FC2ブログ

女子のオスグット病

2012.02.05 10:25|オスグッド病(成長痛)

紹介でご来院のバスケ部のAさん。
一年ほど前に右脚がオスグットになった。

「治るもんではないので、我慢しながらやるしかない」

そういわれてやっていたが、だんだんひどくなり、両脚ともいたくなってご来院。


女子のオスグットはとれにくいといわれることがありますが、

男子とは原因から悪化までのメカニズムが若干違うだけなので、アプローチの仕方さえ間違えなければ問題はないと思います。


内臓系からの緊張、抗重力筋群の緊張を解除して確認。


「あれ!両脚とも屈伸できます。痛くないです・・・」


押した時の痛みがまだ残るので、それを施術。
なんどか繰り返していると患部からアイシングによる緊張反応がでてきたので、それも解除して確認。


「おー!!おしても痛くないです!」


なかなか痛みがとれないイライラが募っているのか、ストレス反応が強いので安定するまでに3回程度はかかりそうです。


2週間後ぐらいには、完全に運動に復帰できると思いますのでそれまでちょっと我慢してくださいね。










スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

| 2019.10 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ