スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

触診について

2013.10.30 17:22|京都整体日記



この前施術をうけた大阪の鍼灸の学生さんから、質問のメールをいただきました。



「なぜ、腰の痛みなのに、最初から最後まで腰には一切ふれなかったのですか?」



学生さんなので、触診をしなかったこと自体が不思議だったみたいです。



私の施術は、頭痛でも便秘でも、どんな症状でも、足に軽く触れている状態で行い、他の部位には触れずに終了します。


足に触れているのも特にツボが多いとかそういう理由ではないんです。
ただ”入口”として足をつかっているだけで、手であっても、頭であっても特に何も問題はないと思います。

入口はどこでも大丈夫。



”患部にふれて患部の状態を手で確かめる”


こういう方法が一般的だと思いますが、

患部の状態は、
様々な要因の積み重ねが”今現在”表現している状態にすぎないと考えています。


だから、体の深部の緊張を少し変えるだけで、痛む場所や張っているところはひょいっと移動します。

さっきまで右ひざが痛いといってた人が、


「あれ、右は何ともないけど左が痛くなってきた・・」


なんていうのはよくあります。


表面的な自覚症状や、触診での感触に目を向けすぎると本質がみえにくくなるように思います。













スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.03 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。