スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三角骨障害、手術の必要?

2015.03.27 14:36|足首の痛み

紹介で、宝塚からご来院のMさん。
中学2年生。
去年の末に、バレエの練習中に足首が痛くなり病院へ。
MRI等の検査で、三角骨障害と診断されました。

「骨が完全に遊離しているので手術が必要です」

といわれたそうです。
手術は避けたいので、他の方法を試してみますが、鍼、バレエ専門の治療院などにいっても
効果がなく当院に来院されました。

問診したところ、
足の他にも、

・腰をそらすと痛い
・右ひざを曲げると痛い
・肩凝り

などがあるようです。

身体全体をストレスからくる緊張が覆っています。
痛みを我慢して踊っておられるので、
緊張層がかなりふくらんで、痛みがとれにくい状態のようです。

内臓からくる腰部の緊張
ストレス性の全身の緊張
骨盤のゆがみ
股関節のゆがみなどを解除して確認。

「腰はすごく軽くなりました!反れるー!」
「足は・・あんまりかわってないです」

同様に蓄積した緊張層を反応がなくなるまで解除して最終確認。

腰痛はゼロ
右ひざもゼロ
肩凝りもゼロ
足の痛み10-6ぐらいまで変化して初回は終了。


2回目、5日後

「腰とか肩はもう大丈夫です。右ひざはちょっと違和感があります。」
「足はやっぱり痛くてあんまり変わってないです」

2回目も初回同様に緊張層の処理。

最終確認で、

ヒザ痛 ゼロ
足の痛み 10-4ぐらいまでの変化で終了。


3回目、

一週間後、

「足は前よりましになってきました。踊ると痛いけど、軽くてなんとか踊れます」
「膝は全然大丈夫です!」

なんとか、回復力が追い付いてきた感じですね。
もう一息かな。

緊張層の総量も減ってきた感じで、今回は最終確認で、
足は10-1(違和感程度)まで軽減しました。

4回目、
5日後、

「もう、足の痛いのはほとんど感じないです」
「練習も痛める前と同じぐらいの週6日やってますけど、大丈夫でした」

身体の可動範囲もあがっていて、
良い状態になってますね。

最終は、
動きのパフォーマンスも含めて施術して終了。


手術が必要かどうかは、わたしにはなんともいえませんが、
施術で、痛みのない状態を作り、
この状態でどれだけ運動しても安定していれば、病院でも手術を勧められることはないと思います。







スポンサーサイト

白黒コンビの昼寝。

2015.03.25 14:48|京都整体日記
sirokrozu.jpg



庭をながめて、ときどき昼寝。


白と黒、犬と猫なのに、だんだん行動が似てきた・・・







長年の腰痛の原因。

2015.03.22 16:27|腰痛

紹介で、滋賀県の米原からご来院のTさん。

30代女性。
10代後半のころからの腰痛で、時期によって強くなったり弱くなったりするが
ずっと腰の痛みには悩まされてる状態。

とくに、長時間座ってると、肩甲骨の下あたりにズキズキッという激痛が走る。
調子がいいときも、この状況は同じなので、
座り仕事はできず、なるべく立って動くような仕事にずっとついておられます。

今日は、状態はあまりよくなく肩甲骨の下からお尻まで全体的に
鉄板が入ったような感じ。

問診のあと、施術に入っていきます。

全体を覆っているストレス系の緊張。
下腹部の冷えを解除。

目から腰への連動を解除して一度確認。


「おしりから腰は軽くなりました。痛いのが上に上がったみたいです。背中と腰の真ん中あたりに芯みたいなのがあります」
「痛いところがはっきりしてきました」

腹部から緊張層がどんどんでてくるのでこれを解除。
全体のバランスを調整。
腰椎3の不調和を解除。

再度確認してみます。

「痛たたた・・・腰全体は軽くなったんですけど、骨のところの芯が一点だけかなり痛い」

全体のバランスをとって、この一点の痛みが3割程度残った状態で初回は終了。


2回目、10日後。

「やってもらってから、一週間ぐらいは、ほんとに自分の体かな?って思うぐらい軽かったです」
「でも、一昨日ぐらいにちょっと座ることがあってそこからまたちょっと痛みがでてきました・・」


まずまず順調な感じですね。

前回同様に施術していきます。

腹部のストレス系の背面への連動。
右股関節の可動。
臀部の緊張解除して確認。

「この前と同じ痛みがでてきました・・。」
「これって、たぶん中学ぐらいのときに、組体操で上から落ちた時に打った時の痛みに似てるんですよ!」

下腹部から患部への連動。
首、肩から患部への連動を解除して確認。

「今やってもらってるときに、ふっと楽になりました。ちょっと痛みの残像というかそんなのが残ってるだけです」


2回目はここまで。


3回目、一週間後。

「調子いいです。3,40分座ることがあったんですけど、なんとなーくじわっとしたぐらいで気にならなかったです」
「あと、今の時期花粉がきついんですけど、ここに初めて来てから鼻の調子がすっごくいいんです」

回復力がでてきたんですね。
もう一息。

もうほとんど反応はないので、
お仕事柄よく使う部分の疲労、花粉症。
座った状態での施術をして終了しました。

もともとの腰痛の主要因は、
子供のころに、組体操をして転落したときの打撲痕だと思います。
打撲痕の緊張に、
他の様々な緊張が連動し、多層になったので自然治癒しなかったんだと思われます。

長時間すわることにはまだ不安があるとのことだったので、
ひと月後にメンテナンスのご予約をいただきました。







バレリーナのオスグット。

2015.03.13 17:35|京都整体日記

名古屋から泊りがけでご来院のバレエをされてる中学生Mさん。

去年の春から、バレエの最中に膝が痛くなり、
コンクールや発表会の中、頑張って練習されてたのですが
夏ごろから、痛みのためにバレエができなくなり現在は休んでいる状態。

休めばよくなると思っていたけど、むしろ悪化して、現在は歩行するだけで響く。

病院や整骨院での治療で効果がなく、
名古屋のオスグットの治療院で5回ほど治療するが、
痛みは変わらず、難治性だといわれた。

・両ひざは同じ程度の痛み
・屈伸は90度以上はまがらない
・なにもしなくても寝てるとズキズキする

問診のあと、
施術の前に、身体の状態を診ていきます。
緊張層のボリューム自体はそれほど多くないようです。
確かにちょっと一般的ではないパターンですね。

緊張量は多くないので、
施術箇所や関連部位などを慎重にさぐっていきます。

右ひざと、骨盤、腰部との緊張連動を解除。
左ひざと腰部との連動を解除。

下腹部の内臓緊張が強く、
これが広範囲の各部位へ影響しているのでこれを解除。

一旦確認します。
怖いのか、かなりゆっくり動かれますね。


「えーっと、曲げるのは・・曲がります。大丈夫。でも伸ばす時に膝の裏が痛い」


左右とも同様に痛みが減っていってます。
頸部の古い緊張層、鎖骨のゆがみを解除して確認。

「軽くなってます。伸ばした痛みも・・・ない・・です。」

残っている冷えからくる下腹部の緊張反応を解除して再度確認。

「なんか、動きがスムーズで怖い感じもあんまりないです!」


初回は一旦終了。


翌日、2回目。

「歩いた痛みはなくなってました。階段も違和感はあるけどそんなに気にならないです」
「朝起きてから10分ぐらいは、膝がぎくしゃくしました」


冷えの影響が残っている現象なので、朝は今の段階では心配しなくてもいいと思います。
まだ、怖いのか、バレエの動きでの確認はされてないようです。

昨日同様、内臓系の緊張、
バレエの動きなど、残っている不安要素を想定して要因を解除。

「すごく軽いです。屈伸も痛くないです」
「膝の痛いところ押してもいたくないです!」


2回目はセルフケアコースなので、
お母さんも一緒に今後のケアの方法をお伝えして終了。

トウシューズなどを履いて、バレエの練習をしてみないとわからない部分もありますが、
これで問題ないレベルにはなっていると思います。


オスグットの専門院でも大半は大腿四頭筋へのアプローチがメインになるので、
四頭筋が痛みの要因として大きくなければ、”難治性”といわれることが多いです。

女の子のオスグットの場合はオーソドックスでないパターンがたまにありますが、
キチンとバランスが崩れる要因をとっていけば、早期に解決する場合がほとんどです。

もし、
今後また痛むようでしたらご来院いただくことにして
終了しました。








しろとくろ

2015.03.11 13:49|京都整体日記
shirokuro.jpg



我が家の白黒コンビ。

意外と仲良しでいっつも遊んでいます。



整体の考え方。

2015.03.08 10:30|京都整体日記

「なんで、足にさわってるだけなのに、肩凝りがなくなったり姿勢がよくなったりするんですか?」

クライアントさんにはよくそう聞かれます。

説明が難しいのですが、
一般の治療法の場合、
たとえば、骨盤が歪んでいれば、ゆがみと逆方向に圧力を加えて矯正することが多いと思います。

これが、たとえ弱い圧力であっても、
他の部位にはどんな影響がおこるのか術者には予測がつかないのが実際です。

歪みが起こる場合、
歪みを起こす原因がかならず存在します。
どこかから引っ張られない限り、ゆがみは生じないからです。

当院の施術は、そこに着目しているので、
ゆがんでいる部分ではなく、その原因にアプローチします。

そうすると、直接歪みに圧力を加えなくても、
原因されとれれば、
身体には元に戻そうとする力があるので、勝手に戻る。

こんなふうに調整しています。

一般的な整体は、変化を起こすために何かを行うという足し算の考え方。
当院は、原因をとれば前の状態に戻るという引き算の考え方でおこなっています。

引き算のほうが、安全で、
患部だけではなくカラダ全体が同時によくなっていくという利点があります。





闘い!!

2015.03.07 14:52|京都整体日記
zanzou.jpg


クメちゃんのロケットパンチ!!






あんみつ

2015.03.06 13:47|京都整体日記
みつばち


定休日の日、所要をすませてから、家人と河原町今出川下がるの”みつばち”さんへ。

ここのあんみつはおいしい。

素材の味がしっかりしているので、次は、白玉もあんこも杏もはいっていない、

シンプルな”豆かん”がたべたくなってきた。


来週もいこかな。









足裏のひきつるような痛み。

2015.03.02 18:16|足底筋膜炎
徳島からご紹介でご来院の50代女性Mさん。

去年の末から、足裏にひきつるような強い痛みが出て、
家の外にでるのがきついような状態。
お買い物も代わりにご主人がされてるそうです。

今日はご主人の運転で来院されました。

院内を歩行してもらって、痛みを確認。
確認するまでもないぐらい、びっこをひいておられます。

「左足の裏が痛いんですけど、今はかばってるのか、お尻のあたりもビリッと痛みます」

まずは、
お体の状態をみて、大まかに原因層をみていきます。
全体的にはそれほどひどい感じはないので、局所的な要因があるのだと思います。
あとは足底の痛み特有の内臓系の冷えが反応。

全体を把握したところで、施術に入ります。

骨盤の修正。
左股関節、右足首の緊張を解除。
これも冷えからくる内臓系の要因のようです。

ここで一旦確認。

「足裏は痛いです。あんまりかわりません。でもお尻は全然痛くないです!」


腹部の強い緊張層がなんども反応します。

「おなかに何かキズあります?」

「はい。えっと帝王切開したのでそのあとがあります!」

なるほど。
手術痕と腹部の緊張層の連動を解除して確認。


「あっ!なんか楽です。でも、痛いのがアキレス腱のあたりに移動したみたいです」

同じ個所からまだ緊張反応があります。

これが、股関節に連動しているので解除して確認。


「大丈夫です。すごい。全然痛くないです」

「私、帝王切開を二回やってるんです・・」


なるほど。
それで思ったより腹部の緊張が深かったんですね。

もう一回施術するか迷うところですが、
遠方なので、もしまた痛みが残ってたら来ていただくことにして、一旦終了しました。

あとは冷え取りをしっかりやっていただければ大丈夫だと思います。








通い方のめやす。

2015.03.01 10:00|京都整体日記

今年に入ってから来院された70代の女性。

去年の夏の終わりから足裏の痛みに悩まされ、
病院では、
足底筋膜炎と診断。

「骨棘が原因だから治らない」
と言われ、
隣町の整骨院に通院。


「必ず一ヶ月で治してやるから!」

といわれ、4か月ほど通い、ほとんど変化がなかったそうです。


息子さんのご紹介で来院されました。


結果的には、
週一回、計3回で痛みはなくなり、
毎日1時間の散歩がこなせるぐらいまで回復しました。


クライアントさんにはいつも言うのですが、
どんな治療法でも、1,2回通ってみて十分な変化がなければ、
それ以上は、10回通っても、50回通っても
通う頻度を毎日にしても、自然治癒以上の効果は期待できません。


それどころか、
余計に慢性化する可能性が高いと思われます。


継続するかどうかの判断は、2回ぐらいを目安に。
そこで効果がなければ違う方法を模索する必要があると思います。



| 2015.03 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。