スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球肘、手術が必要??

2013.09.03 18:33|肩こり

一年ぶりにご来院の野球少年のKくん。


以前はオスグットで来られましたが、今回は投球時の肘の痛みでこられました。

指導者の紹介で整骨院に通ってたけど効果がなく、病院では手術を勧められたという事で来院されました。



肘は、まっすぐには伸びない状態で、なげる動作をしてもらうだけで痛みがかなり出るようです。

あとは、練習中、練習後のめまい。

今も頭にぼーっとモヤがかかったようになっているそうです。


問診のあと、全身を見ていきます。

眩暈(めまい)に関しては、冷えから来る腹部の緊張が強く反応しています。

緊張が強くなるタイミングを診てみると、おそらく練習中だとおもわれるので、練習中の飲み物の影響が強いようです。


腹部の緊張を解除して確認。


「あ、頭のぼーっとしたのが無くなりました!」


ついで肘の関連を診ていくと、ストレス系の腹部の緊張、骨盤の多層の歪み。肩甲骨の可動制限が反応します。

順序よくとっていって確認。


「あれっ!肘がまっすぐのびます!」

「投げる動作もほとんど痛くないです!」


まだちょっと重だるさが残るようなので、追加で再調整。


「行けます!全然大丈夫になりました!」


肘は肘自体に問題があるというより、肩甲骨の可動制限が肘の痛みの原因だったようです。



体全体に疲労が蓄積してるので、来週もう一回やれば問題なくなると思います。






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。