スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坐骨神経痛

2011.05.08 10:20|坐骨神経痛

70代の女性。

上京区から紹介でこられた。


50メートルほどあるくと、強い痛みが御尻から足先まででてきて、休まないと歩けなくなるという症状。

病院では坐骨神経痛と診断されて、手術するかどうか一ヶ月ほど様子をみている段階。



歩いているとひどくなってくるが、立っているだけでも御尻に常に痛みがある。


その痛みにいったん照準をあわせて施術開始。




今回は、施術方法をすこし変化させて、やってみる。



複雑にやっていたところを、よりシンプルに。


4,5分で反応がなくなってきたので、たってあるいてもらうと、



「痛みがなくなりました」



次に、歩いたときの痛みに照準を合わせて施術。


これも5分ほどで反応がなくなる。


大丸まで歩いてもらってかえってきていただくが、

「今の距離では痛みはないです!!」とのこと。





2回目、


「かなりよくなりましたが、まだ、30分以上あるくと辛いです」



前回と同じ方法で、30分以上歩いたときの状態を想定して施術。


これは、確認のしようがないので反応がなくなったところで終了。




3回目、



「買い物で2時間ほどあるきましたが、全然違和感もなかったです」


御尻、脚の痛みの反応はもうなくなっていたので、

他にもあった肩のだるさなどをゆるめて今回で施術は終了。




「もっと早くきておけばよかったですわ」



今回は短期間で完全な状態にもどすことができて、いい感じでした。







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。