スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろんな治療を同時に受けることの弊害。

2012.10.19 17:53|京都整体日記


鍼やマッサージ、整骨院など関節痛にアプローチする院は非常に多くあります。

鍼や整体にも無数の流派があり、症状の改善が目的といってもアプローチの仕方はさまざまです。


山に登るのにいくつもの登山口があるのと似ています。


たとえばAとBという治療院に並行して通った場合、AとB、両方の効果があらわれるとはかぎりません。
A院とB院でのアプローチの違いによってかえって症状の改善が遅れる場合があります。


基本的には通う場合は一つのところにしぼるのが一番効率よい方法ということになります。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。