スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムズムズ脚症候群

2012.03.31 15:47|坐骨神経痛
紹介でご来院のTさん。

むずむず脚症候群で悩んでおられます。

むずむず脚症候群というのは、下肢静止不能症候群ともよばれます。
脚になんともいえない不快感があって眠れなくなったりする症状。
発症部位も、脚だけとはかぎらず、腰や背中に出る方もおられます。


Tさんの場合は、睡眠時だけでなく、通勤時など座っていると、足から腰までが痛みや、虫が這っているいるような違和感があったりするそうです。


さっそく診ていきます。


体の中を診ていくと、他の関節症などと比べてそれほど変わったパターンではなさそうです。
内臓系の緊張、関連部位の調整、多層になったらラインの調整。


症状自体はこの場で確認できないタイプなので、体が要求する限り施術をいれていきます。



一週間後 二回目


「痛いのが、足裏だけになってきました。足首から上はかなり楽になりました」



まずまず効いてる感じですね。

前回に比べると緊張の層も少なくなっている感じで、残っているものを見つけ出して処理していきます。


三回目


「足の痛みはほとんどないですが、むずむずはちょっと残ります。今週は腰がムズムズしてました」


隠れてたストレス系の緊張がでてきたので、取りのこしのないように解除。



四回目


「脚や腰は大丈夫そうです。立ち上がる時に膝が伸びなくなるのがでてきました」


可動範囲と痛みを交互に消していって確認し、伸びなくなるのもなくなったので、今回も終了。




あとは自然治癒にまかせても大丈夫そうなので、一か月後にメンテのご予約をいただいて、

施術は終了しました。















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。