スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背中が棒のようになる。

2013.02.18 16:59|京都整体日記
宝塚からご紹介でご来院のSさん。30代女性。


4年ほどまえから、腰にハリを感じるようになり、それが徐々に悪化。

いまでは、腰が痛いというより右側の背中が腰から肩まで一本の棒のように固まってしまい眠るのもつらい状態になったそうです。


「腰が痛いというよりは、なんて表現するんだろ、腰を雑巾のように絞られているような何とも言えない苦痛があります」



確かに歩き方をみても、右側がつっぱって右側のみに重心がかかっているようなかなり不自然な状態になっています。

鍼に二か月ほど週に2回ほど通うがほとんど変化がない状態。



ちょっと難しそうですが問診のあと体を診ていきます。


予想通りというか、ストレス系の緊張が内臓系に堆積しています。


かなり膨大な量なので、このストレス系の緊張がどこまで解除できるかが勝負のようです。

これらの緊張を一定量解除して確認。



「うーん、よくわからないです。あまり変わってないかも・・」



腰に直接強い刺激の治療をうけすぎたせいもあって感覚が少し鈍くなっているようです。

肩甲骨の連動の不具合を調整して再確認。



「あれ、腰より上は楽になりました・・腰はあまり変わらないです」


施術と確認を繰り返して、


「腰に芯が残っていますが、来る前よりは軽くなりました」


ここで初回は終了。




2回目。一週間後。


「治療していただいた日は12時間ぐらい寝てしまいました・・。ずっと不眠ぎみだったのにびっくりしました」

「あと、便秘がひどかったのがお通じがスムーズになりました」


歩き方も前回よりはずっと柔らかい感じになっています。

体をみても、前回に比べると蓄積量がかなり減っています。

代わりに反応の主が冷えになってきました。


これらを解除して確認


「はい。楽です。楽に歩けます!」


うしろから歩行観察をするとまだ若干の引っ張り感はありますが今回は終了。




3回目 2週間後


「内臓がねじれるような苦しさがもう全くないです。腰が張ってるぐらいです」


歩行してもらいますが以前ほどではないですが、まだゆがみ感はあります。

現在進行形のかなりつよい精神的なストレスがあるみたいなので、その影響がなかなかとれないようです。


今日は解除する分も少ないので施術は15分ぐらいで終了。




「身体がもう10年ぶりぐらいですっごい軽いです。」

「ダンスのお稽古にも復帰できそうです」



進行形のストレスが自律神経を刺激して緊張が発生しているので、

また一か月後にメンテナンスのご予約をいただきました。

生活の環境をかえるのは難しいので、メンテナンスをしながら、整体でストレス耐性をつけていく方向でやってきましょうと提案させていただきました。










スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。