スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坐骨神経胃痛と頭痛と。

2013.11.03 14:30|京都整体日記

2年ぶりぐらいに津市からご来院のSさん。


「3か月分ぐらい前から、仕事が忙しくなったのが原因なのか、腰が痛くて両脚がつった様な痛みがでてきました。
あとは肩凝りがひどくて今も頭がズキズキしてます」


「念のため病院にいったら、ヘルニアからくる坐骨神経痛だといわれました」



さっそく体を診ていきます。



表層にはストレスからくる内臓系の緊張が目立ちます。
相当な蓄積量なのでよほど無理しておられるのが伝わってくる感じ。

表層の蓄積を解除して一旦確認。


「肩と、頭は楽になりました。腰と脚はあまり変わってないです」


古い緊張層が立て続けに反応。これも内臓系。



古いのも何層にもなっているようで、取り洩らしのないように解除。



「ああ、腰はすごく楽になりました。左の太ももがダル痛いです・・・」



再度施術に入ると、背部の疲労からくる張りをとりのぞくと、今度は内臓に冷え系の緊張が反応します。

これがもともとの原因層みたいです。
取りきって確認。


「あ・・、消えました、消えました」


念のため、階段を上り下りしていただいて状態をみますが違和感はないようです。


もともと夏の食生活や環境で内臓に冷えが蓄積した状態で、ストレスの強い生活になったので、
古い緊張と相まって症状化したみたいです。



たぶん、これで問題ないと思います。



忙しすぎてお風呂にゆっくりつかれないそうなので、低温の直貼りカイロを腹部に貼っていただくケアを提案してみました。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.03 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。