スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日の休み。

2015.08.28 10:32|京都整体日記
11949296_682990551801004_5468272312721359389_n.jpg


休日の一日。

朝5時30分起床(猫に起こされる)
なっちゃんの散歩後、朝ごはんの支度。

今日のメインイベントは、MIHOミュージアムでの若冲展。
展示もいいが、ここは中のカフェ飯がうまい。
サンドイッチを満喫。

夕食は、くら寿司
シャリカレーに挑戦しようとして今日も挫折。
カレー食べた後、寿司食べるのもあれだし、
寿司食べた後カレー食べる気にもなれない。
メニュー落ちするまでに一回は挑戦したい。







スポンサーサイト

いただきもの

2015.08.25 09:21|プライベート


沖縄から数年ぶりにご来院のIさんに、
ちんすこういただきました。

わざわざ飛行機に乗ってきてくれるなんて、治療家冥利につきます。

頑張らねば。


イタズラがばれた時の顔

2015.08.24 14:43|プライベート

視線の向こう

2015.08.22 13:57|プライベート


ときどき、
何もない一点を見つめて
ちょっと怯えたような表情をするクメちゃん


何もおらんやろ?


怖いからやめて、、、



冷えと半月板損傷

2015.08.22 11:53|ひざの痛み
福井市からご来院のKさん。
中学一年生の陸上をされてる女の子です。

今年の1月に走ってる最中に膝を痛め、病院で半月板損傷と診断。
手術し、リハビリ後に復帰したが、ひと月ほどで再度膝が同じように痛くなったそうです。

お友達の紹介で来院されました。

歩行だけで足を引きずるような状態です。
屈伸も90度行かないぐらいで激痛。

初回。

施術しましたが、
毎日、お風呂の中で正座をするストレッチをされてるということで、
その防御反応が強く痛みは、10-8ぐらいまでしか取れず。

とりあえず、
痛い部分をストレッチすることは一切中止していただくことに。

2回目、
2週間後

「あれからストレッチをやめて、言われた通りゆっくりお風呂につかるようにしたら、歩くのは全然平気になりました。」
「まだ、屈伸は痛いです」

かなり楽そうに歩いてますね。
まずまずかな。

屈伸の痛みの要因を診ていくと、

・右足首の骨折痕の影響
・内臓の冷え
・腰の緊張(首との連動)

が主要因のようです。

これらを順序だてて解除して確認。

「あれ、曲がります・・・。」
「まだちょっと膝の下のところに何か挟まったような感じがあります」

ヒザの防御反応を解除
足首との連動を解除して再確認

「あっ、違和感もなくなりました」

階段の昇降をしていただいて、痛みが強くならないのを確認して終了。


いつもこのブログでもお伝えしていますが、
痛いところを、マッサージしたり、ストレッチしたり、筋トレしたりすることは厳禁です。

”痛み”というのは、”その部分を保護してください”という脳からのメッセージですから、
筋トレや、マッサージは回復を妨げてしまいます。

それをせずに、
毎日しっかり入浴し、冷たい飲み物食べものをとらないようにすれば、
ほとんどの慢性痛は軽減してきます。

今回も、痛みの原因は膝にはなにもありませんでした。











じっと立ってると腰と足裏がいたくなってくる。

2015.08.21 17:19|足底筋膜炎
ご紹介でご来院いただいた奈良のMさん。
立ち仕事をされてます。

2か月ほど前から、じっと立ってると、足裏がジンジン痛くなり。
そのままにしていると、だんだん腰も痛くなってきました。

歩行するとましになり、じっと立つとまたジンジンを繰り返すそうです。

「説明してもなかなかわかってもらえないんですが、仕事してると腰と足がジーンと痛くて」
「毎日だし、集中できなくてほんとに辛いんです」

問診のあと、お体の状態を診ていきます。

立位での腰は、
・右股関節の影響
・冷えによる腰の緊張

足裏は、
・内臓からの連動
・腰の緊張
・足の捻挫あとの影響

上記の大半は、
内臓の冷えからくるもののようです。
夏によくある、内臓系の冷え障害のようです。

要因は、
・飲み物
・エアコン

この2点だと思われます。

これらを、体の状態をみていきながら、
優先順位をつけて解除してきます。

「あれ、さっきまでたってるだけで腰が詰まった感じがあったのにないですね」
「足は、まだちょっとジンジンピリピリします」

再度内臓系の冷えが反応するので解除

「大丈夫になりました!」

冷えの影響がかなり強いので、
今はよくても、また、おなじ生活習慣だと症状が出てきてしまうと思います。

・冷たい飲み物を極力とらない
・入浴時間を長くする
・夜エアコンをつけてるときは、厚めのカバーソックスでサポートする


この3点をお伝えして終了しました。

これだけまもっていただければ、
症状は消えて安定してくるうと思います。





内側半月板損傷

2015.08.18 18:00|ひざの痛み
大阪からのNさん

40代女性。

学生のころから今も卓球をつづけておられるが、
今年の初めごろに、練習後に激痛におそわれる。

病院では、はじめ、「変形性膝関節症」と診断。
練習をいったんストップして、
近所の整骨院で治療するがあまり状態はかわらなかった。

あまりにも改善がおそいので、別の病院でMRIをとる。
ここでは、
「内側半月板損傷」と診断される。

手術を勧められるが、手術は抵抗があったので、
同じ卓球仲間のSさんの紹介で来院されました。


「卓球をはじめると、もうずっといたいんですが、
今は、休んでいるので痛くはないんです。

じーっと立ってると、ジワジワッと痛くなってきて
そこからはもうずっと痛い感じになります」

「今日は、腰がなんかギクッといきそうな不安感があります」

なるほど。

膝に関しては、
体の深い層に症状が潜んでるパターンのようです。
問診のあと、お体の状態を診ていきます。

表層は、腰以外には目立った可動域の現象などはなさそうです。
この表層の緊張の下に、症状の本体が隠れていると思われます。

腰は、

・腰の筋肉の緊張
・右股関節の影響
・内臓系の緊張

バランスを取りながら、これらを解除していきます。

一旦確認。

「あ、腰はすごく軽くなりました。不安感はないです。
まだちょっとだけダル重いですけどそんなでもないです」

このあたりから、
徐々に体全体の可動域がおかしくなってきます。

表層の緊張をとったために、
深層の緊張が表面化してきたんですね。
こっちのほうがはるかに量が多いです。


「先生、なんか、ちょっと膝が痛くなってきました。
全体的に重いです」


内臓の冷えからくる左肩付近の緊張
内臓からくる腰の緊張
右股関節の不調和
冷えからくる下半身の緊張

これらを解除して確認。

「あ、軽くなってます・・。」
「ひざも、軽いです。さっきまで曲げると膝の中がグニュって動いてたんですけどそれがないです」


これで大丈夫だと思います。

あとは、温めをつづけていけば自然治癒するレベルですが、
一寸でも早く治したいとのことだったので、10日後にご予約をいただいて終了しました。










なっちゃんの仕事

2015.08.15 16:26|京都整体日記
fc2blog_201508112153175eb.jpg


なっちゃんの仕事は、

工房でのパトロール。

怪しげな人が来ないか。

いつも窓の外をみながら、

家人を守ってくれている






お盆休みのお知らせ

2015.08.12 08:08|プライベート


12、13、14の三日間お休みをいただきます。

お休みの間は、ご予約はメールのみ受付させていただいております


(写真は今朝の収穫)



福ちゃんの朝ごはん

2015.08.09 14:45|プライベート




福ちゃんも、夏バテで食欲がないのか、

朝、カリカリを食べずに遊びに出た。

大丈夫かなと、庭を眺めてると、福ちゃんがなにかガサゴソやってる!

見に行ってみると、

なんと丸々と太ったスズメを仕留めて、モシャモシャと食べてるではないか!!

すごいな。


ハンターやな。












夏バテ。

2015.08.08 13:43|京都整体日記
fc2blog_201508080612350fc.jpg


すっかり夏バテぎみのクメちゃん。

黒猫の福ちゃんは暑さにはやたらと強いので、

今日も外に遊びに行ってなかなか帰ってこない。

冬は立場が逆転する。








膝痛のリハビリについて。

2015.08.06 16:25|ひざの痛み

膝痛でお困りの方で一番多いのは、

”筋トレで悪化させてる人”

なぜか、世の中の大半は、
”膝が痛いときは、膝の周りの筋肉を鍛える”という方法を取ることが多いです。

筋肉の強化自体は、いいとも悪いともいえないですが、

少なくとも、”痛いとき”はやってはいけない。

筋トレというのは、痛みがない人がおこなうというのが前提なんですね。


痛いということは、
”何もしないでそっとしておいてください”という脳からのメッセージですから、
それに逆らうと、”痛みが強くなる”という結果になってしまいます。

ごくあたりまえのことなのに、

不思議なぐらい筋トレ信仰はなくならないです。







涼みに。

2015.08.04 13:48|京都整体日記
fc2blog_20150803222012189 (1)


暑さでハアハアいってるなっちゃんをつれて、琵琶湖に流れ込む小川へ。

比叡山から流れてくる冷たい水の中を、ご機嫌さんであるくなっちゃん。


今度の休みは、早起きして、もうちょっと大きな川に連れてってあげよう。








なぜ、無痛施術をするのか その4

2015.08.03 10:24|こんな整体をやっています

無痛で、無圧に近い施術を進めていくに、

正確性というのが必要になってきます。

圧を加えれば、症状方向性がズレてても、体には何らかのインパクトがありますから、
変化がおこります。

しかし、
圧がない場合、少しでも間違えば、”何も起こらない”ということになってしまいます。

慢性痛の体の不調とは、”緊張の蓄積”といっていいと思います。
これらが積もり積もって、ゆがみやコリの原因になり、やがて自覚症状に発展します。

無痛の技法の場合、

これらを、上からとっていかないといけない。
つもったものを、減らす必要があります。

つまり、引き算ですね。

無痛の施術というには、
つもりつもった疲労を引いていく、減らしていく作業。

積もったものがなくなったら、
積もる前の状態に戻るということになります。

ほとんどの方は、
この状態になると、

・自覚症状がなくなる
・疲れにくくなる
・回復がはやくなる

のような状態になります。

引き算の施術の利点は、
”痛みをとる”ということだけではなく、

疲れにくくなるということでもあります。

また、肩も痛くて、膝も痛くて、腰も・・というような
複数の痛みも、
痛い部分に触れることなく、
ほぼ同時になくなっていくというのも、
利点ですね。









閑話休題

2015.08.01 10:15|プライベート



庭で家人が見つけた玉虫

生きた玉虫は本当珍しい。

小さいころ、近くにいた虫は、ダンゴ虫やコウロギなど、

微妙な虫が多かった。

玉虫なんて、図鑑の中でしか見たことない大スター。

大人になった今でもテンションが上がる!










| 2015.08 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。