スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半月板損傷、手術後に痛み再発。

2014.08.31 15:42|京都整体日記

「一年ほどまえに左の半月板を手術したんですけど、一か月ぐらい前にバレエのお稽古中に膝がグキッってなって、
それから、歩くだけでも痛くなってきたんです・・」


メンテナンスでご来院いたくバレエダンサーのNさんの生徒さん。
30代、女性。

歩いていると明らかに片足をひきずっているので、痛みの程度はわかりやすいですね。
片足に体重をかけるだけで、かなり痛むむようで屈伸運動は不可能な状態。


「ちょっとでも早くお稽古がしたいんでよろしくおねがいします!!」


問診のあと、お体の状態を診ていきます。
患部周辺と、足首にストレッチからくると思われる防御反応。
影響をみるためにいったん確認。


「あれ、体重掛けてもいたくないです。歩くのも、つっぱりはありますけど大丈夫です・・」


早く治そうとおもってストレッチしすぎたみたいですね。
大腿筋のストレッチは、膝痛に有効だと書かれてるサイトが多いですが、やりすぎると防御反応がおこって悪化の原因になります。

腹部に、ストレス、冷えからくる緊張層が多く反応。
下半身の運動ラインのズレ。
バランスの調整などをして確認。

「下までいくと、膝の奥がいたいですけど、一応屈伸できます!」


膝の可動域が、腹部の緊張層、腕の運動ラインのズレなどによって制限されているのでこれを解除。

「あ!いけます。ほとんど痛くないです!」
「腕もすっごい軽くなりました!」


初回はこれで終了。


一週間後、2回目。


「あれからやってみましたけど、思いっきりひねったりしなければ大丈夫でした。」
「ポワントの動きで、外側がちょっと痛いぐらいです」

経過はいい感じですね。

今回も、前回と同様に、内臓系の緊張、股関節のズレなどを修正。
室内でできるすべての動作で痛みがないのを確認して終了しました。


「先生の整体、なんかめっちゃ不思議ですけどおもしろいです」



ひと月後のメンテナンスのご予約をいただきました。

バレエをされる方は、もともとの姿勢から、バレエの姿勢を無理につくることによって、
いろんな個所にねじれがおこって運動ラインが崩れる傾向を感じるので、メンテができれば一番ですね。










スポンサーサイト

クメちゃんのライフワーク

2014.08.27 13:55|京都整体日記
kumebatta.jpg


バッタを獲ることをライフワークにしているクメちゃん。

今日も庭をバッタをさがしてテクテク歩き回り、見つけたら大ジャンプして飛びつきます。


そして、獲った特大のバッタは、工房で作業している家人へプレゼントされるのでした。









オスグット病にサポーターは有効なのか。

2014.08.23 11:07|オスグッド病(成長痛)

ご紹介で、和歌山県からご来院のS君。

半年ほど前から左膝に痛みがあり、病院でオスグットと診断。
サポーターを付けて、痛むときはサッカーは休み、マシな時はやる。というのを繰り返しておられました。

ひと月ほど前から痛みが強くなり、今は歩行するだけでもびりびりと響くような痛み。
屈伸運動は、90度ぐらいで痛みのためストップ。

問診のあと、お体の状態を診ていきます。

膝の痛みのトリガーは、冷たいものを年中とっていることによる内臓系の冷えだろうと思います。

アンカーは、
ストレスや冷えによる、腹部の緊張が5割程度。
反対側の足首の緊張反応が2割。
残りは、患部への防御反応という比重のようです。


これらを解除していきます。
それほど複雑でもないので、10分ほどで終了。

動作の確認で、膝の屈伸時の痛みは消失。
階段の昇降などはOK。

たった状態で、患部を押してもらうと、

「まだちょっと痛みがあります」

ストレス系の緊張が腰部の深層筋に入っているのでこれを解除。


「うわ!大丈夫です。押してもいたくないです」


それほど複雑なケースではないので、今回の施術で問題なくなっていると思います。

施術がおわって、患部を見せてもらうと、オスグットの部分が赤くなっていました。

「これどうしたん?」ときくと、

「サポーターをしてると、オスグットのところにあたるのでそれで赤くなりました。」


とのこと。


オスグットといっても、膝の形状は人によっても違うし、痛む部位も違います。
サポーターが痛点に接触する場合は、それがもとで治りにくくなるケースも多いので、
サポーターをする場合は、患部にあたらないかどうかを必ず確認する必要があると考えています。







加茂の水

2014.08.22 13:50|京都整体日記
kamonomizu.jpg


この前の大雨で、アマゾン川と化してドカドカ流れてた鴨川。


濁流で川底の泥などが洗われて、鴨川の水は、すっかりきれいになった。


青々してる。















ネコ、草ボーボーの庭を眺める。

2014.08.20 17:07|京都整体日記
nakayoshi.jpg



仲よく、庭を眺めるニャンズ。




個展

2014.08.16 11:23|京都整体日記
dmimy14-b.jpg

家人、稲村真耶が、
芦屋の”うつわクウ”さんで
9/10(水)-9/28(日)の間個展を行います。


http://moro330.blog64.fc2.com/blog-entry-1863.html

うつわクウ

兵庫県芦屋市西山町3-11 ラフェルテ芦屋川1F
0797-38-8339
11:00-18:00(最終日は17時迄)
月・火休
http://www.utsuwa-ku.com/

リラックス。

2014.08.09 13:59|京都整体日記
phonto.jpg


私も、家人も馬車馬のように働いている昼間・・・・


我が家の一番いいところで、昼寝する、白黒コンビ。







バスケ女子のオスグット病。

2014.08.09 13:43|オスグッド病(成長痛)

大阪からご来院の中学2年生のAさん。
一年前にオスグット病を発症。
それから、痛みが出ては休み、復帰しては痛みが再発のサイクルを繰り返している状態。

ここ2週間は、痛みで運動を控えています。
今日は、

・屈伸すると90度ぐらいまで曲がるがそこからは痛くて曲げられない。
・患部はそっと触れる程度でもズキッとくる痛みがある


問診のあと、
施術にはいります。

骨盤調整。
冷えからくる内臓系の緊張。
フクラハギ、足底周囲の疲労。
肘付近の疲労、肘関節のズレを修正して確認。


「さっきよりずっと楽に屈伸ができます!」

さきほどは、90度ぐらいまででしたが、今度はしっかり下までいってますね。

「下まで行くと、まだ痛みが残ります。」


腰部深層筋郡の緊張、
身体のバランスの調整をして確認。


「あっ、なんか痛くなくなりました・・」

屈伸の痛みがなくなったので患部を触ってもらいます。


「まだ痛いんですけど、さっきよりずっとマシです」


再度反応する、腰部の深層筋の緊張を解除。
それにともなって、でてきた古いレイヤー反応を解除して確認。


「かすかに痛いけど、もうほとんど気にならないです」


腕との緊張連動を解除。
これでもうほとんど反応がなくなってきました。


「痛みが全然ないです。走ってみてもいいですか?」


外に出て100メートルを2本ほど走ってもらいますが特に痛みがでなかったそうです。

おそらくこれで大丈夫だと思います。

お腹の冷えの影響があるので、冷たいものを控えることと、夏でもしっかり入浴することをお勧めして終了しました。



「すごく気持ちよかったそうなのでもう一回みてもらってもいいですか?」


翌日にお母さんから、お電話で三週間後にメンテナンスのご予約をいただきました。











カイロ、鍼、整体、結局何が一番効くのか・・

2014.08.08 11:44|京都整体日記
「先生、カイロとか鍼とか、いったい何が一番いいのですか?」


たまにクライアントさんにそんな風にきかれます。


私は、整体師なので「整体が一番効く!!」と答えたいところですが、
実は、技術が高まれば高まるほど、技というものの意味はなくなってくるんです。


つまり、治すための技術というのは枝葉末節だということ。
言葉は悪いですが、”下手な人ほど技が多い”とも言えます。


本当に大事なのは、”体を診る能力”です。

身体を診る能力は天性のものもあると思いますが、たくさんのクライアントさんの体を丁寧に診ていくと、
少しずつ磨かれるものだと思います。

つまり、カイロ、鍼、整体、何が一番効くかというのではなく、誰がやっているか。
技ではなく、行う人によって効果がきまってくると考えています。












バレエとひざの故障。

2014.08.04 17:26|ひざの痛み
2年ほどまえに、半月板損傷で来院されたバレエダンサーのSさん。

「半月後に、バレエの舞台があるんですけど、練習してるときに痛み出して、我慢してやってたんですけど、もう限界っぽいです・・・」

「時間がないので、近くの鍼にいってみたんですけど、あんまり変わらない感じです」

確かに、片足を引きずるように歩いておられるので、この状態で毎日のハードなトレーニングはきついですね。

問診のあと、体を診ていきます。

骨盤、尾骨のズレ、腸骨、恥骨結合のズレを修正。
膝をかばって動かれてたからか、体のバランスがかなり崩れています。これらを丁寧に修正。
これで変化があるかいったん状態を確認。

「お!歩くのは全然痛みがなくなりました。曲げると、左はいいんですけど、右は膝の前と裏が痛いです」


ストレスからくる腹部の緊張層を解除。
舞台前の緊張からか、緊張量が非常に多いですね。
この緊張が下半身の複数の個所に連動しています。
解除して確認。

「あっ!曲げれるようになってきました!ちょっと股関節を開き気味にして曲げるとひっかかりがあるけど、かなりいいです」

再度腹部の冷えからくる緊張層を解除。
同様に、下腹部のストレス系の緊張を解除。

「大丈夫です。なんかボワーンとした感じがありますけど、いけそうです」



一週間後、二回目。


「前回やってもらった翌日は、踊ってみるとちょっとよくなったかな?っていう感じだったんですけど、その次の日ぐらいから、急激に痛みが引いてきました。」

「今は、違和感のみです。なんとか踊れそうですー!」


うーん、順調というか、すごい回復力ですね。
ちょっとびっくりしました。


今回も前回同様、全身のバランス調整、腹部の冷え系の緊張層の解除をメインに。
苦手な動き、腕の動きの硬さなど、動きの課題をいくつか教えてもらい、動きの修正を行いました。
これで本番は、質の高い動きができると思います。


「ありがとうございます。ほんっとに助かりました・・」


ひと月後にメンテナンスのご予約をいただいて終了しました。












ありがとうございます!

2014.08.02 10:24|京都整体日記
ajya.jpg


いつもメンテナンスでご来院のダンサーのNさんから、阿闍梨餅いただきました!

Nさん、ありがとうございます。





| 2014.08 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。