スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロの仕事

2011.06.29 17:01|京都整体日記






井戸掘りのあとは、お気に入りのカキ氷屋さんへ。



このかき氷、見た目からしてまったく違う。



氷が火のようなフォルム。



当たり前にあるカキ氷というものを、この領域にまで高めるのは凄いのひとこと。




私もプロであるかぎり、こうありたい。




カキ氷をかっこんで、明日の充電をするのでした。
















スポンサーサイト

いざ井戸掘り その4

2011.06.28 10:18|京都整体日記




休日の今日は、朝から井戸堀り。


外は炎天下だが、井戸の中に降りると、ひんやりと涼しい。




一瞬、「ああ、帰ってきた・・・」という気持ちになる・・・・あぶないな。



さて掘ろうとするが、


土をバケツにいれ、ハシゴをのぼって地上に土を出すという作業がかなりやりづらい深さ。



そろそろ滑車が必要だと思う。



滑車をつるすための土台もつくらねば・・。



だんだん、えらいことになってきた予感がする。



それに、上から石でも落ちてくると、生の頭のままでは、天に召される可能性すらある・・・



なので、今日は掘り進まずに、井戸崩れ防止用の枠をいれる作業にとりかかる。



あとで、ホームセンターに滑車と工事現場用のヘルメットをかわねば。



だんだん、川口浩探検隊のようになってきたな・・・。





















感情

2011.06.26 12:13|京都整体日記





ある朝、とくに理由もなくご機嫌斜めな なっちゃん。




仕事と半月板損傷

2011.06.23 13:05|京都整体日記

hangetubangoto.gif



2年ほど前に、半月板損傷で3回ほど施術をうけられた、Yさん。


施術後は調子よくすごしてたのですが、少し前から、反対側の膝とスネに痛みがでてきたので、早めにと思ってご来院。


仰向けで寝ていただいた状態で、検査法&施術を行なう。


上半身に反応が強く、特に、上腕から手のひらにかけての緊張が強い。



「手のひらを酷使しますか?」


「え?はい。重いものを持つ仕事なので、あとはダンボールなどを空けたり破ったりします」



なるほど、それで腕に反応が強いわけか。



これらを解除して、歩いていただくと。



「違和感がなくなってますね。腕しかさわってないし、何もしてない気がするのにすごいですね」




今回は、違和感があってすぐに来ていただいたので、とてもシンプルなケースでした。








つるやのサラダパン

2011.06.22 17:13|京都整体日記





井戸掘りのあとは、伝説の”つるやのサラダパン”を求めて湖北へドライブ。



僕の中ではメインはサラダパンであったが、衝撃をうけたのはサンドイッチだった。



薄くて丸いパンにはさまれたサンドイッチ・・・。




サンドイッチのイメージを覆す素朴きわまる外観。




もしかすると何も挟んでないのでは?




と不安をあおるほどに薄い・・・。




ぷしゅ と空気が抜ける音がして、袋をあける。




では、さっそく、ひとくち・・・。




・・・・





口の中いっぱいに広がる昭和のかおり。







「・・・ムハハハハハハ・・・。」





となぜか笑いがこみ上げてくる。





うれしくなって笑ってしまう・・・





不思議そうな顔をしてこっちをみているので、家人にも勧める。





家人も一口かじったところで、






「・・フフフフフフフフフ・・・・・・・」



と笑い出した。







つるやのサンドイッチ、わざわざ食べに来てよかった。




今日もいい休日だ・・・


















































いざ井戸掘り その3

2011.06.21 08:51|京都整体日記





お休みの日なので、早起きして、井戸掘り。



身長よりずいぶん深いので、掘った土を出すのが大変になってきた。


もうちょっと深くなったら、地上に滑車をつけないといけないかな。



掘りやすい土の層は50センチほどでまた、砂利と小石の層にかわりつつある。



この地層では、もはや打ち抜きの井戸は無理なようだ・・・。




第一層目の地下水がでるまで、このまま掘りぬくしかない・・・。



大変だけど、穴が深くなってくるのも充実感がある。



なんとなく、日に一度は、穴をのぞきにいってしまう・・・。


















エルマガジン

2011.06.19 13:31|京都整体日記
lmagazin.jpg



以前にエルマガジン社の方が、家人の工房を取材にこられたのですが、

先日発売の”滋賀の本”に載っていました。



家人の生活や工房をということだったので、僕も載せていただきました。


なっちゃんと一緒に。




陸上選手のメンテナンス。

2011.06.17 10:18|京都整体日記

昨日は陸上を本格的にされてる中学生Aさんがご来院。



以前は腰や脚の痛みで通われていたが今は問題ない状態。



特に痛みはないが、予防とパフォーマンスアップをかねて調整に。



体をみていくと、重心が左寄りになり、左脚全体が緊張状態。



「左がはってるけど、どうしたんですか?」


「グランドを左回りにはしってるので左に疲れがたまる感じです」



試合は、広い競技場なので偏りはなくしたほうがいい。



この左半身を調整後、ベッドから降りて腿上げなどをしてもらう。



「あ!軽くなりました。左右差もないです」



ご本人の自覚はないようだが、腿上げは左のほうが反応が鈍いような感じ。



これにフォーカスして施術。



両膝に前回までなかった緊張がある。




「両膝に負荷がかかってるけど、練習方法をかえたんですか?」

「練習は一緒ですが、グランドの土が先週かわったです」




なるほど、その影響か・・・。



そこから両膝と腰に負担がかかっている様子。



この緊張も解除して、動きを確認。




「全然違います!!軽いです!!」



今回はこれでバランスが整ったので施術は終了。











































おかえり

2011.06.16 09:43|京都整体日記
nachidemukae.jpg






なんだか、ものすごく不細工な顔で出迎えてくれるなっちゃん・・・。






いざ井戸掘り その2

2011.06.15 12:17|京都整体日記





僕の住む大津市の坂本は、石積みの町。


地上は石積みでも、地下まで石がゴロゴロしているとは想像もしていなかった。


こぶし大の石ころを採りながら、掘っていると石がだんだんと大きくなる・・・



しまいには、子供の頭ほどの石がでてくる始末。



やっとこさもち上げ、地上に出す。




このままこの地層がつづけば、とてもじゃないが掘り続けられない。






いったい僕は36歳にもなって何をしてるんだ・・・





やっぱり、井戸掘りは断念したほうがいいかも、とだんだん気弱になっていく。







一つ、また一つと石をのける作業を黙々としていると、ふと、ヒンヤリした空気にかわった。




こういうちょっとした変化がうれしい。





石が心なしか、小さくなっていく気もする。





さらに掘っていると、石と砂利が少しずつ細かくなり、スコップがズブリと深くまではいった!





粘土のような層にたどりついた!!





おお!やった!!とりあえず、強敵”砂利と石の層”は突破したぞな!




















首の痛みと痺れ

2011.06.12 13:33|京都整体日記


三重県から紹介でご来院のNさん。



2ヶ月ほど前から、首に痛みと痺れのような感覚があり、来院されました。


病院では、首の軟骨が薄くなっているという診断。



首の痛みは、朝おきたときと夕方がひどく、起き上がるときなどは手で支えないと動かすことができない。



さっそく、体を診てみることに。



胸の筋肉や、腹筋に強く反応。



「何か運動してるんですか?」



「首が痛くなる少し前まで、ダイエットのため筋トレをしていました。」



なるほど、それも影響しているようなのでこれを消去。



他にも、ストレスや、職業柄酷使する部分に反応がでる。




「これでたってみてください」



「かなり軽くなってますね。なんか血がとおったようにスーッとした感じです!!でも、少し肩にハリがあります」



あとは、脚の関節を調整して、再び確認。



「あ!ハリもなくなりました・・。」




今回は比較的単純な日常の疲労からきているようだったので、

日々、シャワーではなくしっかりと入浴することだけをお伝えして終了。



おそらく、この一回で問題ないと思います。















ありがたいです

2011.06.10 08:28|京都整体日記





奈良からご来院のFさんからいただいた、”うばだま”


お茶と一緒に、おいしくいただきました。



トルコにいかれてたTさんからも、お土産にチョコと


水割りにすると白濁する不思議なお酒もいただきました。



私はほんとに幸せもんだなと感じます。



これからも気合いれて施術がんばります。














いざ井戸掘り

2011.06.08 12:38|京都整体日記






いよいよ井戸を掘るときがやってきた・・。




構想2年・・・



畑や花などの水遣りに、



夏の水浴びに、



いや、何に使うかというより、


男たるもの井戸ぐらい掘れなくてはという得体の知れない衝動につきうごかされ




ついにスコップをもって立ちあがってしまった・・・・・




梅雨なのに・・・




打ち込み式の井戸を掘る。



打ち込み式の井戸は、掘りやすく安全なのがメリットなのだが、



下に石などが多いと作業ができない。



打ち込み式の井戸掘り器で、ざくざく細い穴をほっていくが、


1メートルを少し越えたところでストップ。




なんで?と思い





スコップで、ガツガツと手で掘り進んでいくと、1メートル20センチぐらいの深さで、


砂利と、こぶしぐらいの石の多い層にあたってしまった。





これだと、打ち込みの井戸は掘りづらい。





あと、2,3箇所ためし掘りして、同じような状態だったら、この層を抜けるまで


手で掘るしかない・・・。



もし、ずっとこんな感じで石だらけだと井戸は掘れない・・・




いきなりピンチだ!!





体はヘロヘロ、服は泥だらけになったけど、




一心不乱に穴をほってるのもなかなか楽しい。












収穫

2011.06.07 07:13|京都整体日記







休日の今朝は、早起きして家人と、なっちゃんの散歩に。



散歩がてら、数日前に、発見した野いちごスポットでいちご摘み。



野いちごをみたとたん、家人の顔色がかわり、



必死の形相で、草をわけいってイチゴを摘む。



しまいには、塀をこえて、がけ下のイチゴをもとりにいきそうな勢いだったので



なんとか止める





「これでジャムができるね!!」




袋いっぱいになったイチゴをみて家人は喜んだ。












また、運動ができるようになった。

2011.06.06 13:21|オスグッド病(成長痛)
osgood-oosaka.gif


吹田市からご来院の内田くん。


もともとは、サッカー少年だったが、中学のときにオスグット病が発症。


痛みのために、練習を休むことが多くなり、サッカーをあきらめた。


それから水泳に打ち込むが、ついに泳ぐだけでも痛くなり、当院にこられた。



屈伸の動作で痛みの確認。


90度ぐらいでかなり強い痛みがでる。


このときの姿勢で原因がピンときたので、施術の方法を頭の中でくみ、施術開始。




原因は主に、足関節にあったので、そちらを緩めて痛みを確認。



「痛くない・・・です・・・?」



他にも走る動作でも確認するが痛みはない。




結果的には3回の施術で運動しても痛みはまったくない状態になり、


再発防止のために4回おこなって施術は卒業となりました。




「これからは、もうどんだけムチャクチャ動き回っても大丈夫ですよ!!」



というと、一緒にこられたお母さんも喜んでおられた。















ありがとうございます。

2011.06.05 13:11|京都整体日記






横浜からご来院のMさんからいただいた月餅。



家人のお皿にのせていただきました。



うう、幸せだ・・・。






態度

2011.06.04 15:11|京都整体日記






今日も散歩中、いきなり駆け出して湖に飛び込んだなっちゃん。




「こらっ!!勝手に飛び込んだらアカンやないか!!」



と叱りつけてみたが、このとおり、目をあわそうともしない。



水遊びに対しては何かこだわりがあるのだろうか・・・。






















いただきもの

2011.06.03 08:33|京都整体日記




東京出張のおみやげに、Nさんから、錦豊琳の”かりんとう”をいただきました。



さっそく今朝のお茶請けに。



甘さの中にも塩味がきいていて、食べ始めると止まらないおいしさです。




ありがとうございます!








久々のオスグット後遺症 その2

2011.06.02 11:55|京都整体日記

一週間後、二回目。



「屈伸はその後どうですか?」



「あれから3日間はよかったんですが徐々に痛くなってきました。」

「でも、全体的には半分ぐらいになった感じがします」



今回はストレス性の緊張をとっていくのに専念。

20分ほどストレスを解除。





「立って、体の状態を確かめてください」


「めっちゃ軽くなってます!!」



これで屈伸の痛みもOK。



外で高倉通りをちょっとダッシュしていただく、



怖がりながら走るが、痛みはない。




「走ったのって何年ぶりだろう・・・」


そういって、涙をポロポロこぼされました。




子供のときからずっと痛みがあって、好きなスポーツもあきらめて、

そういう想いがあふれてきたんですね。


完全な状態になるまで、あともう少しかかりそうですが、一緒にがんばってよくしていきましょう。













久々のオスグッド後遺症 その1

2011.06.02 10:27|京都整体日記

37歳の女性。


バスケットをはじめた小学6年生のときにオスグット病を発症。

中学は痛みと闘いながら、バスケをしていたが、高校に入って歩くだけでも辛くなり、

オスグットを手術。



それでも痛みはおさまらずに、結果的にバスケットをやめてしまわれた。


30歳を超えた今も、屈伸はできない。

ちょっとした買い物にいっても、帰ってくるとオスグッドの部分がうずく。



近所の子供さんが、たまたま当院で、2回ほどでオスグットがよくなったときき、紹介でこられた。



さっそく問診、どのような動きのときに痛むか、どの時間帯に痛むかなどをきいて全体的なイメージをつかむ。


あとは施術をしながら、体にきいていけばよい。



予想通り、ストレスによる緊張が体にいっぱいいっぱいにたまっている。



初回の施術で、屈伸は一応はできるようになる。



しかし、少し時間がかかりそうだ。














| 2011.06 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。