スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾てい骨の痛み。

2013.07.21 16:02|腰痛

明石からご紹介でご来院の高校生Sさん。


4か月ほど前から、座っていると尾てい骨が痛くなってきた。

バレー部でジャンプやジョグで強い痛みがでるようになり、今は部活は一応参加しているができることだけをやってる状態。


問診のあと、体を診ていくことにします。


痛みがある状態でバレーを続けているので、ちょっとこじらせてしまっているようです。


骨格系のバランスを調整。
側頭骨、仙骨、股関節、ヒコツを調整して確認。


「椅子から立ち上がる時の痛みはなくなりました。ジャンプするとまだ同じぐらい響きます」


消化器系のストレス性の緊張。

再度、骨格のバランス調整をして確認。


「ジャンプした時の痛みは、だいぶマシになりました。まだ奥の方がちょっと響きます」



カウントアップをしながら、反応した緊張層を消去。


下腹部のストレス系の緊張を解除。


「ジャンプした時の痛みがないです!」

「あれ、尾骨を強く押すとまだちょっと痛いです」



再度診てみますが、特に疼痛の原因になるようなものはなくなっています。

おそらく痛い動作をくりかえしたことによる痛みのようで、これは5日ほどは運動を控えないといけないと思います。



2回目、一週間後。



「あれから、日常生活ではほとんど感じなくなりました」

「ジャンプすると痛いのと、あと長時間車に乗ってるときにちょっといたかったです」



前回と同様に施術していきますが、だいぶ落ち着いてきたようで反応はわずかです。

側頭骨、恥骨結合、ヒコツの調整をして確認。


「ジャンプ大丈夫になりました!!」


やけに早く終わりそうなので、そのほかに気になることを再度問診して、生理痛をテーマに

全体の調整をして終了しました。


もう運動しても大丈夫そうです。


もうちょっと回数がかかるかなと思っていましたが若いからか回復がはやいですね。



「あと、先生にやってもらったあとは、すごく体がよく動くのでまた予約してもいいですか?」



バレーの試合前のメンテナンスで、3週間後にご予約をいただきました。







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.02 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。