冷静に、冷静にみて、あらゆる方法を検討しながら施術している。


それでも、4回施術して、ようやく痛みが3分の1ほど減っただけだ。

それでもMさんは喜んでくれているが、痛みのとれるのは私の感覚では極端に遅い。



でも、久しぶりに手強い症状で、背筋がのびる思いもする。

手強いほどうれしいというのも、治療家とは不思議な生き物だなとも思う。




| 2010.08 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。