スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半月板損傷 

2011.09.12 11:38|京都整体日記

奈良県から、半月板損傷と診断されたMさんが来院。


左の膝が痛くて屈伸ができない状態。


バレーボールをされているので一日も早く復帰したいと同じチームのAさんの紹介でこられました。



左の屈伸の痛みは、上半しんの骨格の調整でOK.


痛みを確認すると、


「すごい!痛くないです・・・でも右が痛くなってきました!」



と、今までなかった右の痛みが発生。


膝にはふれずに施術したので、もともと隠れていた痛みが顕在化したのか。




右を診てみると、筋肉の緊張反応が無数に、ストレスの反応と絡み合ったような状態になっている。


これを地道に一つ一つとっていく作業。



途中、確認すると、


「膝の痛みが軽くなってきたけど、太ももとフクラハギがドスンと重いです」



30分ちかくかかって、ここ4,5年の間にたまっていたとおもわれる心身の疲労をぬいていく。




これで確認



「あっ!痛くないです。すごく軽くなりました!」



これだけ複雑だとまだ底に原因が残っている可能性もありますが、

なんとか痛みは取りきれたので一安心。






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。