スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭と身体

2012.02.09 10:25|オスグッド病(成長痛)
関節症が治りにくい根底には、頭と体の分離があると思います。


人間は、脳がすべてで、体は自分の思うようにコントロールできると思い込みがちです。


本来、痛みがでたら温めるだけでじっとしていれば良くなるものを、

自分で揉んで壊す。

冷やして壊す。痛い部分をトレーニングして壊す。


そうやってどんどん治らない方向へ自分、または他者がすすめていきます。


これがほかの動物なら、傷口をなめるだけで、あとは治るまでじっとしていると思います。

その点で動物のほうがはるかに人間よりも賢い。


人間も動物の端くれですから、強力な自然治癒力があります。

自分の生命力、治癒力を尊敬して、ただじっとしてれば治るのにといつも思ってしまいます。






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。