スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にっか

2011.04.30 17:24|京都整体日記




曇り空。


まだ肌寒いのに、


日課である琵琶湖での水遊びを、


心ゆくまで楽しむなっちゃん。





スポンサーサイト

ある休日

2011.04.30 09:03|京都整体日記
turi.jpg



朝、”おばさん”と呼ばれて少し傷ついてしまったが、昼からは小物つり。



家人の分と、二人分の仕掛けと竿を用意して、車で高島へ向かう。




マイナーなタナゴ釣り。




このあたりは、田んぼの中に、水量の豊富なホソがたくさんのこっている。




家人がさきに釣り糸をたれ、しばらくすると、




「釣れたよー!!!」






おお!もう釣れたのか。






急いで自分の仕掛けをつくる。



早く自分も釣り糸を垂れたくて、焦りと期待で手が小刻みに震え、



ちいさな仕掛けがうまくつくれない。




そのうち、家人が、




「また釣れたよー!!!!!!」





余計に焦って、手が振るえて、糸がうまくむすべない。






小物釣りは、この期待感がたまらなくてやめられん。














治らない腰の痛み。

2011.04.28 13:23|京都整体日記
youtu-hoki.jpg







ご紹介でこられたHさん。



一月ほど前から、急に腰が痛くなり、普段いってる接骨院などで治療してもらうも、まったくよくならず、

病院での痛み止め注射も効果なくという状態。



体をみていくと、日々の疲労からくる筋肉の緊張、ストレスからくる緊張などが、体に無数にある。




これらを、丁寧にひとつずつとっていく作業。



20分ほど、お話ししながら施術して、確認。




「あ、れ? 痛くないです。」



いろんな動作をしてもらい、痛む動作に焦点をあてて、何度か確認。




「うん、痛くないです。すごい!!」





施術は計三回。





三度目、昨日来院されたときは、





「まだ痛みは残っていますか?」



「9割9分取れました。」




ということで、あとの一部、脚をのばしたときの腰のハリを一分ほどの施術で解除。




「どうですか?」



「はい。もう全然ないです!!」




そのあと、時間までいろんなお話をしつつ、体をゆるめる施術をして、終了。





「もっと早くきておけばよかった!!」




といっていただけました。




Hさんは、6月にハワイでご結婚されるそうです。



痛みがとれるのが間に合ってよかったです。



本当におめでとうございます。

















挨拶・・・・

2011.04.26 21:15|プライベート
今日は定休日。



いつもより少しはやくおきて、なっちゃんと散歩。



歩いていると、少し変わった雰囲気の女性がいた。




通る人に 「おはよう!!!!」



とかなり大音量で叫んでいる。





まだ、朝6時。





なんなんだろうと思い、なっちゃんの方をむくと、なっちゃんも不安そうにこちらをみていた。






10メートルほど近づいたところで、女の人は僕の顔をみて、ニコッとわらって









「おばさん、おはよう!!!」






といった。





・・・・・






おばさん・・・・




・・・・・







生まれて初めて、おばさんと呼ばれた朝・・・・・






















肘の痛みとオスグット病

2011.04.25 15:18|オスグッド病(成長痛)
osugood fushimi


伏見からご来院の、野球少年”康希”くん。



膝蓋軟骨軟化症、オスグット病と診断され、オスグット専門の治療院などにもいってもよくならず、
当院にこられた。



膝の状態は問題なく、何かの原因がオスグット病のカタチをとって痛みが出てきている状態。



原因をたぐっていって、原因部分をゆるめると、



「痛くないです。」



他にも原因はないかさぐるが、特にない。



2回目には膝の痛みはほとんどなかったが、


「肘が痛い。投げなくても、伸ばすだけでも痛い」


とのこと。




こちらのほうが手ごわく、原因がからみあってて手こずってしまう。


冷静に、原因を切り分け、骨格の問題を解消して、痛みを確認。




「まだ、痛いです。あんまり変わってないです」



さらに深層をみていくと、ストレス反応がたくさんある。


これらを片っ端からとっていって、反応がなくなったところで、再確認



「痛くない。」



投げる動作をしてみても、



「痛くない、大丈夫です!」



との答え。




子供さんの体を診る機会が多いけど、真剣にスポーツをしているひとは、


体の疲労より、メンタル面の疲労が筋肉の緊張をひきおこしているケースが多いと感じています。























歩け歩け。

2011.04.25 10:30|京都整体日記


昨日は、施術の体系や新しい企画を練るため、大阪に篭る。




家は快適すぎるので、考える前に、遊んでしまう。




朝、なんばを出て、てくてくと歩く。



こうやったほうがいいのか、いや、ああやったほうがいいか。と考えていると、知らない間に梅田についた・・・


















坐骨神経痛と花粉症。

2011.04.22 11:54|京都整体日記

明石からのTさん。



坐骨神経痛がひどくて紹介で来院されている。



椅子に5分以上すわっていると激痛が走るため、はじめは電車に立った状態で京都までこられていた。


立っているのも30分以上は辛く、脂汗が出てくる状態。



なかなか症状がひどく、今回で5回目、日常生活での痛みはなくなった。


昨日3時間ほど連続ですわっていたが、痛みもでなかったので一安心。


いつもバレーボールをしているので、ぼちぼち練習に復帰しようというところ。




「先生、痛みがなくなったのもすごくうれしいのですが、なぜか花粉症がでなくなったんです!!」



「そういえば、はじめは、鼻、しんどそうでしたもんね。もう大丈夫なんですか?」



「はい。昨日でかけてるときに、主人に、お前マスクしてないけど大丈夫なん?ってきかれて、そういえば最近ないなって気づいたんです。ゼロではないですが、10が1ぐらいになった感じです。薬もほとんど効かなかったので、ほんとに助かりました」





Tさんは、ストレスの反応で、身体が花粉に対して過剰に反応するようになってたようです。




こういう主訴以外の症状がおさまってくるとなんか得した気がしますね。



























取材

2011.04.20 12:09|京都整体日記
DSC_0872.jpg


釣りが終わって、お昼から、エルマガジンさんの取材。


家人の陶芸工房と、日々の生活を取材したいとのことで、僕も一緒に参加することに。



ライターの方お二人とカメラマンの方がお一人。


みなさん、面白い人ばかりなので、笑ったり、一緒にご飯を食べて、コーヒーを飲んで。


友人が遊びにきているような感じで、楽しかった。




充実した一日。

















休日

2011.04.19 08:32|京都整体日記




5時半起床で、琵琶湖へ釣り。



今年初めての釣りは、ルアーを持ってケタバスを狙う。



一時間ほど、キャストしつづけるが、あたりどころかさわりもない。



釣れたら、晩酌の肴にしようと思ってたけどボウズ。



でも、缶コーヒーを飲みつつ、ルアーを投げてるだけでも、


なんとなくたまっていた疲れのようなものが溶けてなくなっていくような感じ。




午後は、家人の工房”青白窯”にエルマガジンの取材がくるので、その準備を手伝わねば。



















やめて!

2011.04.17 15:28|京都整体日記
s-moblog_4ec92af5.jpg



フガッ!!


鼻は、つままないで!!!




( 歯磨きをいやがる”なっちゃん” )


50パーセント

2011.04.17 07:18|京都整体日記
新しい施術方法への再構築の過程。



手法はいったん完全に解体した。



新しい方法のベースになる骨格の構築は今のところ50パーセントぐらい。



おもったより進んでいる。



進む中、人の体や心の働きの深さを感じる。



これを感じながら、骨格を100パーセントに近づけなければいけない。




これも、今年の目標。










今年の目標

2011.04.14 10:14|京都整体日記




今年の目標の一つ。


”院内におくものは、極力自然素材のものにする”


プラスチック製のカルテケースは、古道具屋Daysさんでいただいた、書類入れに変更。



ほんの少しの変化で、院内の雰囲気がやわらかくなる。









歌麿の怪

2011.04.12 09:56|京都整体日記

今朝、パンをかじりながら、家人が突然、



「あ、そうだ、あの美人画で有名な人だれだったっけ?えーとマロ、・・・・きみまろ?」


「きみまろ??それは綾小路やないか、歌麿やろ??」


「あ!!そうそう、歌麿だ、うたがわ歌麿」


「うたがわって・・喜多川やろ、お前ほんまに陶芸家か・・・」





こんなやり取りの中、


歴史のテストで、「鎌倉幕府を開いた人は?」との問いに、



”源頼頼”  



と答えてしまったことがあった。



力みすぎてたのか・・・"頼朝”って書いたつもりだったのに・・・



そんな辛いい過去をおもいだしてしまった・・・












説明しなきゃ

2011.04.11 12:53|京都整体日記
shinsupu-nishinomiya.gif


なぜか、シンスプリントの施術がつづく。


西宮市のAさん。

ジョギングなどで、両方のスネに痛みが走り病院ではシンスプリントと診断。

病院の治療や接骨院などではあまり効果がなく来院される。



ここしばらく、自身の施術をいったんゼロにもどし、施術概念から練り直そうと試みている。

そのため施術方法も、今までの施術方法をいったん横に置いといて、

まったく違う方法で。




Aさんは、初回の施術で歩行時の痛みや軽く走るときの痛みが軽減。

二回目で走れるようになり、今日の三回目の施術で、患部を押しても痛くなくなった。



シンスプリントは再発しやすいスポーツ障害なので、仕上げのために後一回。



ほぼ、無刺激の施術。


無痛どころか、無刺激。




「えっ!!なにをやったんですか?」



ほとんど触れられてない感触なのに、痛みがどんどんなくなるのが不思議で仕方ないという印象。




しかし、これは本当に説明しづらい。


もともと、私と患者さんでは、体に対する概念が違いすぎる。



そこから説明しなければ、理解はえられない。



不思議ということがうれしい人もいれば、説明がないと納得できない人もいる。



言葉と結果だけでは不十分。理解していただくためのツールをつくらないといけないな。















あとは

2011.04.09 21:38|京都整体日記


勉強会のあとは、


家でまったり手作り餃子とビール





陸上選手の脚の痛み。

2011.04.08 11:56|京都整体日記
shinsupu-rika.gif



茨城県からご来院のリカさん。


長距離の選手だが、脚の痛みに悩まされ、いろんな治療をしてもよくならずに当院にこられた。


歩く、腿上げなどで痛みがでる。患部にふれると痛い。


こういう場合は、施術で結果をだすことよりも、まず、原因を特定し、ご自身でも改善できる方法まで落とし込むことが重要になってくる。


一回目、二回目の施術は、原因をみつけだすことに専念。



三回目、四回目は、自分では取れない原因をこちらの施術でとりのぞいていく。



これで、なんどか走ってもらって痛みの確認。



問題なく痛みはゼロになった。




患部を押した痛みもない。




かばっている間に体にできた歪みを修正して施術は終了。




筋肉も衰えているし、まだ完全に練習に復帰する段階ではない。



練習は、ほぼ毎日、10キロ以上はしるということなので、まずは5キロで同じ日数をこなせるように少しずつ練習量をふやしてくださいとお伝えして施術は終了。




こうやって遠方からこられる方は体に対する意識も高く、


”もうちょっと近かったら、いつも安心して自分を追い込んで練習できるようにサポートできるのに。”

という気持ちがどうしてもわいてしまう。


















半月板損傷と肩の痛み。

2011.04.07 13:01|京都整体日記
京都市のBさん。


数ヶ月前に自転車で転倒して、肩を強打。


そのとき打ったのか膝も痛く、病院で半月板損傷と診断される。




「10日後の病院の診察までに痛みがとれていなかったら手術」


といわれて駆け込みで来院。




肩の痛みのほうもかなり辛そうだったが、まずは膝ということで膝の施術。



動作時に痛みを確認すると、歩行時、足をぶらぶらさせたときなどに痛みがある。


当然、階段などもいたく、重いものをもつ仕事なので毎日がかなりつらい。




時間をたっぷりととってあったので、じっくり検査法で見ていく。



痛みの強さほど、膝の症状は複雑ではない。



いくつか原因を導き出して、その緊張を修正。


それを繰り返す。


数日前から使い始めた緊張解除法が、短時間で刺激も少なく効果も高い。






「じゃあ立って歩いてみてください」



「あれ?痛くないです・・・なんかしたんですか??」




ずっとうつぶせでの無痛の施術だったので、とても不思議なようだ。



時間があまったので肩の痛みにもアプローチ。



こちらは、ストレスの反応が強いのでこっちのほうがよほど手ごわい。




痛みが半減したところで、追い込まずに今回は終了。



「膝は、あと一回ぐらいで安定すると思います。肩はもうちょっとかかるかもしれないです」




ほとんどの関節の痛みは、器質的な損傷ではなくて、システムの不調によるもの。

だから、とてもソフトな方法でも改善していきます。





みほ

2011.04.06 16:21|京都整体日記





久々に、信楽のMIHOミュージアムへ。



ルーブルのガラスのピラミッドを設計したIMペイの建築。




ここは、コレクションももいいし、



庭から、本館にいたるまでの道もすばらしい。



そして、なぜかカフェのサンドイッチが鬼のようにうまい。



かなりお気に入りの美術館。



ここにくると、もう少し高い次元の癒しについて考えさせられる。







クライアントさんがおしえてくれること。

2011.04.04 13:01|京都整体日記
昨年の終わりに膝の関節の激痛で来院されたayaさんが、痛みがなくなったことをご自身のブログにアップしていただいてます。


http://ameblo.jp/utanoame/



当院には、原因不明であったり、手術が必要というかなり症状の重い関節症の方がこられます。

開院してから5年、診続けていて思うのは、


重症の関節の痛みの大半は筋肉や骨というハードの問題ではなく、心(脳や自律神経)というソフトの問題で起こる痛みがおおいということ。


ayaさんはそんな中でも、もっとも治癒が困難なタイプの痛みでした。


夏樹静子さんが、作家として活動されている中で、極度の腰痛に悩まされていたことが、「腰痛放浪紀」に書かれていますが、これらと同じタイプの痛みでした。


自身の仕事や人生の岐路にあらわれる何かの課題を解決しないと引かないタイプの痛み。



こういうとき、整体師としての私にできることは限られています。


技術的には、

痛みをその場で一定のレベルまで下げること。


それより大切なことは、

痛みがハードではなく、ソフトのレベルの原因であるということ。

同じ症状を克服した方が他にもおられること。


これらを時間をかけてお伝えすることしかできません。


痛みが何かの損傷が原因であるという思い込みがとれないかぎり、この痛みは引くことはありません。






ayaさんは、とても柔軟に痛みの原因についても受け止めていただいて、なおかつこれらを克服されました。




先日、

「数ヶ月ぶりに自転車にのりますー!!新しい自転車買いました!!」

という、うれしそうなメールをいただきました。




本当にいつもクライアントさんに教えていただくことばかりです。




























http://ameblo.jp/utanoame/

腰痛と、足の痛みどっちを選ぶか。

2011.04.01 16:45|腰痛
yokohama ashikoshi


横浜から一泊二日で施術にこられたAさん。



左右の踵が痛く、少ししか歩けない状態。


ここ数週間前から、腰の痛みも出てきて、腰を曲げた状態で来院された。




「足裏も辛いけど、腰の痛みもかなりきついです・・・」



とはいうものの、二日で二回の施術回数は、数年前からの足の痛みを完全な状態にするにも十分とはいえない。

腰も、足もと二つを施術することで中途半端になるのが一番よくない。



えらいもので、こういうときに限って症状も複雑だったりする。




まず、足の痛みから。



体の状態を読みながらすすめていく。


問題となる部位は何層にもなっているので、手技で効率よくとっていく必要がある。



体を読んでは、手技をいれ、読んでは手技をいれ、をなんどか繰り返すと、



痛みの原因の核心部分にいきあたった。




「胸のあたりに、傷がありませんか?」


「あ、そういえば、数年前に脱臼をして鎖骨の下を手術しました・・・」




これで腰と足の痛みの因果関係がつながった!



これらをまた読み解いて、影響が出ている部位を手技でゆるめて、歩いてもらう。



「あ!足は痛くないです」


つづいて、腰の影響部位を緩めると、



「おおお!腰も痛くないです。すごいです!!」




これでなんとかなりそう。





2日目にセルフケアのコースで、腰と足の痛みがおこった因果関係と、ケアの方法を説明させていただいて、今回は終了。


少し時間があまったので、一緒にこられた奥様の関節症のケアの方法もお伝え。


















| 2011.04 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。