FC2ブログ

O脚の調整。

2012.03.31 14:35|京都整体日記


「右のお尻から太ももが座ってると激痛が走るので座ることができないんです」


ひどい坐骨神経痛でお悩みの女性Dさん。

尼崎からですが、座ることができないので立ったまま電車で来院されます。



体を診ていくと、いつも行く治療院で太ももを強く押してもらってるそうで、そこから防御系の反応がたくさんできます。

表面の緊張の層をとりきって、特定部位の関係を調整して確認。


「立った痛みはなくなりました!でも座るとつったような張りがあります」


ストレス系の緊張を丁寧に抜いて行って確認。


「あ、違和感程度ですね。そんなに気にならないです」



歩行時の痛みのチェックをしようとすると、明らかに歩き方がかわっています。



「あれ、Dさん、O脚が治ってますね??」


「えー!!ほんまやあ。体重のかかる場所もぜんぜん違う」



施術は基本的には患部をどうにかするというよりは、体に記憶された緊張をとっていく作業です。

緊張をとっていく過程で、今まであった肩凝りだったり、O脚だったり、花粉症だったりが変化し、

比較的症状のお浅いものからなくなっていきます。



肝心の神経痛ですが、押したことによる影響が強いだけのようで、あと2回ぐらいで問題なくなりそうです。






スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

| 2019.10 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ