スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いただきます。

2011.05.31 18:59|京都整体日記





島根県からご来院のYさんに、葡萄いただきました。


ジューシーで、とてもよい香りでおいしいです。


ありがとうございます。







スポンサーサイト

オカわかめ

2011.05.29 18:05|京都整体日記





一時は、枯れかけてたオカワカメ。


いつの間にか芽が出て、最近の雨で、すくすくと伸びてきた。



素晴らしい生命力。



はやく、食卓にのぼる日がきてほしい。




家人

2011.05.28 21:54|京都整体日記

尊敬する人物のひとり、家人。


高校生のころから、陶芸をはじめ、それから陶芸一直線の人生。


修行時代は辛そうな日々もあったが、今は淡々と生活している。



なっちゃんの散歩。



畑仕事。



陶芸



とても、シンプルに生きている。



シンプルに、真っ直ぐな生活をしている人の近くにいると、



こちらも、日々の歪みが、まっすぐになる。




そして、きっとこういうことが整体の原点であって、到達点だと思う。








シンスプリントと腰痛

2011.05.26 18:15|京都整体日記

中学生の女の子Aさん。長距離の選手。



シンスプリントと腰痛の症状でご来院。



シンスプリントは、練習がほとんど休めないわりには、2回でほぼ完全な状態になった。



腰痛が意外に原因が深い。



シンスプリントと同様、2回目でほぼ痛みはなくなったが、


「1000メートル走ると痛くてそれ以上走れなくなります」とのこと。



正直、今までは、その場で痛みがない症状は苦手だった。



新施術は、かなり正確にこういう痛みをとることができる。



1000メートル走った状態の体。



それをシミュレートしつつ施術。



施術終了しても、痛みの確認ができないがこれでOK。





3週間後、試合後のメンテナンスにおとづれたAさん。



「あれから、1000メートル走っても、まったく痛みはありません!」





よかった!


整体師をやっていて、うれしい瞬間です。
















mixi

2011.05.26 15:33|京都整体日記


今朝、ミクシィを退会しました。


楽しいのは楽しいのですが、パソコンってついつい開いて、時間を無駄にしてしまいます。



おもいきってやめることにしました。



とてもすっきり。



できるだけシンプルに生きたいものです。














疲労回復日

2011.05.24 14:39|京都整体日記

本日は火曜日で疲労回復日。


新技はまだまだ疲れを伴うので、ここしばらくは休みの日はでかけずにゆっくり過ごす。


お昼までは、浦沢直樹”プルートゥ”全8巻をのんびりと読む。



夕方、いよいよ井戸掘り用の道具をホームセンターへ買出し。


夏には、井戸を完成させる予定。













ゼロ施術

2011.05.22 10:12|京都整体日記

今、再構成しなおしている施術法。



とりあえず、”ゼロ施術(仮称)”と名前をつけてみた。



どこまで、壁を崩していけるのかはわからないが、


この施術法は、どれだけ今までの概念を崩すことができるかで、成否がきまってくるように感じている。


今のところ、順調に崩している。


ここからは、断固として、何も足さないという選択をしていきたい。


もし、それができなければ、崩しがたりないのだと考えている。











草たち

2011.05.21 10:21|京都整体日記





なっちゃんの散歩がおわってから、庭の草花を観察。



去年植えたポポーの木が、葉をつけ大きくなってきている!



このままいくと、3年後ぐらいには、ポポの実が食べられるかも!!




ユスラウメも順調に成長。  (これも甘酸っぱくておいしい)





仮死状態で、死線をさまよっていた”おかワカメ”も芽をふきだした。




次の休みはゆっくりする予定なので、植え替えをせねば。




植物の成長をみてると癒される。





(写真は庭になっている野イチゴ)








内側半月板損傷

2011.05.19 12:54|京都整体日記
hokkaidou hiza



札幌からはるばるこられたMさん。


内側半月板損傷と診断されたが、病院で治療後も、歩く、走るなどの痛みがとれない状態。



半月板損傷、坐骨神経痛、腰椎ヘルニアなど、症状には様々な名前が付いているので、


すべて別のもののように感じるが、本質的には同じものだと考えている。


たまたま、発痛する部位が違っただけだ。


なので、原因さえわかれば、どんな関節痛でもとくに問題はない。




原因を特定するために検査法でみていく。



身体には地層のように、いろんな要素が蓄積していて、それがたくさんあれば、


改善に時間がかかるし、少なければ、よりはやく本来の治癒力をひきだすことができる。


施術のシステムだけを抽出したこの方法にも、少しずつなれてきたので、スピードもあがってきた。



いくつもあった原因を一つ一つ紐解いていって、痛みを確認。



「?・・・痛くない気がします」




「ちょっと歩いてみてください」




「?・・うん、痛くないです」




これで、室内の動きは大丈夫。



「ちょっと外を走ってきてください」



といって、高倉通りを100メートルほど走っていただく。





「・・走ってきましたが、痛みはないです・・体って不思議なものですね・・」




施術がMさんの中の常識の外にあったみたいで、痛みがなくなったことになれるのに少し時間がかかっている感じ。




「おそらくこれで痛みはでないと思います」




とお伝えして施術は終了。




この施術は、まだまだ集中力が必要で長時間連続でやることができない。



もっと慣れなければ。

















20

2011.05.18 12:04|京都整体日記




休日。


疲れがたまっていたので、外出せずに、一日のんびり過ごす。




ずっと気になっていた20世紀少年を大人買いしたのを一気読み。




8年分の連載を、待つことなくどんどん読み進める幸せと快感。




一日中、無心に物語の世界にひたりきることができた。




幸せな一日だったー。

















自分の腰痛。

2011.05.16 17:07|腰痛

ここしばらく、腰に痛みがあった。


そらそうとするとピキッという感じで痛みが走る。


普段、関節痛とは無縁なので、よくよく考えてみると施術姿勢だ!




新しい施術方法に変えて、ベッドの高さがあっていない。


妙に下ばかりみて施術している。


それで、自分の首に負担がかかり、連動して腰に痛みがでている模様。




原因がわかれば簡単なので、あとは首を緩めれば、痛みはキッパリととれた。




しかし、これはベッドを変えないとな。





”腰痛持ち”という言葉がある。



でも、腰痛なんてわりと簡単に解決するもの。



腰痛を持ち続けているというのは、明らかにおかしいと思う。



腰痛に限らず、関節痛には、間違った認識がとても多い。



少しずつでも、自分の仕事がそういう認識を変える一助になればいいなと思う。



















半月板損傷と有痛性外脛骨

2011.05.14 16:15|京都整体日記

兵庫県からご来院のTくん。



サッカーをかなりハードにこなしている小学生。



ある日、急に膝に激痛が走り、病院で検査の結果、円板状半月板のため、半月板を損傷している状態と診断される。




「少し様子をみて、痛みがひかないようであれば手術」といわれた。




半月板の損傷は間違いないのだとおもうが、痛み自体は筋痛だとおもわれる。





検査法で体をみていくと、上半身の緊張が非常に多い。



左の三頭筋、肘、肩甲骨周囲、



ここから連動して、脚の緊張がおこっているような感じ。



聞いてみると、



「内くるぶしの下が痛いから、ずっと上半身のトレーニングばかりしていました」とのこと。




なるほど、そういうことか。





反応がある部分を施術していくと、膝の痛みが引いてきた。



屈伸してもらうと、



「さっきより、ずっと楽です!!」



さらに反応をみて、それを消していく。



そして、また屈伸



「いけます!痛みがなくなりました。」




膝はおそらくあと一回で問題ないと思いますが、今回の痛みの本当の原因は、



くるぶしの下の”有痛性外脛骨”だとおもわれます。



これをきちんと痛みをとっておかないと、またいずれ膝に負荷がかかって痛みがでてくるかもしれないので、それも施術する必要がありそうです。






足指の激痛。

2011.05.13 12:36|坐骨神経痛
yubino.gif


福井県からのYさん。


ある日、突然、足の指先に激痛が走るようになり来院された。


触れてるとき、椅子に座っているときなどはどうもないが、地面に患部をつけると、激痛が走る。


そのため、普通には歩けない状態。


それが続くので、膝や腰の調子までおかしくなってきた。




それにしても、ちょっと特殊な症状だ。


体をみると、腸の調子がよくないという反応。


それについて尋ねてみると、


「何日か前からずっと下痢をしているんです。でも何でわかるんですか?」





その反応を消去させて、痛みを確認。




「あ、楽になりました。まだ少し痛みがありますけど。」



あとは、その日は筋肉の反応を抜いていく方法で痛みをとっていく。






一週間後、2回目、



「痛みは前回の半分ぐらいになっています」




筋肉の緊張の反応をぬいていく。


抜け切ったところで、反応がストレス性の緊張反応にかわる。


これも淡々とぬいていって、痛みを確認。



「あっ!痛みがないです。全然大丈夫です。」



体全体が疲れておられるので、手法を体全体に効かせて、施術は終了。



初回はなかなか痛みが取れず、苦戦しましたが、2回目は順調にいきました。


いつも、本当に患者さんの身体から、いろんなことを学ばせていただいてるなと実感。




















ややこしうまいもの。

2011.05.12 07:53|京都整体日記





今朝、なっちゃんの散歩中に渓流でサワガニを発見。



指を挟まれつつ、数匹を捕獲。




さっと揚げて朝ごはんのおかずに。



でもこれ、ビールが欲しくなるな。





















人の痛み。

2011.05.11 14:33|京都整体日記

「8年まえから、脚がずっと痛くて、5ヶ所の整形外科にかかりましたが全然治らず、

最後にと思ってこちらにきました。」


兵庫県から来院のAさん。


普段の歩行にも支障がある状態を8年間も持っておられる。



我慢強く病院の治療も受けていたがまったくかわらない状態。



あまりに長く痛みを抱えているとそのこと自体のストレスが体に緊張を起こすので、

より痛みが複雑になっている感じ。



問診後、施術開始。


患部と反応する部分の緊張を徹底してゆるめ、たって頂いて痛みの確認。



「あっ!体重をかけて立てるようになりました」




歩いていただくと、まだ痛みがある。




歩行時の痛みにフォーカスして、施術。



また、確認。




「楽です!かなり楽。こうやって歩けるのは何年ぶりかな」



よほどこの8年間がお辛かったのか、痛みがなくなってきたとたん、

涙をながしておられた。




関節痛は血も出ないので、なかなか辛さがわかってもらえない。

よほど痛みと不安を我慢されてたのだと思う。



完全な回復のためには、

身体観のようなものを変えてしまわないといけないので、少し時間がかかるかもしれない。



「長年の症状なので、数回はかかると思いますが、一緒にがんばりましょう。」



とお伝えして今回は終了。












脚の痛み。ジョグ。

2011.05.09 16:48|京都整体日記
shinsupu-yamaoka.gif


横浜からお越しのヤマオカさん。



陸上をされてるが、軽いジョグ程度でも脚に痛みが走り、びっこをひくような状態で来院。




一泊でこられたが、なんと初回30分も遅刻される。


持ち時間は40分程度なので、カルテを書いてもらったりしていると、初回は5分程度。



問診程度でおわってしまった・・・・




二回目。



患部との連動部位を特定して緩めることで、痛みを少し解除。


軽く走る程度では痛みはでなくなる。





二日目、



最終回はセルフケアコース。



ケアの方法をお伝えするまえに、まずは施術。



少しでもよい状態にしておかないといけない。



体の各連動部位の緊張を、新手法でゆるめ、外を走ってもらう。




「だんだん、痛みがなくなってきました」




そして、また、施術。




「痛みはなくて、踏み込むときにちょっとハリがある程度です。」




最後に踏み込みの原因をさぐっていると、わりと強いストレスの緊張を発見。



これを解除。




また、走ってもらう。




「ほとんど、痛みも張りもありません」




いろんな確認をしてみるが、痛みがなくなったので、施術は終了。



なぜ痛みが起こっているか、どうすればよくなるか、などのメカニズムとケア方法をお伝え。




それにしても、初回の施術が十分にできなかったのが残念だった。





















記憶

2011.05.09 10:17|京都整体日記




今朝は、早起きして投網の練習。



手取りをして、投げるが、三日月型にボチャンと地面に落ちる・・・



15年ほどまえは、しっかりと打つことができたのに、



手取りの仕方すらいい加減になってしまった。



”体は覚えている”とはよくいうが、僕の体は、しっかりと”わすれて”いた・・・




明日は休みなので、特訓せねば。

















坐骨神経痛

2011.05.08 10:20|坐骨神経痛

70代の女性。

上京区から紹介でこられた。


50メートルほどあるくと、強い痛みが御尻から足先まででてきて、休まないと歩けなくなるという症状。

病院では坐骨神経痛と診断されて、手術するかどうか一ヶ月ほど様子をみている段階。



歩いているとひどくなってくるが、立っているだけでも御尻に常に痛みがある。


その痛みにいったん照準をあわせて施術開始。




今回は、施術方法をすこし変化させて、やってみる。



複雑にやっていたところを、よりシンプルに。


4,5分で反応がなくなってきたので、たってあるいてもらうと、



「痛みがなくなりました」



次に、歩いたときの痛みに照準を合わせて施術。


これも5分ほどで反応がなくなる。


大丸まで歩いてもらってかえってきていただくが、

「今の距離では痛みはないです!!」とのこと。





2回目、


「かなりよくなりましたが、まだ、30分以上あるくと辛いです」



前回と同じ方法で、30分以上歩いたときの状態を想定して施術。


これは、確認のしようがないので反応がなくなったところで終了。




3回目、



「買い物で2時間ほどあるきましたが、全然違和感もなかったです」


御尻、脚の痛みの反応はもうなくなっていたので、

他にもあった肩のだるさなどをゆるめて今回で施術は終了。




「もっと早くきておけばよかったですわ」



今回は短期間で完全な状態にもどすことができて、いい感じでした。







リフレッシュ

2011.05.06 14:12|京都整体日記






3日間、お休みをいただいて、すっかりリフレッシュ。



さて、今日からまた気合いれて、施術を進化させていきます。










お休み

2011.05.02 09:03|京都整体日記



5月三日、四日、五日の三日間お休みをいただきます。


その間、電話にでることができませんのて、


お手数ですが、メールでのご予約をお願いいたします。



[写真は沖にむかって泳ぐ今朝のなっちゃん]





短縮。

2011.05.01 14:33|京都整体日記

今日から、また新技法の工夫。



なんとか先月ぐらいからスケルトン施術が実用化できるようになった。



施術中に思いついた方法で、スケルトン施術の高速処理を行なうと、


今までの工程よりはるかに痛みが取れるのが速くなった。



なるべく症状をシンプルにとらえること。



こちらのスタンスが柔軟であることが前提なんだなと気付く。



そうやって、コツコツ進歩させていくと、また難しい患者さんがきて、


新しいヒントを与えてくれる。



きっとこれには終わりがない。




















| 2011.05 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。