スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分で悪化させるケース。

2013.03.18 13:21|京都整体日記
三重県からご来院のNさん。


2年前に右の半月板を損傷、手術して痛みがある程度とれたが、今度は左に激痛が走り、病院の検査でこちらも半月板が損傷しているといわれた。


歩行でびっこを引いておられます。



問診のあと体を診ていきます。


骨盤に多層にノイズが入った状態なのでこちらから解除。
股関節、ヒ骨にもノイズ。


カウントアップしながら、反応する階層で骨格を調整していきます。


子供のころからずっとサッカーをしていて今年で40歳だそうですが今も続けておられます。


ずいぶん無理をしてこられたのが体から伝わってきます。


一旦痛みの確認。

「あ、なんか軽くなってますね。曲げやすいです」


あれ?
本来なら痛みが10段階の2ぐらいにはなってるはずなのですが、それほど大きな変化はないみたいです。


「患部をマッサージしたり、筋トレとかしました?」


「はい。筋トレはいつもしています」
「あと膝のまわりを風呂上りにマッサージしています」


なるほど。
だから体が患部周囲に防御反応を起こして痛みがとれづらくなってるんですね。


反応する骨格調整をくりかえし、
患部の防御反応を消去して確認。


「ああ、楽です!最初の半分以下ぐらいになってます」


これ以上は防御反応で取れないので初回は終了。


症状からみて、本来このケースなら1回で終わるレベルですが、ご自身で患部を筋トレして悪化させてしまっているので3、4回ぐらいはかかりそうです。


痛みがあるときは、

・痛い動作をしないこと
・患部をマッサージしたりストレッチしたりしないこと
・普段からしっかり入浴すること

この3つを守るようにすれば比較的簡単によくなっていきます。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。