スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅干しがノドにつまった感じ。

2013.10.29 17:38|肩こり

1年ちょっとぶりにご来院の、神戸からのNさん。50代女性。


「前回やってもらってから、一年ぐらい肩こりをかんじなかったんですけど、先月ぐらいから、肩甲骨から首筋までがつるような肩こりがでてきました。
それと、ノドに梅干しの種が引っかかってるような違和感があります」


もともとかなり重度の肩こりでしたが、
それにしても”梅干しの種”は珍しいですね。


問診のあと、さっそく観ていくことにします。


背面全体の緊張。
内臓から腰への連動。
あとは、ストレス系の緊張が複雑に体に入っています。
これらを消去して確認。


「全体的に軽くなりました。頭と首は大丈夫です。肩甲骨はまだドヨンと重いのと、のどはさっきより強く感じます」


体全体のバランスの調整をして、胸郭をゆるめ、肩甲骨の可動域を確保。

それにしても背部にはかなりの緊張の蓄積がすごい。
足にしかさわらないので、直接背中には触診しませんが、触るとおそらく甲羅のように固くなっていると思います。
これはかなり辛そう。



「あっ、肩甲骨がすっごく軽いです。」

「でも、のどは詰まった感じのままです・・」


大まかには緊張層はとりきっているのに、ノドはきれいに残ったままっぽい。

カルテを見ながら、考えているとピンときました。
確か、胸部の真ん中に手術跡があったはず。


これをサーチするとピシャリと反応したので、これを解除。


「あ、今スッと消えました・・」


解除を同時に違和感も消えたようです。


体に大きな手術の跡がある場合は、気温差や突発的なストレスがあると、
手術の跡が緊張を起こすことがよくあります。

今回は、胸ですが、頭の手術跡は体に非常に強く影響するので、
そういう方は、足湯などの体のメンテナンスは欠かさない方がよいと思います。


これで、また一年ぐらいは大丈夫じゃないかと思います。





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。