スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反省

2011.11.30 20:51|京都整体日記




拾い食いをとがめられ、


反省を装うなっちゃん



スポンサーサイト

ストレッチの落とし穴。

2011.11.30 13:43|股関節症

「バレエを再開したんですけど、股関節が固くてなかなかうまくならないんです」


ご紹介でご来院のTさん。
日々、股関節のストレッチをしているが以前のようにやわらかく開かないというお悩み。


体を、股関節の可動にフォーカスしてみていくと、体の運動ラインの中に、多重に重なった緊張があります。
あとはストレスによる内臓の緊張。


内臓にかかった緊張を解除して、運動ラインを緩めていきます。
緩めては、確認をくりかえしていくと。


「もうちょっとで、脚が完全に開きます!!!」


それにしても、重なりが不自然なぐらい多い。

無理にストレッチをしすぎているようで、それに対して体が防御反応をしているために、
なかなかやわらかくならないようでした。


一回では難しいですが、あと1,2回ほどで問題なく開脚できるようになると思います。


ストレッチはむきになってやらずに体へのあいさつ程度の気持ちでやっがほうがいいみたいです。







椎間板ヘルニアの痛み。

2011.11.29 08:27|腰痛
「おお!!全然痛くないです!!明日から練習できそう!!」



2か月前からの腰から脚にかけての痛みで、バスケの練習を休んでるMさん。
病院ではヘルニアと診断されました。



体を診ていくと、体の表面の運動ラインのバランスが崩れているのが原因のようで、
ヘルニアからくる痛みではなさそうです。
おそらく急に寒くなった時に冷えと連動して発症したみたいです。


坐骨神経痛は現在進行形のストレスとかかわってるとやっかいですが今回はそれもなく、
簡単に解除できました。


「明日から練習行ってもいいですか?」


「うん、大丈夫ですよ。ただ冷やさないように毎日時間かけてお風呂にはいってくださいね!」







走る!!

2011.11.27 14:02|京都整体日記





「いってきまーす!!」



といって仕事に行こうとしていると、家人が不思議そうな顔をして言った。



「何か食べてるの??」


「???・・・・食べてないよ・・」



ほっぺたがふっくらして何か食べてると思われたらしい。





悲しかった・・・







今日から走ろうか。



そうおもって散歩中にジョギングを試みるが、


なっちゃんには、ジョグという概念がない。



僕が走ると、なっちゃんは、嬉しそうに振り返ってから、ミサイルのようなダッシュ!!!



ほんとに世の中思い通りにいかないことが多い・・・






背中を骨折してしまって・・・

2011.11.27 10:14|坐骨神経痛

「先生、息をすったりするだけでも痛いし、背中が伸ばせません・・なんとかなりませんか・・」




娘さんの紹介でご来院のBさん。


一か月ほどまえに階段から落ちて、背中を強く打って背骨の突起を骨折。

病院の治療をうけ、安静にしていたけど、いっこうに痛みがとれず来院されました。



骨が折れた痛みは整体の範囲外なのですが、

刺激ゼロの施術なので原因をみていくことに。


どうも強く打った時に、体を守っている器官が、患部を守ろうと多重に緊張を集中させ、

それが元にもどらなくなっているのが要因みたいです。



そういう防御反応と、もともとあった内臓の緊張とが、リンクして今回の症状を起こしているようです。



これらを解除すると、

「あ、呼吸の痛みはなくなりました、深く息がすえます・・」



内臓の緊張のリンクを解除して再確認。



「伸ばしても大丈夫です!すごい!!」




骨折が痛みの原因ではなかったんですね。一安心。

内臓の緊張は根が深そうなので3回ほど施術すれば問題ないと思います。


なんでも先入観なしで診ていかないといけないですね。
ほんとに体は深いです。


なにをやっても変化のない痛み。

2011.11.25 12:58|坐骨神経痛
kinmakuen-tokyo-yy.gif




2年まえから、足裏から足首にかけての痛みでお悩みのYさん。


病院をはじめ、接骨院や整体院、鍼など、いろんな治療法を試されていますが、
全く変化がなくご来院いただきました。



遠方から来られる方は、基本的に症状が重いので、初回で痛みが変化が起こせるかどうかが勝負所。


でも、さすがにどこに行っても変わらないというだけあって、緊張の層がとても厚い。



集中して、これらの疲労の重なりを解除していきます。



初回は、時間切れ・・・


「痛みは変化ないです・・」




二日目、


「ホテルに帰るとちょっと楽になってるような気がしました」



というところからスタート。


内臓の緊張をどんどんとっていき、反応がなくなったところで確認。



「楽になってます。はじめと比べると半分以下ぐらいです」



ぼちぼちと痛みにかかわる緊張の層が減っていっている感じ。




一週間後、三回目



「あのあとから、痛みがでたり引いたり、いろいろです。でも、感じない日もでてきました!!」



あと残っている緊張は三分の一程度。



最後はこれをとりきって確認。



「あんまり痛くないです!!でも、ちょっとあるかな・・・」



これはたぶん、外部からの刺激に対する防御層のような感じ。



「はじめにいったときに、痛いぐらい患部をグリグリされました」


なるほど、それか。



防御層も解除して、再度確認。


「大丈夫です!痛みなくなりました!」



取り残しがないか確認して施術は終了。



痛みがある施術をうけたこと。
毎日12時間以上立ち仕事。

という環境のため少し治りにくかったですが、
しっかりと結果がだせてよかったです。


痛みがある部分には強い刺激をいれない状態で来院していただければもっと簡単に改善すると感じています。















くらしき

2011.11.22 13:37|京都整体日記





今日は倉敷をのんびり散策。



昔のように、何か月も海外をほっつき歩いたりすることはもうないだろうけど、



いまは、こうやっているのが自分には必要だと思う。



三日間めいっぱい息抜きしたので。



明日からまた気合い入れて施術に励みます。




おのみち

2011.11.21 11:56|京都整体日記



今日は、お休みをいただいて尾道へ。


写真は、困惑の表情で

崖を登る家人。





さあ

2011.11.19 08:26|京都整体日記



「ごはんやで」


の合図を待つなっちゃん。


まだ10分はやいよ…



来年。

2011.11.18 14:05|京都整体日記

メンテナンス間隔のクライアントさんが、


ぼちぼち来年のご予約をいれて行かれる季節になった。



はやいなー。



今年中にやらないといけないことがあと一つ残ってる。


ひと月かけてじっくり取り組もう。



歩くのが辛い、両足の痛み。

2011.11.17 18:47|坐骨神経痛
kinmakuen-tokyo2.gif


東京からご来院のSさん。


あるときから、足の裏が耐え難い痛みがでて、日常の歩行も厳しい状態。


さっそく体を診ていきます。


内臓に無数の緊張、体の運動ラインにもストレス性の緊張、などが非常に複雑に蓄積されているのが原因のよう。


これは我慢強く、すべての原因の重なりをとっていかないといけない。




ある程度とって、痛みの確認。




「あまり変わってないです・・・・」



再び診てみると、底からあふれてくるように緊張が多重に蓄積していた。



初回は、40分間、ひたすら抜いていって最後に確認。



「うーん、変わってないです・・・」





翌日、二回目。


「今朝は起きてからびっこはひかなくてもいいようになってます。まだ痛いですけど」




ちょっとずつ重なりが減って痛みに変化がでてきたようで一安心。



今回も集中して重なりをぬいていく作業。


時間いっぱいまでぬいて、確認。




「おお!!痛みがあまりないです。2割ぐらいになってます」



むむ、まだ2割ものこってるのか・・・





2週間後、


3回目の施術。




「はじめにきたときの1割ぐらいになってます」



あともうひとふんばりというところ。


前回取りのこした、患部の微細な骨格のズレを修正。




「あっ!痛みが完全にないです。押したときの痛みもゼロです」



踵で着地するようにジャンプを何度かして確認していただいて終了となりました。



いつもながら、わざわざ遠方から来ていただくのは本当に施術家冥利につきます。


ご期待に応えるためにも、技をいつもピッカピカに磨いておかなければ!




いや、しかし解決できてよかった・・・。


整体とは。

2011.11.15 17:31|京都整体日記

ここしばらく、今までの中で一番集中力を使う施術に取り組んでいる。



そうやって施術していると、本当にたくさんの発見がある。



わずか、一週間の間でも、施術が格段に進歩する。



そんな中気付いたのは、今までは、整体というより、


”症状とり” ”痛みとり”をやっていたのではないかということ。



整体をはじめて10年以上たつけど、ようやく整体という意味が少しわかってきた気がする。




日々しんどくても逃げずにやっていると、必ず発見がある。



これがあるのでこの仕事はやめられない。











2011.11.12 11:22|未分類




今日の散歩中


友人のコロちゃんと世間話をするなっちゃん。




もったいない

2011.11.11 20:20|京都整体日記




家の近くの土手に、たくさんシブガキがなっている。


誰もみむきもしないので、なっちゃんと収穫。



休みの朝に、干し柿第二弾を作成。


冬用によいオヤツができた。


それにしても、朽ちていくカキがもったいないな。


おいしいのに。


みんなとらないのかな。





自転車で転倒!!

2011.11.11 17:09|京都整体日記


大阪からのTさん。


坐骨神経痛で3回目の施術。




「今日は脚の具合はいかがですか?」



「それが余計に痛くなってしまって・・・」





??



かなり回復してきてるはずなのにおかしいな・・・


問診していると、前回の施術の翌日に、自転車で転倒して全身をうってしまったらしい・・




「こけてから、体中が痛くなってしまって・・・調子悪いんですわ」



病院で首のレントゲンをとってもらったが異常はなかったらしい。






施術開始。


打った時のストレス反応かなと思ってたけど、反応はなし。


内臓にもそれほどの緊張はない。


身体の運動のラインをたどっていくと、いくつかの個所で反応。




これらを片っ端から解放していく。




「先生、身体があったかくなってきました・・・」




立ってもらって確認。



「えらい軽くなりました。手足の痛いのも大丈夫ですわ。」




器質的な問題ではなく、

転倒時に身体をまもるために全身が緊張したのが解除できていないのが原因だったようです。



ほんと、骨とかおらなくてよかったです。











歩けないぐらいの仙骨の痛み。

2011.11.10 10:21|腰痛
kumiyama-yotu.gif





「一週間ほどまえに急に腰が痛くなって、歩くのも、じっと座ることもできないぐらい痛いです!」



一年ほどまえに、息子さんのひざ痛で来られたご縁でご来院いただきました。


前回つきそいで来られた時には、とてもパワフルな印象があったのですが、

痛みが強いのか、とても疲れ切った表情・・・




早速施術に入ります。


検査法でみていくと、内臓に数か所の緊張反応。


これらをとっていくと、



「痛みがすーっと楽になっていってます!!」

「おなかがあったかくなってきました」



内臓の影響で、背中にも複雑な張りがあり、これも解除。


全体的に、心理的なストレスが大きな原因になっているようです。

これらをすべてとりきって確認。



「うわ、痛くなくなってる・・・」





10日後、二回目


「座ったあと立ち上がる時に痛みますが、前回に比べたら全然違います」


身体に残っているストレス性の緊張をぬいていって、最後にのこった仙腸関節のズレを修正。



「ああ、全然痛みがないです。ほんまに不思議や・・・」




一週間後、 三回目



「もうほとんど痛みはないです。ちょっと違和感ぐらい」


今回は姿勢を調整して終了。


「このままやと仕事を続けられないかもと思ってたのに、こんなに早く良くなるなんて・・」




正直なところ、抱えているストレスの量や、休むこともできず、責任も重い環境などを考えると、


初回は、改善が難しいかもしれないなと感じていました。



2回目にこられたときに、痛みがなくなっていたのはこちらのほうがびっくりしたぐらい。


Nさんの回復力に本当に驚かされました。



今回も、大切なことを学ばせていただきました。















留守番

2011.11.08 21:47|京都整体日記



「今日は博物館いってくるから、留守番しといてな~」


と伝えたときのなっちゃん。


そんなに落ち込まなくても…



股関節の痛みと坐骨神経痛

2011.11.07 10:33|坐骨神経痛
kinmakuen-yotu-yasui.gif



大阪からご来院の安井さん。


歩行時に、足の土踏まずから、先にかけての痛みと、

左太ももの裏などの痛みでこまっておられました。



病院では、これは治らないからつきあっていくしかないといわれ、

接骨院や整体などにも通ってみたが効果はなかった。



身体を診てみると、さすがに複雑で厚い緊張が重なっている感じ。



多少時間はかかるけど、一つ一つ原因を的確にとっていくしかない。



初回で、足裏の痛みは消え、太ももの痛みもいったんは消える。



二回目、


「足裏は楽ですが、左の股関節がギクッとなることがあります」


別の痛みがでてきました。


よくなっていく途中で、本来あった痛みが全面にでてくることはお伝えしていたので、


それほど驚かなかったみたいでよかったです。



三回目、


股関節と脚全体の痛みはなくなりましたが、かかとが痛くなってきました。


施術していても、だんだん緊張の層の底が見えてきた感じなのでもうひと踏ん張り。



四回目、


「ほんの少し違和感がありますが、ほとんど気にならないです!!」



最後に隠れていた内臓の緊張をとることで残りの違和感も消失。



少し回数はかかりましたが、


「先生、紹介カード、いっぱいいろんな人に渡しましたよ!!」


とても喜んでいただけたようでよかったです。









スーパーにて

2011.11.03 19:21|京都整体日記








・・・・軟弱野菜?

















ストレスと足の痛み

2011.11.02 16:49|足首の痛み
toyama-kantoku.gif



富山県からのSさん。


足の痛みのために、運動が十分できなくなり来院されました。

薬を飲めばなんとか動けるかなという程度で普通の歩行でも痛む状態。



さっそく体の診ていきます。



アスリートなので、それなりの筋肉の緊張や疲労、バランスの崩れなどがありますが、

痛みの原因になるようなものはない感じ。


検査法で見ていく限り、ほとんどがストレスの反応のよう。



ストレス性の緊張にアプローチして、痛みを確認。



「あれ!!痛みないです!!」



小走りしてもらって確認しても痛みはない。


ストレスについてお話をきいていくと、どうもチームの中の人間関係の問題を抱えているようです。


特定の人の顔を思い浮かべていただくと、



「あ、痛たた! また痛くなってきました」




これはちょっと厄介なケースです。


施術で、いろんな角度からストレス性の緊張をぬいていき、


顔を思い浮かべたり、話をしたりしても、足に痛みの反応はでなくなりました。



人間関係のストレスが自律神経を介して、足裏の筋肉に強い緊張をおこしているようです。



明るくて素直な人なので、この体験も何とか乗り切ってプレイヤーとして人間としての成長のきっかけになってもらえたらと思います。











| 2011.11 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。