スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むち打ち症。

2012.02.26 12:50|坐骨神経痛

「じっと座ってても、立ってても、太ももから膝の裏が痛くてどうしようもないです」


病院で坐骨神経痛と診断されて来院されたIさん。

じっとしてるほうが辛いそうですが、普段でもビッコをひいて歩いておられます。


ちょっと手ごわそうなので、さっそく診ていきます。



体の浅い層に緊張がおおく、これを解除。


「あれ・・?太ももが痛くないですが、腰が痛くなってきました」


なるほど、どうも原因はもっと違う場所にありそうです。

そのまま出てくる反応を片っ端からとっていきます。


「腰は大丈夫ですが、肩甲骨の下ぐらいが痛いです。太ももは全く痛みがなくなりました・・」


なおも、とりつづけていくと、


「首が痛いです。背中の痛みがなくなりました・・・」



頸椎そのものに特殊な緊張が層をなしていたので、これも解除。



「軽くなりました・・・スッキリしました・・けど・・何やったんですか?」




数年前にムチウチをやってから、体の調子が悪くなってきたそうで、施術していくことで、時間をさかのぼっているように痛みが変化していきました。

体の中にあった痛みが優先順位の高いものから解除されていったので移動してるように感じるだけなのです。



坐骨神経痛は、もう問題ないと思いますが、

首の痛みが安定するまでに、あと2、3回ぐらいは必要そうです。



スポンサーサイト

石鹸づくり

2012.02.20 09:57|京都整体日記




まだ少しやわらかい。


アロマのよい香り。


見た目はチーズのようでなかなかうまそうです・・。


このままもう少し寝かせます




変形性ひざ関節症

2012.02.18 10:27|ひざの痛み

娘さんのご紹介で来院された70代のMさん。


茶道をされていますが、膝に痛みがではじめ、正座ができなくなり、

今は歩行でも杖が手放せなくなりました。


「もう年なので、仕方ないですよね?」


「痛みと年齢は関係ないので大丈夫だと思います」


というところでスタート。


初回は、ストレス系の緊張をぬいていきます。
また、接骨院にもほぼ毎日かよっておられたので、外からの刺激にしたいして起こる緊張が体周囲を覆っています。


それらを解除していって確認。

「スムーズにあるけます。歩くのは大丈夫そうです・・」



2回目


「歩くのは大丈夫でしたが、体重をかけて曲げると今度は膝の裏が痛いです」


今回はここにフォーカスして抜いていきます。

あとは、連鎖調整法をおこなって確認。


「ああ、体重をかけても大丈夫ですね。」


まだ、膝の軌道がおかしいので、それも微調整して終了。


お茶の席に正座で出るには、あと3回ぐらいはかかりそうですが、

杖はもう必要ないと思います。








晩酌

2012.02.14 21:56|京都整体日記


今日も晩酌。


鶏もも肉と、しめじのナンプラー煮を肴に。



写真は、ご機嫌さんの、なっちゃん。




おしゃれを楽しむ。

2012.02.13 10:15|京都整体日記

120212_182629.jpg



自分用のネックウオーマーを、無理やりなっちゃんに着せる。



はじめは、いやがっていたのに、


「おお!!おしゃれやなー」というとまんざらでもなさそうだった。




頭と身体

2012.02.09 10:25|オスグッド病(成長痛)
関節症が治りにくい根底には、頭と体の分離があると思います。


人間は、脳がすべてで、体は自分の思うようにコントロールできると思い込みがちです。


本来、痛みがでたら温めるだけでじっとしていれば良くなるものを、

自分で揉んで壊す。

冷やして壊す。痛い部分をトレーニングして壊す。


そうやってどんどん治らない方向へ自分、または他者がすすめていきます。


これがほかの動物なら、傷口をなめるだけで、あとは治るまでじっとしていると思います。

その点で動物のほうがはるかに人間よりも賢い。


人間も動物の端くれですから、強力な自然治癒力があります。

自分の生命力、治癒力を尊敬して、ただじっとしてれば治るのにといつも思ってしまいます。






はじめての運転

2012.02.07 12:09|京都整体日記



はじめての運転に、緊張気味のなっちゃん。




久しぶりのぎっくり腰

2012.02.06 15:44|腰痛

「急ですが、今日見てもらえないでしょうか。腰が痛くてどうしようもないんです」


ちょうど風邪でキャンセルになった枠が一つ空いていたので施術することに。

最近、当日予約がほとんどとれないので、ぎっくり腰のような急性の症状は久しぶりな感じがします。


ご紹介でご来院のOさん。


数日前に腰が急に痛くなり、近くの接骨院で3回ほど治療したがよくならず、ますますひどくなってきた。
顔をゆがめて、姿勢は九の字になっています。


体を診てみると、案外単純なケースのようで、阻害要因も多くないので問題なさそうです。


回復を妨げている要因を、サクサクととっていくと、1,2分で痛みの大半はとれました。

寝返りしていただいて、立って確認。


「かなり楽になりました!!」


でも、まだ体が前傾しています。


これもアプローチの仕方を工夫して確認。


「まっすぐに立てます!」


これで、いろんな動作などしていただいても痛みがなかったので大丈夫そうです。

おそらくこれで腰は問題ないので、また何かあったらご連絡くださいとお伝えして終了しました。








女子のオスグット病

2012.02.05 10:25|オスグッド病(成長痛)

紹介でご来院のバスケ部のAさん。
一年ほど前に右脚がオスグットになった。

「治るもんではないので、我慢しながらやるしかない」

そういわれてやっていたが、だんだんひどくなり、両脚ともいたくなってご来院。


女子のオスグットはとれにくいといわれることがありますが、

男子とは原因から悪化までのメカニズムが若干違うだけなので、アプローチの仕方さえ間違えなければ問題はないと思います。


内臓系からの緊張、抗重力筋群の緊張を解除して確認。


「あれ!両脚とも屈伸できます。痛くないです・・・」


押した時の痛みがまだ残るので、それを施術。
なんどか繰り返していると患部からアイシングによる緊張反応がでてきたので、それも解除して確認。


「おー!!おしても痛くないです!」


なかなか痛みがとれないイライラが募っているのか、ストレス反応が強いので安定するまでに3回程度はかかりそうです。


2週間後ぐらいには、完全に運動に復帰できると思いますのでそれまでちょっと我慢してくださいね。










肩凝りとマッサージ

2012.02.03 10:19|肩こり

「今までこんなに肩が軽かったことはないです。ありがとうございました!」



5回目の施術が終了したTさん。

初回のときは、肩、首に常に何かがのっているようで、週に数日は頭痛。週に一回は吐いてしまうこともあるという重度の肩凝り。

辛くて、月に、5,6回マッサージに通っています。


「そのときはいいのですが、翌日ぐらいからもう肩が凝ってきます」



この方の肩凝りは、下腹部の冷え。肩に強い刺激をうけることによる防御反応が主でした。


肩凝りがひどく、患部が敏感になった状態で、

強いマッサージなどの刺激をうけると、体が防御のために刺激をうけたところをより硬くして、結果的に慢性化につながってしまう、典型的なケースでした。


受けているときは楽になったり、気持ち良かったりするので気づきにくい慢性化の原因の一つ。


強い刺激を受け続けると、治りが悪くなるので今回も比較的簡単なのに5回もかかってしまいました。



「ずっと楽な状態でいたいので、またこさせてください!」



月一メンテのペースで、来月のご予約をいただきました。


普段しっかり入浴していれば、体が軽い状態を維持できそうです。









| 2012.02 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。