スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩凝りと踵の痛み。

2012.10.14 15:32|坐骨神経痛

ご紹介で神戸からご来院のSさん。


長年のひどい肩凝りと、半年前からの踵の痛み。

朝起きるときに強く痛むのと、日中でも5分と立っていられない。

料理も休み休みやらないと痛くてできない日々が続く。



さっそく体を診ていきます。


痛みの強さとは裏腹に、それほど複雑ではない感じですね。

患部への刺激のあとが結構残っています。それらを取りきると奥の原因がみえてきます。

腹部の緊張層が主な原因になっているようで解除して確認。



「あれ、歩いてもそんなに痛くないです。違和感ぐらいになりました」

「肩はあまりかわってないです。右側が特にこっています」



思った通り足裏の症状は取れやすいですね。

肩はまた別の症状のようで肩にもアプローチ。


頸椎の2,3あたりと、肩甲骨の不具合。

”10日に一回はいっています”というマッサージからの防御反応を取り除いて確認。


「肩が軽くなりました!えー、なんでやろ、肩に触ってないのに・・」


なんどか同様の施術を繰り返し、取りのこしをとっていくことで、



「大丈夫、肩も足も、問題なくなりました」



時間があまっていたので、外を10分ほど歩いてもらって確認しますが今のところはOKのようです。



肩、足とも二週間ほどあとにもう一回やれば問題ないと思います。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。