スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体内旅行

2016.01.29 16:30|京都整体日記
奈良市からのNさん。
月一のメンテナンスで来院されています。

ものすごく、ニコニコしながら、ベッドで目をとじておられます。

「Nさん、どうしはったんですか?めっちゃうれしそうですけど・・」

「え?今から体内旅行やなーっておもうとにやけてしまいました」

「体内旅行?」

「うん、先生の治療をうけてると、すごい幸せな気持ちになったり、お腹の中があったかくなったり、
昔痛めたとこが痛くなったり、ジンジンしてきたり・・」

「毎回やってもらうたびに、体の中でいろいろ起こるんでそれが楽しみなんですよ!」

「この感覚をあじわいに毎月きてるようなもんです。終わってからも2,3日つづくんですよ!」


なるほどー。

いろんな楽しみ方があるんですね。
圧力を加えないので、何も感じないという人もおられますが、
Nさんみたいに、体に意識を向けてると、

緩んでくる感覚や、まっすぐになっていく感覚、
昔の痛みや違和感、骨の動くかんじなども感じられて、
けっこう気持ちのよいものなんです。

こうやって身体が変わる感覚を楽しんでもらえるのはうれしいですね。




スポンサーサイト

足裏の痛みはなぜ取れにくいのか。

2016.01.25 13:49|京都整体日記
踵が痛いという人が、意外にも多くおられます。

一般的に足底筋膜炎といわれる人が多いですが、
これが非常に治りづらい。

当院に来院される方でも、5年まえから、とか10年前から痛いという人も少なくありません。

なぜ、そんなに治りづらいのか。

まず、踵というのは、人の体重の大半を支えるところ。
でも、ほとんどの人は痛みを感じません。

それだけ、カカトは鈍感な部分でもあります。
その踵が痛くなるというのは、
肩凝りや腰痛に比べて、疲れのたまり具合が非常に強いということ。

全身に疲労がたまりきった状態の人が発症します。
だから治りづらい。


もう一つは、
歩行時に必ず地面についてしまうからだと思います。

肩や腰などは、痛めていても直接体重がかかることはありませんが、
踵の場合は、体重と固い地面とに毎回接触する。

これで、防御反応が起こって治りづらくなります。

足裏を痛めてる人は、
極力分厚くて柔らかいインソールをいれて、
患部にかかる圧力を分散するのがいいと思います。

くれぐれも、
ストレッチやマッサージはしないでくださいね。



いただきもの

2016.01.23 16:38|いただきもの




月一で、お身体のメンテに来院されるSさんに
俵屋吉富の福まめをいただきました!


朝のお茶の時間にいただきました。
15年ほどまえ、
大阪からでてきてびっくりしましたが、
京都の和菓子は本当においしいですね。

いつもありがとうございます!


見守る

2016.01.21 00:07|プライベート


泣いてる
ハルちゃんを心配そうに見守る”なっちゃん”










2016.01.20 09:49|プライベート


今日は我が家も10センチほど
雪が積もってる

足元に気をつけてご来院ください。

来院が不安な方は、遠慮なく日時を変更してくださいね。


お茶の時間

2016.01.17 17:03|お茶の時間


今日の我が家のお茶の時間は
頂き物のたね屋の「つぶら餅」

これでソースがかかってたら、
完全ににタコ焼きだ。


いただきもの

2016.01.15 15:32|いただきもの


福井県からご来院のSさんに、
お土産いただきました!

ありがとうございます!!


赤ちゃんのこと

2016.01.13 10:27|プライベート



家人と、もうすぐ生まれて3か月の”ハルちゃん”
となりでみていて思うのは、やっぱり母親と父親は決定的に違うということ。

家人が抱くのと、私が抱くのは違う。
家人が抱くと、それだけで”ハルちゃん”が緩む。

慣れとか、抱き方とかとは違う根本的な違い。
体は分かれているけど、まだ、完全には分化していないんだなと感じる

”おとん”としての私にできるのは、
家人がイライラせず、楽しく子育てができるような環境をつくること。





肘がのびない。

2016.01.11 11:03|肩こり

奈良県からご来院の中学生のSさん。

小学校の高学年から、なぜか、肘が曲がって右肘が曲がってきて、
今は”くの字”から曲がらない状態。

あとは、右ひざの痛み。
これは病院で半月板損傷と診断されてるそうです。

部活でのプレーにも支障があるので、
部活の顧問の紹介で来院されました。

今日は、

・肘の曲がり
・右ひざの痛み

さっそくお体の状態を観ていきます。

全体的には、下部の内臓系の緊張の影響が強いようです。
あとは、右手首、右肩甲骨周囲の緊張

膝は、腰部からの連動も関与しています。

これらを含む緊張層を順序良く解除していきます。

肘は、寝た状態で確認できるので、一旦肘を確認。

「あれ、なんか軽くて伸びやすくなってます」
「まだちょっと左とは違います」

右手首に集中した緊張があるので、これらの連動を解除。
下腹部内臓系の緊張も解除して確認。

「あっ、左とあんまり差がなくなってきました」

立っていただいて、膝の痛みも確認。

「曲げきると、膝の裏が痛いです。けど曲がる!」

腰部、股関節の緊張を解除して再確認。

「膝の痛みはないです。でもなんか、全体的に足が重くなってきました」

ピンポイントのストレス系の緊張を解除。

「あれ?重さもないです・・・」

こういう整体がはじめてなので、だいぶ不思議そうな顔をされます。

初回は一旦終了。


2回目、一週間後。

「あのあと、帰りに車の中でちょっとヒザが痛かったんですけど、すぐに収まりました」

「部活の練習をすると30分ぐらいで痛みがでてきますけど、曲がるし、ずっと楽です」

「肘は、もうちょっとだけ伸びない感じです」

前回同様に、
冷えから来る内臓系の緊張を中心に抜いていって確認。

「あ、うん。肘伸びました!」

「ヒザは、痛くないんですけど、なんだろうな、
ちょっと何かがはさまってるような変な感じです」

少し残っていた内臓系の緊張解除。

「挟まってる感じなくなりました!」

肘は、昔に骨折した手首の影響が強かったようです。

それが、冷えからくる内臓の緊張や、
部活での腕の疲労などが重なって曲がってきたようです。

これで温めにきをつければ問題ないと思います。







我が家の風景

2016.01.08 17:15|プライベート


ある日、
疲れて家に帰ると
大相撲がはじまっていました。



ご紹介

2016.01.07 10:28|プライベート


今日もご紹介の新規の方が3名来院されます。

こんなよくわからない整体を
紹介していただいて本当に感謝です。

「先生!どうやって説明したらええかようわからんから、
いっぺん行ってみ!ええから。行ってみなわからん!不思議やねんっていうてるねん」

はじめての経験って、説明するのも難しいし、
説明される側も、自分の中の経験と置き換えられないので理解が難しいのだと思います。


新年明けましておめでとうございます

2016.01.06 13:57|プライベート


家族で寝正月を満喫いたしました。
エネルギーもしっかり充電して
本日から営業致しております!

今年もよろしくお願い致します。


| 2016.01 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。