スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝にはさわらないのに。

2012.12.27 18:24|ひざの痛み

浜松から二回目のご来院のSさん。

約一か月ぶりです。


初回は、歩行、屈伸ともに膝に痛みがあり、お尻から足までがしびれた状態でした。

今日は、歩行は問題なさそうですが、屈伸時に膝の内側に痛みと、お尻のしびれがのこります。
足のしびれはないようです。


問診のあと、施術に入ります。


前回よりは全体的に緊張層が少なくなっている印象です。

よい状態をキープできているようです。


内臓系に冷えからくる緊張が多数あります。
これらをまずは解除。同様に腸骨付近のノイズも解除。

膝は腰の上の方と連動しているようです。


内臓系の緊張を解除すると、残っていた緊張層がまたでてきます。
このような作業を複数回繰り返して確認。


「屈伸の痛みはほとんどないですね。まだ内側にちょっとだけ違和感があります!」


屈伸するときに、かなり盛大にパキパキッと細い枝を折ったような音がなります。


骨盤周囲の重心の調整、肩甲骨の修正をして確認。


「ん!ほとんど感じないです!お尻も脚も問題ないです。」


念のために階段を昇降してもらいますが、問題なし。

あとは、残る反応を取りきる施術。


前回診た時に、予測していた原因を含む緊張層の到達点に達したので施術は終了しました。



「それにしても、膝に全くふれないのにすごいですねえ!」


喜んでいただけてよかったです。

施術は全体の調整ができれば局所の痛みはなくなるはずなので、

逆に膝に触れるほうが不自然だともいえると思います。










スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。