スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンスプリントと患部の治療。

2013.04.08 12:17|シンスプリント

今日で、3回目のご来院の福井県の高校生Mさん。


水泳をされてますが、去年の秋ごろから両足の脛と足首が痛くなりシンスプリントと診断されました。

痛みでバタ足ができない状態なのでここしばらく部活は休んでいます。



4月末に大会があるそうなのでそれまでになんとかということで来られました。

前回の施術でバタ足の痛みはほぼなくなり違和感程度になっていたので、

3回目の今回で終了の予定です。



「足の痛みはどうですか?」


「・・・凄く痛いです。歩くのも痛いし、何もしてなくてもジンジンする感じです・・」




あれ?ちょっと予想外ですね。

体を読み間違ったのか・・・さっそく診ていくことにします。



各階層、連動、内臓系の緊張などをチェックしていきますが、痛みの強さに比例するほどの反応がありません。


むしろ見る限りは前回よりははるかに良い状態・・。


若干骨盤周囲の変位があるので、それらを調整して確認。



「寝てるだけでも痛いです。ジンジンします・・」



どうも前回から今回までの間に患部にかなり強い刺激が加わったようです。


「急激に運動したり、どこかにぶつけたりしました?」

「いいえ、してないです・・」

「何か別の治療をされましたか?」

「・・・はい。知り合いに教えてもらって鍼に行ってきました・・一日でも早く治ったらと思って・・」



なるほど、それによる外部刺激の反応のようです。

詳しく聞いてみると、蜂のハリで患部をかなりの回数刺激する治療で治療自体もずいぶん痛みがあったそうです。




ズボンを上げて、患部を診てみると、患部の周囲が変色しています・・・。



とりあえず、患部の防御反応をとっていくしかないですが、患部が刺激による怪我のような状態になっているのできびしいと思います。


動きを確認しながら防御反応をとりきって確認。


「ジンジンするのはなくなりました。でも歩くとまだ痛いです・・」



痛みの程度としては、10-6ぐらいまで変化。

外傷のような状態になってしまっているので、回復するのには安静にして一か月程度は必要だと思います。


一か月経過するまで、当院でできることはもうないと判断したので施術は一旦中断という形になりました。


今日で終了予定だったのに残念です。













スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.02 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。