スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.28 17:02|京都整体日記
yonde.jpg




うちにはじめて来たときは、青っ洟をたらしてくしゃみばかりしてた福。


ニャアという猫らしい声がだせずに、いつも、「あ」としか発音できなかった福。


元気に育って、もうすぐ一歳。


誕生日にブルーギルでも釣ってきてあげよかな。








スポンサーサイト

アキレス腱の痛みと、バレエの動き。

2014.05.22 17:47|京都整体日記
名古屋からご来院のバレエをされてるKさん。中学3年生。

3年ほど前から、アキレス腱が時々痛くなり、徐々に悪化。去年MRIで三角骨障害と診断される。
手術で三角骨を取り除き、練習に復帰するとまた同様の痛みが発生したので来院されました。

「右足なんですけど、曲げ伸ばしすると、アキレス腱のあたりが痛くて、背伸びができないです」


つい最近まで、コンクールのため無理をおして踊っておられたそうなので、
患部を守る防御反応が、整体の施術以上に強くなっていないかどうかが一番の焦点になりそうです。


問診のあと、体を診ていきます。


足の痛みの要因を診ていくと、
・距骨のズレ
・脚全体のバランスの崩れ
・ストレスによる内臓の緊張

この三つが症状の要因のようです。

内臓系の緊張、股関節のズレ、姿勢の調整などを行って確認。

「足を伸ばすのは大丈夫になってきました。背伸びはちょっと痛いです。」

症状が減ってきました。
防御反応がそれほど大きくないので一安心。

同様に、堆積した緊張層を解除していくと、距骨のズレが反応。
調和して確認。


「あっ、立っても大丈夫です。じーっとしてたらちょっと違和感があるぐらいです」


これで取れてるはずですが、何か残っているのか・・・

「そういえば、手術をしてから足の裏が凄く硬くなった気がします・・」

なるほど。
足裏に可動制限がおこっているのでこれを解除。


「大丈夫です。違和感もなくなりました・・」


少し時間があったので、
以前から
”右のひざが入らない”というバレエをされてる方特有のお悩みがあるみたいなので、それを調整。


「うわっ!すごい綺麗に入る!」


なぜか、足の痛みがとれたよりもうれしそうにされてます。

アキレスの痛みは原因をとりきったので、ぼちぼちお稽古されてもよいと思いますが、


・甲がでない
・股関節の柔らかさの左右差


など、いくつか気になることがあるそうですので、2週間後に全体の調整のためにご予約をいただきました。







身体を守るための緊張。

2014.05.19 11:17|京都整体日記
2年ぶりぐらいにご来院の、三重県のMさん。


「2週間ぐらい前から、急に肩凝りがひどくなって、頭が痛いです。食べてもすぐに気分が悪くなって戻してしまいます」


病院の検査では、異常は発見できず。
ざっと見た感じ、内臓系の冷えが主要な原因のようですが、他になにが影響しているのか・・・

問診のあと、体の状態をみていきます。

腰周囲の筋肉に防御反応。
なんども反応します。

「Mさん、腰にマッサージかなんかされましたか?」

「え、ああ、ひと月ぐらい前に腰が重だるかったので、最近できた2980円のマッサージで腰を重点的にやってもらったんです」

なるほど、それか。

防御反応を解除して確認。

「あっ!肩が軽い!半分ぐらいになってます!」


肩、腕周囲の防御反応、内臓系の冷えの反応を取って再確認。


「なくなりました・・・目がすっごくハッキリみえるようになってます・・」




症状がきつい割には、簡単に終了しました。

もともとは、冷えからくる内臓の緊張が原因の腰痛だったのが、マッサージで患部を刺激することで、腰部が緊張。
肩と連動して肩凝り、頭痛が起こったようです。


私ももともとは、クイックマッサージ出身なので、揉んでもらったときの気持ちよさや、
やってくれる方も真剣にやってるのはよくわかるのですが、痛みやだるさがあるところをマッサージすると、
数日から数週間かけて悪化してしまいます。

そして、その悪化には、やった方もやられた方も気が付かないことが多いと感じます。


もし、マッサージに行かれる場合は、辛いところは触らないようにお願いして、圧力も弱めに揉んでもらうようにお伝えするのがよいと思います。

痛い部分には、触れない。自然に任せる。というのが一番の対処法です。
食べ物を取りすぎないようにして、しっかりと入浴することだけで十分。
そうするとほとんどの場合は、数日で回復していると思います。






なっちゃんの寝床にて

2014.05.17 13:07|京都整体日記
tatakai3.jpg






クメちゃんの日常。

2014.05.15 14:01|京都整体日記
kuko.jpg




三畳ほどの狭小のキッチンの真ん中で作業を妨害するクメちゃん。


私 「もうちょっと隅っこにいってや!ご飯作られへんやろ!」


クメ 「誰だ、アンタ・・・・?」






手術だけはしなくない!

2014.05.15 12:04|ひざの痛み

大阪からご来院の60代の男性、Fさん。

「4年ほどまえから、両ひざが痛くなって、だましだまし仕事をしてたんですけど、去年の終わりぐらいからもう、どうにも我慢ができないぐらいいたくなりました」

鍼や整体にいったそうですが効果がなく、病院では手術しかないといわれているそうです。
屈伸は、痛みのためわずかにしか曲がらない状態。
歩行するだけでもかなり傷むようです。


問診のあと、さっそく診ていきます。


内臓からのストレス系の緊張が大量に反応。
お仕事の影響か、腕から筋肉疲労の反応が強いです。

解除して確認。


「うーん、全然かわらんね」


患部と患部周辺の可動域の修正


「ああ、ちょっと軽くなってきたかな」


古傷との連動を解除


「膝はかわらんけど、腰はえらい軽くなってきた」

大量に反応するストレス系の緊張を解除を繰り返し。


「右ひざは、半分ぐらいになったわ。左は違和感程度」

ここで初回は終了。



1週間後、2回目

「あきません。帰りにはもう痛みがもどっていました」


前回と同様に施術していきます。
今回も前回と同様、ストレス系の緊張が大半ですが、前回ほどの量はないかんじです。

最後に進行形のストレス解除をおこなって確認。

「うーん、全体的に軽くなってるけど、劇的にかわったわけではないなあ」


3回目は、やめたほうがよいかどうか判断に迷うところですが、どうしても手術はさけたいので継続したいとのことで、一週間後に再度施術することに。


一週間後、3回目

「あのあと、2日後ぐらいから急に楽になって、今は右に違和感があるぐらいで、左はもう全然大丈夫ですわ」


ストレスが主因なので、痛みの出方、引き方が極端なケースです。
それにしてもこんなに極端なのも珍しい。


前回と同様の施術で、ほぼ屈伸ができるぐらいまで改善。
今回は短時間で終了しました。


4回目、


10日後、

「仕事して疲れてくると違和感がでてきますけど、もう全然違いますわ。楽です」


4回目の今回は微調整だけして痛みなくなり終了。

ストレス要因が強いのと、お仕事が力仕事なので、ぶり返しやすい環境ですから、しばらく月一のメンテナンスが必要かと思います。


患部に問題がなく、要因の大半が精神的なストレスの場合は、痛みがその場で引かなかったり、移動したりすることもありますが、今回はちょっと極端なケースで、こういうのはやってて焦りますね。











今日のできごと。

2014.05.10 19:22|京都整体日記
通勤電車でのこと。


目の前に座っている恰幅のいい50代ぐらいの男性。
パンパンに膨らんだコンビニ袋をひざにかかえて座っておられた。


ごそごそと、袋からアイスの箱を取り出した。
パルムというアイス。箱なので6本は入っている。


ムシャムシャっと、一本、また一本と食べ続け、瞬く間に6本平らげる。

そして、袋からスナック菓子のカールをとりだし、
袋を口に当て、まるで水でも飲むように、口の中にゴロゴローっと流し込むように食べ始めた。

二リットル入りのフルーツ牛乳をラッパ飲みしながら、これも1分以内に食べ終えた。


残念ながらここで私は下車したので、その先は知らない。

袋の中からロールケーキを2本出すところが見えたが、もっと見てたかった。


世の中には恐ろしい人もいるもんだ。




足裏の痛みと肩凝り。

2014.05.08 11:11|足底筋膜炎

「4年ぐらい前から、踵が痛くなりだして、ずっとダマシダマシ生活してたんですけど、去年の末ぐらいから我慢できないぐらいの痛みになってきました」


「ここ、1,2か月は、近い将来歩けなくなるんじゃないかと思うぐらい辛いです」


40代の男性、営業職で歩くことが多いので、ここしばらくは仕事は休んでおられる状態です。

足裏以外には、慢性的な肩凝り、頭痛、腰の重だるさ、手の親指の痛み、ふくらはぎの痛みなど複数個所に痛みがあります。


問診のあと、体を診ていきます。


足裏の痛みは、冷えからくる内臓系の緊張、ストレスからくる内臓系の緊張がほぼすべての原因のようです。

フクラハギも同様に内臓から。

肩はフクラハギからの連動。
腰ははストレス系の内臓緊張の影響。


骨盤の調整、ストレスからの内臓系の緊張の調整。

取っても取っても、湧き上がるように緊張層が噴き出してきます。
緊張の総量はかなり多いようです。


複数回、解除、確認を繰り返して、


「足はまだ痛いけど、左は半分以下にへってきました。肩と腰はかなり軽いです!」

さらに同様に複数回繰り返して最後に確認。


「肩、腰は全くないです。ふくらはぎは半分ぐらい。足裏も半分ぐらいになりました」


時間切れで初回はここまで。




4日後、

「あのあと、帰りには、右足は痛みがもどりました。左は違和感程度です。ふくらはぎは相変わらず痛いです。それ以外は気にならないです」



前回と同様に緊張を解除していきます。

古い緊張層を複数解除

ようやく内臓系のストレス層の本体が表層にでてきました。


これらを解除して確認。

「フクラハギは、もうほとんどないです。右足はちょっと減ったかな?というぐらいです」



お話をしながら、進行形のストレスをチェックしていきます。

いくつか反応するストレスがあったので、これらが与えている個所を解除。


「あ、固い感じが残りますけど痛みはなくなりました・・・」



3回目、


一週間後、

「右かかとは、やっぱり2,3日で痛みがもどってきました。他はそんなに気にならないです」


もう蓄積した緊張層はないですが、進行形のストレスが痛みを起こしている状態です。
前回同様、お話をお聞きしながら、影響しているストレスを解除


「大丈夫です。ちょっとかゆいような変な感じはありますが痛みも固さもないです」



同様の施術を週に一回ほど行って、9回目で、違和感レベルで安定してきました。



進行形のストレスは、常に自律神経の緊張させるので、その場で解除しても、
短時間で痛みが出てくるケースがよくあります。


施術と、入浴をしっかりすること、食べ過ぎないなどの生活習慣の見直しで、
身体のストレス耐性のレベルをあげていくのが今後の課題になります。


ひと月に一回程度のメンテナンスが必要だと思います。








何をしたら。

2014.05.07 13:52|京都整体日記
kuro.jpg




庭でせっせとライフワークの穴掘りをしていた”なっちゃん”


帰ってきたらこんな顔に。


知らんまに、眉毛までできてる・・・・






本棚の壁

2014.05.07 13:28|京都整体日記

2fhon.jpg



「本に囲まれて暮らしたい!!」



というのが家人の要望だし、すでに我が家は本であふれかえっているので、
二階の壁は本棚にすることに。


格子状になってるところが本棚の原型。

ココから木を足して壁面本棚にする予定だけど、できるかな。

















今日の晩御飯に。

2014.05.04 17:21|京都整体日記
daikonnomi.jpg




庭の畑に、

大根の実が大量に実っていた。


ポリポリした歯ごたえと、大根らしい、ピリッとした刺激があって、なかなかうまい。




シーバー病とオスグット。

2014.05.03 14:41|オスグッド病(成長痛)

「3年ぐらい前から、両方の踵がいたくなって、病院でシーバー病といわれました。」

「それから1年ぐらい休み休みやってたんですけど、今度は膝も痛くなって、今は足を使わない筋トレとかをしています」



中学生のサッカー少年Sくん。

不自然なビッコをひきながら歩いておられます。

膝は、屈伸はなんとかできますが、痛みで顔がゆがみます。



まず、全体像をとらえるために、患部の本来の原因をサーチしていきます。


もともとは、距骨付近のズレがおこり、これで踵がいたくなり、
そこから連動して膝に痛みがでているという流れになっているみたいです。


その周囲にはストレス系の内臓緊張が多くあるようです。



初回の施術で、膝の屈伸の痛みはほぼない状態、踵には奥に詰まっているような違和感が残る状態で終了。



2回目、10日後、


「膝は、ジョッグするとまだちょっと痛いです。踵は奥の痛みが皮膚のあたりにでてきました」


踵の原因部分が表層化して、前回の終了時より痛みがちょっと強くなっています。


前回と同様に、大量のストレスによる内臓系の緊張。
下腿部のストレス系の緊張を解除。

距骨のズレが反応してきたので、ズレを修正して関節と調和させます。

これで確認。


「あ、膝も踵も痛みがなくなりました。全体的になんか軽いです!」



ストレスが最大の要因なので、ちょっと不安定な要素はありますが、
原因部分を解除したので、これで大体は大丈夫だと思います。


明日から練習を再開するとのことだったので、一週間後にもう一度ご予約をいただいて終了しました。





床をはる日々 その3

2014.05.01 13:55|京都整体日記
yuka2.jpg


ようやく寝室の床を張り終わる。

卓上マルノコがあるので、切る作業が楽しい。


無垢で汚れたり沁みたりするので、蜜蝋ワックスをぬっていく。

”すべらない床用のワックス”とのことだったが、スケートリンクのように滑る。



とりあえず一部屋できてよかったー。



| 2014.05 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。