スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両腕、両脚のしびれ。

2013.05.15 18:07|京都整体日記

姫路からご来院のFさん。

2年ほど前から両方のお尻から、脚がしびれるようになる。

日中はまだがまんできるが、仕事帰りは2,30メートルに一回は休憩しないと歩けない状態になる。



あとは、5年ほどまえから首が痛く両腕から指先までがしびれてる状態。

病院では頸椎がつぶれているのでどうしようもないといわれた。



「もう首と腕はあきらめてるので、今日は脚のしびれをお願いします」


問診のあと、体を診ていきます。


内臓系のストレスががまっさきに反応。

ついで腰付近の強い外部刺激が反応。



「もしかして、腰をマッサージしたりしてませんか?」

「え、はい。3日まえにマッサージにいきました。自分でも腰にテニスボールを当ててグリグリやっています」


なるほど、強い防御反応の正体はこれですね。

ちょっと痛みをとるのがむずかしいかもしれません。


カウントアップをしながら、骨格調整を繰り返して確認。



「うーん、腰はあんまりかわらないですね。でも脚のシビレは半分ぐらいになったかな・・」


腰の防御反応が、頻繁に反応します。

定期的に刺激を入れておられる感じです。


同様の施術を粘り強く繰り返して再度確認。


「腰の痛いのはあまり変わりません。シビレはさっきよりもかなりよくなりました」


「首と腕のしびれはどうですか?」


「えっ?あ!頸は全然痛くないですね。シビレもほとんど感じないです!」



頸は、病院から危ないので触らないように言われてたそうで、非常にとりやすい状態みたいです。

腰はマッサージとボールで刺激を入れているので、それらを中止して2週間後ぐらいに施術をしていけば、2,3回で安定してくると思います。



身体は、痛みを発して患部を守っているので、体のサインを無視するようなケアをしないことが回復させるうえで一番重要だと思います。






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。