スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オスグットとシーバー病。

2012.10.17 17:52|オスグッド病(成長痛)

以前腰痛で来院されてたRさんの息子さんがオスグットとシーバー病で来意院された。


サッカー少年で休むこともできないので、そのあたりも考慮しながら施術。



症状自体は、内臓系の緊張が主だったが、運動量が非常に多いので、

回復力が追いつくかどうかが判断のむずかしいところ。



初回、体の状態から、施術は3回で終了とみていたが、3回目の時にはシーバー病の痛みは消えていたが、

まだ、オスグットの痛みは継続していた。


4回目、


「この前やってもらって、2日後ぐらいからもう痛みがほとんどなくなりました」

「あとは、昨日の筋トレで、全身の筋肉痛ぐらい」



4回目は、体のパフォーマンスを上げる施術と、筋肉痛をとりきって終了。


結果的に施術の予測がしっかりあたっていたのでよい感じですね。





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。