スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テニス肘。

2011.07.31 12:58|肩こり
fukui-tenniss.gif


舞鶴市からお越しのMさん。


一年ほどまえ、テニスをしている弟さんのオスグットが短期間でよくなったので、お兄さんをご紹介いただきました。


右側のテニス肘。


練習中にも痛むが、練習がおわったあと、特に激痛がある。


毎日アイシング。


そのほか治療院で治療するが、ほとんど変わらなかったので来院されました。


体をみていくと下半身の緊張の反応が強く、それを丁寧に一つずつ抜いていく作業。


筋肉の緊張を抜ききると、次に骨の歪みがでてくる。



胸椎の歪みを修正、


骨盤、股関節を修正。


立方骨のズレを修正。


これで、痛みを確認。



「ぎゅっと力をいれるだけで痛みがあったのに、それはなくなりました」


さらに修正することで、


「ラケット振る動作も痛みないです」




一週間後の施術。



「今日は痛みはどうですか?」


「あれから、日常生活では痛みはまったくないです。練習中もほんの少し残る程度です」




今回も前回と同様の施術をして確認して終了。


ハードな練習をしながらですが順調によくなっていってます。

よい状態が安定するのに2週間後に後一回やれば問題ないと思います。


施術後、


「いつも不思議なんですが、何もしてないようなのになんであんなに効果があるんですか??」


とお父さんに質問される。


なるべくわかりやすくお伝えするが、男性はご自身の体に対する常識の範囲を越えてしまうと、

全く理解ができなくなるようです。

こういうときは、お母さんのほうが理解がはやい。

女性は、結果を結果として素直にうけとる力があるのだなと感じます。




スポンサーサイト

坐骨神経痛

2011.07.29 10:05|坐骨神経痛

3年ぶりぐらいに、Yさんがご来院。



「先週から急に脚から御尻にかけて激痛が走るようになりました」


とのこと。


整形外科で強い痛み止めをだしてもらい、接骨院で治療もしてもらうが効果は特になかった。



今回はうつぶせで施術。



何が原因になって、痛みがでているのか。


まずはそれをサーチするところからはじめる。




痛みは激痛だが、どうも単純な体の歪みのようで一安心。



筋肉の緊張をとって、痛みを確認。


「ツッパリがなくなりましたが、まだちょっと痛いです」



仙腸関節、半月板、ひ骨などを調整して、痛みを確認。



「痛みがなくなりました!!!」



たっていただいていろんな姿勢をしていただくが痛みは完全に消失。



「あっ!!おしりのところにポッコリと骨がでてたのがひっこみました!」



なるほど、歪んでそれがポコッとでていたのかもしれない。



今回は痛み止めを飲んでおられたので、普段の状態ではなかったので、まだ安心はできないですが、

おそらく一週間後の次回の施術で完全に安定すると思います。











女の子のオスグット

2011.07.28 14:16|京都整体日記
osgood-irie nagaoka


中学生でバトミントンをされてる入江さん。


オスグット病で来院。


屈伸が痛く、少しでも長く走ると痛みではしれなくなるような状態。


病院では、

「運動すると悪化するので、中学3年間はなるべく運動しないように」

といわれ、ショックをうけてお母さんと来院。





新施術法で痛みがでている原因などをさぐっていく。



上半身の筋肉の緊張群を抜いていって、確認。


「痛みは半分ぐらいになったけど、首の後ろがいたくなってきました」



オスグットの痛みに隠れてた痛みがでてきたので、これも消去。


筋肉の緊張の下には、

頚椎、胸椎に歪みがあるので、これを調整。



確認すると、



「あれ、曲げてもいたくないです・・・」



階段の上り下りも問題なくできたので、初回は終了。




女子のオスグットは治りづらいといわれていますが、


結果的に3回でフルに運動してもよいレベルまで回復されました。



再発予防のため、最後にもう一回。



ストレス性の緊張もすべて抜いて施術は終了。



「ほんとによかった!一時は運動ができなくなるのかと思いました。また何かありましたらお願いします!!」


とおっしゃっていただけました。


思春期は何かと体に症状が出やすい時期なので、ひどくなる前にまた心身のケアに来ていただければと思います。















朝っぱら。

2011.07.26 05:13|京都整体日記

慣れないベッドだからか、旅行しているととんでもなく早く目が覚める。



うっすらと空が白みはじめたころ、今日も目が覚めた。


宿の温泉でひとっぷろ浴びると、頭もすっきり。



チャンスなので、ごそごそ、整体の自分の教科書をだしてきて読み、考える。



思いついたら、スケッチしたり、メモしたり。



考えていると、これから数年後の院のイメージなどがどんどんわいてきていい感じ。




それにしても、整体のイメージからは、かけ離れた施術になっていきそう。




でもまあ、それが流れなら、それが自然なのだと思う。



あらがう必要もないか。














来鳥

2011.07.25 15:12|京都整体日記



今日は、鳥取のギャラリ-そらさんで家人がグループ展をするので旅行がてらいっしょに。


鳥取、温泉もあるし、レトロな町並み、魚もうまいし、実に味わいぶかいところだった。


写真は童子地蔵堂。


ロンシャンの教会みたいだ。




効果と納得。

2011.07.22 18:23|京都整体日記

今日は久しぶりにオスグットの新患さんが連続でこられた。



そのお一人は福井県からのKくん。


バスケをされていて、2年前からの両膝のオスグット。


症状が辛く、週に3,4回近所の接骨院に電気をあてに通っておられます。




施術は、少し前から新患さんも新施術で。



仰向けの状態で、手首をもっているだけの動作。


この状態で施術をいれていきます。


客観的にみると、ただ手首をもっているだけに見えますが、


やっているほうは、この間に体と無数のやり取りをしています。




背中の筋肉に反応。



僧帽筋から後背筋にかけての緊張。


これらを取り去ると、骨格の反応。



胸椎、頚椎の歪みを自然な状態にもどしていきます。



これで屈伸での痛みの確認。



「あれ?痛みがあんまりないです・・・」




また同じ動作で、他に体に残った緊張を調べ、取って行く。



再び確認



「痛くないです!」




院の近くを奪取してもらって痛みがないのを確認して今回は終了。




おそらくあと2回やれば、夏休みのハードな練習にも耐えられる状態になりそうです。




それにしても、近くで見ていたお母さんは、完全に目が??マークになったまま。




簡単に施術を説明しても、「はあ・・・」という感じ。


結果がでても、自分自身の理解の範囲を超えてしまうと、どう理解していいのかわからないのが人間。



今週中に説明用のツールをつくらねば・・!!



















闘う

2011.07.20 08:40|京都整体日記



カマキリに鼻をひっかかれて、


戦意喪失する なっちゃん




いざ井戸掘り その6

2011.07.18 18:18|京都整体日記





「先生、本当に水ってでるんですか??」



ブログをみてくれたクライアントさんが、ストレートな疑問を口にしてくれた。



「理論上、出ます」と重々しく答える私。



「理論ってあるんですか?」



「えーと、実は勘です。動物としての勘です・・・」



「勘なんですか(笑)」




井戸穴も3メートルを越え、まだまだ伸びている。



2メートルをこえたぐらいから、穴にもなんとなくオーラというか、風格のようなものがあわわれ、

しまいには、



”水がでるかどうかより、もっと深く掘りたい”


というなんともよくわからない名指しがたい欲のようなものにかわってきた感じがする・・・。




でも、日々充実しているからそれがうれしい。




ちなみに、井戸穴の底はすでに携帯は圏外だった。





(写真は散歩中拾ってきたカブトムシ)














投網生活。

2011.07.17 11:36|京都整体日記





祇園祭のひとごみからダッシュで逃げるように帰宅。



家にタッチして、そのまま投網を積み込み



湖西へ。



まだまだヘタクソだが投網をなげると、



塩焼きサイズの小鮎がとれた。




頭からバリバリいけるこのサイズが食べやすくてうまい。




投げながら工夫して、ようやく三つ手取りで、投げられるようになってきた。



今シーズンのうちには、完全な状態で投げられるといいな。













いざ井戸掘り その5

2011.07.16 10:15|京都整体日記




今日は祇園祭のため、営業時間は短縮。



朝もゆっくりで、出勤前に井戸掘り作業。



外は炎天下だけど、穴の中はヒンヤリ。




ときどき掘る手をとめて、空をみながら休憩。













続き。

2011.07.14 20:44|京都整体日記

ある日、コーヒーメーカーが、「バスッ」という音とともに昇天した。


底から水はだだもれ。



あっけない最後。



享年2才だった。



仕方ないので、久しぶりにハンドドリップでコーヒーをいれる。



それが、めちゃくちゃに美味しかった!



一口飲んで、家人も目をむいていた!



今までまったく気がつかなかったが、コーヒー豆の味をも台無しにしていたのだなと気づいた。


ちょっとした手間をおしむことで、便利なだけでうすっぺらい生活になってしまうのだ。










手のほうがいい。

2011.07.13 15:49|京都整体日記
一月ほど前、ひょんなことから、朝のご飯をルクルーゼの片手鍋で炊いてみた。



昔からキャンプ好きで飯炊きは得意なので、楽しく炊いていたのだが食べてみて、

あまりにも旨いのでびっくりした。


米のツヤ、あまみ、香りも炊飯器で炊いたのとは全然違う。


冷凍したものを解凍してもまだうまみがある。



今まで、米本来の味を台無しにしてしまってたんだなと大反省。




”便利さ”と”豊かさ”は相反することが多いなと思う。



時間がかかっても、人間らしいまともな生活をしていきたい。
































心因性のオスグット。

2011.07.11 16:49|オスグッド病(成長痛)
osgood-toyama.gif


富山県からお越しのYさん。


小学校の低学年から踵の痛みがではじめ、少し前から両膝まで痛くなり、病院でオスグットと診断される。


歩行、ジャンプなどですでに痛みがある。



検査法で身体をみていくと、休んでいたときに少し補強をしたのか、上半身の緊張が目立つ。


これらを解除して、痛みを確認。


「ジャンプしても踵が痛くないです。でもまだ膝が痛い」


さらにみていくと、身体の疲労ではなく、ストレスから自律神経を介しておきる緊張が身体に多数ある。



これらを順序をおってとっていき、もう一度確認。



「あ!膝も痛くないです!!」



痛みはあっけなくとれ、階段の昇降なども痛みはなくなった。


ただ、ストレスが現在も進行しているもののようで、緊張が取れてももどりやすい状態ではある。



ただ、回復力はあるので、家でのケアを十分にすれば問題なくなるケース。



そのことについても、ご本人、お母さんとゆっくりお話して、セルフケアの方法をお伝えして今回は終了。




痛みは患部だけの問題ではない。



いつも身体をみている私には当たり前のことだけど、



一般的には、ほとんど知られていないのも事実。



今年ももう後半だけど、伝えるための努力もしていきたい。
















教科書

2011.07.10 14:03|京都整体日記






施術の再編成をぼちぼちと進めている。


そんな中、自分の整体の教科書をつくってみた。


自分が勉強するための、自分の教科書。








ごきげん

2011.07.08 19:05|京都整体日記



なぜか今日はご機嫌のなっちゃん。




ガサ入れ

2011.07.06 13:26|京都整体日記




定休日の火曜日。



家人が、「ドジョウが欲しい」というので、琵琶湖へガサガサをしにいく。



なっちゃんは、琵琶湖で泳ぎ、




家人は流れ込みの小川で網をもってガサガサ。




私は投網をうって、晩酌の肴、コアユを捕獲(今日は塩焼きの予定)




10分ほどして、




「捕ったよー!!!」



駆けつけると、家人の網のなかに、丸々とよく肥えたドジョウ!!



そのあとも、ドジョウ、ヨシノボリ、ヌマエビなど、何匹も捕獲してお持ち帰り。





家人め、ガサガサデビュー戦とは思えない辣腕をふるう。





玄関の水槽に、淡水魚をたくさん飼うのだ。











いざ井戸掘り その5

2011.07.03 12:55|京都整体日記





今月から第一日曜日も定休日にしたので、今日はお休み。



朝から琵琶湖へ投網をうちにいき、小鮎とゴリを捕獲。


これらは、てんぷらになって晩御飯のおかずになる予定。




さて、井戸掘りのつづき。



砂と石の層から、ときおり石が落ちてくるようになったので、身の危険を感じ補強作業にはいる。




コンパネと庭にあった廃材で、井戸壁をつくる。




久しぶりのノコギリ作業。



電気ドライバーでのビス止め。




ヘロヘロに疲れるが、なんとも心地いい疲労感。




午前中だけで、投網、井戸補強と充実した一日。




さて、午後からホームページの更新作業をしよう!!






















心とオスグット

2011.07.01 09:33|京都整体日記
osgood-kaneiwa.gif



伏見からご来院の金岩くん。



半年ほど前にオスグットを発症し、膝が90度以上まがらない状態に。



オスグットは心理的なプレッシャーなどが絡んでいると回復しづらいケースもあります。



筋肉や筋膜といって体のハードの問題であれば回復は早いですが、自律神経のようなソフトの部分に問題があるケースは改善に時間がかかります。



今回は体の問題が大半だったので、短期間で回復しました。



1,2回目で運動時の痛みはなくなり、屈伸時の痛みも消失。



3回目は再発防止の来院で無事施術は卒業されました。




施術することで体がやわらかくなっているので、このチャンスを生かして、しっかりストレッチしてくださいね。







| 2011.07 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。