スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オスグット、特殊なケース。

2014.02.27 19:09|京都整体日記
名古屋からご来院の中学生Kくん。

野球をされてますが、半年ほど前からオスグット病になり、一か月ほど前からは、
プレーができないぐらいの痛みの状態にまで悪化。

それからは一切練習、体育とも休んでいるが屈伸が90度ぐらいまでしか曲がらない。
オスグットの治療をする治療院をいくつかいったがほとんど変化がなかったそうで紹介で来院となりました。


問診のあと、体を診ていくことにします。



骨盤が非常に複雑なズレ方をしています。
修正すると、また歪み、修正すると歪みというふうに、多層にゆがみが蓄積しています。



修正しきったところで痛みへの影響を確認。



「あ、ちょっと痛いけど、屈伸ができるようになりました。でも、力が入らない感じがあります」


確かに屈伸するとある角度からガクッと崩れるような曲げ方をする感じですね。




腰周囲の緊張の蓄積も多く、複雑。
特殊な姿勢によるものだと思われます。




「K君って、キャッチャー?」

「あ、はい。キャッチャーっす。」



なるほど、キャッチャー特有の腰の疲労感と歪みですね。

プレイ中の動作などを想定して施術。
湧き上がってるようなストレス系の緊張の解除を繰り返して確認。


「屈伸もぜんぜん痛くないです・・・」



痛みを気にせずに、運動を思う存分できるようになるにはあと2回ぐらい必要かと思いますが、

ぼちぼち練習復帰しても大丈夫だと思います。


なかなか治りづらかったのは多層になった特殊な骨盤のゆがみの影響だと思います。

今回のオスグットは、キャッチャー特有の体の使い方の問題があるようでした。






スポンサーサイト

くめちゃんは何をみたのか。

2014.02.25 18:29|京都整体日記
kumehen.jpg



なにげなくとった写メ。



そのとき、くめちゃんはいったい何をみたのか・・・






手に職。

2014.02.19 18:14|京都整体日記

「手に職があっていいですねー!」



とクライアントさんに言われることがたまにあります。


「手に職をつけたいので整体をおしえてほしい!」


といわれることもあります。


でも、ずーっとピンときませんでした。
そんなもんあるかいなと思っていました。

手に職というのは、どこにいっても生きていけるための手段があるということだと思います。



それが、つい先日、施術中、急に、


”あっ、手に職がついてる!!”と気づいた瞬間がありました。


アホか、と言われそうですが、そのときようやく手に職がついたように思います。



それまでも、なんとか食べていってたので職業には違いなかったのですが、
なにか不安定な感じがしていました。


根を十分にはっていない木のような感じで、風が吹いたらいつ倒れるか、というような状態。


それが、ようやくしっかりと根が張ってきたと感じたのが数日前。
これなら嵐が吹こうが倒れないだろうと思いました。

私がこの世界にはいったのが24歳だったと思うので15年近くかかりました。


15年たって、ようやく自分の職になったのだなと思います。



自分なりの根をはって、ここからがスタートなんですね。







マッサージの効果 その2

2014.02.18 18:10|京都整体日記
マッサージには”筋肉の疲労をとる”という効果があります。
でも、凝っている所を直接刺激すると気持ちがいいけど、悪化する。

これは、かゆみと一緒です。
かゆいところを掻きむしると、気持ちいい。でも、あとで悪化する。



喜んでくれても、お客さんの肩こりを悪化させるならやる意味がない。
そう思って、やり方を工夫していきました。


どうやったら、弱い圧力で体を緩められるのか。
どうやったら、患部にさわらずに緩められるのか。



家でだれかをケアしてあげるという意味であれば、答えは簡単です。

”その人の、一番よく使うところを優しく揉んであげる”

(やさしく揉まないと、筋肉にある防御センサーが作動して固くなってしまいます)


これで十分。


肩こりでも、その人が立ち仕事なら、足を揉んであげる。
肩こりでも、ずっとパソコンをしてるなら、手を揉んであげる。
肩こりでも、目ばかり使う人なら目の周囲や頭を揉んであげる。


凝ってるところに目を向けずに、その人の使うところに目を向けてそこを優しく揉んであげると安全に、悪化させずにゆるめていくことができます。









マッサージの効果 その1

2014.02.18 08:53|京都整体日記
毎日、クライアントさんに



「患部を揉んだり押したりしてはいけませんよ」



と言い続けているので、私がマッサージを嫌っていると思っている人が多いみたいです。

私がこの世界に入ったのはマッサージ店での勤務が一番はじめだったので、
マッサージはうけるのもするのも好きなのです。

マッサージ屋さんで働いていた頃、凝っている所を見つけ出して、しっかりとした刺激をいれるというのを心がけてやっていました。

そうすると非常に喜ばれます。

「稲村さんにやってもらうのが一番気持ちいい」


指名してくれる人も増え、毎日楽しく仕事していました。




でも続けていくと不思議なことがおこりはじめました。

楽になったと喜んで帰っていかれる人の、店に来る頻度が上がってくるんです。
それに、はじめ15分で緩んでいた肩が、30分揉まないと緩まなくなってくる・・・。


マッサージによくいくという人の中には、常識では考えられないぐらい強圧を加えないと、
”効いた気がしない”という人もいます。


次第に、”凝っている部分を揉み続けていると患部の知覚がマヒしてくる”ということが経験的にわかってきました。

押したらズーンとくるいわゆるツボのようなところを刺激すると、その場では緩みますが、時間がたつと以前より強く緊張するということもわかってきました。


どうも、肩こりも腰痛も、患部を揉めば揉むほど治らなくなっていくようでした・・・




いただきもの。

2014.02.17 18:00|京都整体日記
ichigo3.jpg



東京からご来院のTさんに、イチゴをいただきました。

イチゴ好きの家人は、涙目になりつついただいておりました。


Tさん、ありがとうございます!





一年前からのオスグット病

2014.02.13 14:30|京都整体日記

愛知県から同じチームの友人の紹介でご来院のHさん。

一年まえからオスグット病を発症し、だましだましサッカーの練習をされてましたが3週間ほど前に、痛みがピークに達したため来院されました。

屈伸は90度ぐらいまでまげると限界でそこからは曲がらない状態。


問診と動作での痛みの確認のあと、体を診ていきます。


腰部を中心に体が崩れ、下肢に影響を与えている感じです。
骨盤、腰椎の影響で下肢の疲労の蓄積がかなり大きい状態。

脊椎の側彎も足の疲労に影響を与えているようですが、施術としては、

蓄積は多いけどそれほど難しくないパターン。



腹部からのストレス系の緊張が原因の大半をしめます。
順序よく解除し、反応がなくなるまで並行処理して確認。


「あっ・・・曲がります」

「曲げきると、膝の下が詰まったような感じがあります」



隠れていた緊張層が反応するので、それを根気よくとっていって確認。


「大丈夫です。曲げてもいたくなくなりました」



10日後、2回目



「かなり良くなりました。でも練習してると、まだたまに痛いときがあります」



前回同様の蓄積パターンですが、隠れていた緊張層がどんどん出てきている感じです。

痛みみがある状態でかなり我慢してサッカーをしてたのが伝わってくるような蓄積の仕方ですね。
腰だけでなく肩、首付近まで蓄積しています。



膝の半月板、恥骨結合のズレを解除して確認。


「押した時の痛みもないです・・・」


かなり強く押しても大丈夫そうです。
問題ないと思いますので、、これで一旦様子を見ていただくことにして終了しました。



「こんな簡単によくなるなら、もっと早く連れてきてあげたらよかったです!」


と帰りがけお母さんがおっしゃいました。

オスグットといっても人によって全く違いますから、
誰もが1,2回でよくなるとは限りませんが、成長が終わるまで治らないというのはありえないので、
なるべく早く治療するのがいいと思います。











なっちゃんの一発芸。

2014.02.10 11:53|京都整体日記
damare1.jpg



だまれ!小僧!!!





続きを読む >>

骨盤について思うこと その2

2014.02.09 12:01|京都整体日記

少し前に、

”元に戻らない骨盤調整”というのを高額で受けたという方が来院されました。


なんでも一度受けると二度と歪まないそうです。


整体として考えると、それはあり得ない話だと思います。

”一生太らない魔法の薬”というのと同じで、そんな便利なものはないはずなんです。


人間というのは生き物です。

生命というのは、滞らないシステムということだと思います。
つまりはずっと変化し続ける存在ということになります。

身体も、ずっと安定するわけではなく、一定のリズムで揺らぎながら時間を過ごしていきます。
もし骨盤が二度と歪まないのあれば、それは、むしろ死に近いことになります。

不調がおきると、身体は歪んだり、痛みを発して警告してくれます。

この警告が人間が生きる上で非常に重要なセンサーですから、
体が歪むのも”身体が教えてくれてる”という風に肯定的にとらえたほうが生きやすいように思います。
















骨盤の調整について思う事。

2014.02.08 19:56|京都整体日記
2年ぶりに来院された大阪からのTさん。




「先生、今日は膝が痛くてきたんですけど、この前友達が骨盤がゆがんでるんで治してもらえるか聞いてきてっていわれたんでその辺もお願いします。」




そんな感じで骨盤談義になりました。



骨盤調整はいろんな流派があり、多種多様の技法があります。
どのやり方が良くて、どのやり方が悪いのかは一概には言えませんが、一つ言えることは、

部分というのは、全体の中の部分にすぎないということ。
部分を整えることで効果が全体に波及することもありますが、経験上効果は限定的だと考えています。


直立二足歩行する人間にとって、骨盤は体の中心で重要な場所。


とはいえ、
骨盤の歪みだけ整えて、それ以外の部分が整っていなければ、すぐに骨盤は歪みます。

だから当院では、あえて骨盤の調整を特別視せずに、

”全身が整えば骨盤も整う”という形で施術をすすめていくことにしています。



痛みについても同じで、痛みをとるということを目的とすると、
痛みだけとれてバランスが崩れることがよくあります。


そうして別の所が痛くなってくる。

それだと整体とはいえないと思うので、私は、

”体が整えば痛みはとれる”という風に調整していくように心がけています。













ストレスからくる腰痛。

2014.02.06 13:28|京都整体日記


「前にやってもらってから、ずっと調子よかったんですけど、なんせ急に痛くなったんで・・」



一年半ぶりにご来院の三重県鈴鹿市のMさん。


一週間ほどまえに、物をとろうとしたときに腰にビキッという音が鳴って、それから痛みが強く出始めたそうです。

半身浴をつづけて多少マシになったそうですが、一週間たった今も歩行がかなり辛そうです。






問診のあと施術にはいります。



腰椎3番、腰部周囲の筋肉、

骨盤周囲のズレ。

ストレスからくる内臓系の緊張をとって確認。


「腰が軽くなりました。でも痛みはまだ残っています」

「さっきまでは腰のこのあたりが痛かったんですが、今はなんだろう腰あたりが痛いんですが、痛い場所がよくわからないです」



痛い場所がはっきりしないのは内臓系の緊張由来の痛みに多いタイプです。


ストレス系の内臓の緊張、
恥骨結合のズレ、腰を中心とした姿勢の崩れの調整をして確認。



「あ、大丈夫になりました。でも、反らすとまだ痛いですね」


ここで体の反応がなくなりました。

経験的に、意識上に上らせないと反応が取れないストレス系の緊張だと思われます。



「Mさん、最近なにかストレスありました?」

「え?ええ、ちょっと仕事上でいろいろありまして・・・」



さっきまでは反応がなかった緊張がでてきました。

内臓系に広範囲にはいってる緊張のようなのでこれを解除。


「あっ!めっちゃくちゃ軽くなりました。全然違います!」



お話をしてると現在進行形のストレスのようなので、いったん取れても症状が出て来やすいかもしれないです。

仕事のことで睡眠不足がつづいてるとのことだったので、カラダ自体の抵抗力が弱くなり、ストレスに過敏に反応しているのだと思われますので、

しっかり寝て、しっかり入浴時間をとることで安定の方向に向けていけると思います。

一週間後にもう一度施術のご予約をいただいて今回は終了しました。






風邪。

2014.02.05 17:30|京都整体日記
kazenya.jpg



風邪で寝込み中の我が家のニャンズ


黒猫の福は、クシャミを連発。

クメは涙をながしっぱなし。



普段は、押し入れに侵入したり、ソファで爪といだり、突然背中にとびかかってきたりして
暴れ放題ですが、大人しいと心配。


早く元気になってほしいです。









| 2014.02 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。