スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛で2年ぶりにご来院。

2013.10.08 19:13|腰痛

高校生の女の子Aさん。

中学の頃、短距離をされていてひざ痛や肉離れでよくメンテナンスにこられていました。

今回2年ぶりのご来院。



「2週間ぐらい前から、腰が痛くなって、なんか前かがみになってます。ちょっとでもまっすぐしようとすると、

頭の先までズキンって痛みがきます」


問診のあと、足に触れた状態で体を診ていきます。
施術はどんな症状であっても、足にしか触れないで行います。
施術前の検査で大まかな情報を読み取ってからスタート。


酷使によるものと思われる筋肉疲労が、首、肩、背中、腕に集中しています。
脛、ふくらはぎにもあります。


よほど無理してるのか、かなりのレベルの疲労が蓄積しています。
でも陸上部なのに上半身に集中してるのは不思議だったので聞いてみると、



「え?今体育祭の練習で、綱引きを毎日練習してるんです・・」


ああ、なるほど。それで背部と腕がこんなに疲れてるんですね。


これらの緊張をとりきると、冷えから来る下腹部の緊張が反応します。
この緊張をとりきって確認。



「あー!、大丈夫になりました。あと、全身筋肉痛だったのもすごく楽です。

足がちょっとだるくて筋肉痛が残ってるぐらいです」


骨格の調整と、立位のバランスを調整して再度確認。


「・・・無くなりました!」



今回は、体が季節の変わり目で冷えによる緊張がたかまっていたところに、
普段使っていない筋肉の酷使が引き金になって出てきたようです。


自流のケアや、患部を揉んだりするような治療をしていなかったのでサッパリととれました。

今回の施術で問題ないと思います。





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。