スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛と半月板損傷

2013.11.28 12:38|京都整体日記
和歌山からご来院のFさん。

半月板損傷と診断されて、今日が3回目の施術です。



「膝は前みたいな痛いっていう感じはないですけど、まだ曲げ伸ばしがぎくしゃくして走るのは怖い感じです」

「あと、首がちょっと凝ってて、腰は重だるい感じがします」



思ってたよりも回復が遅いですね。
私の感覚だと前回の施術で、腰と肩は抜け切ってるかと思ってたのですが。
以前に受けてられた鍼の影響が思いの他強いのか・・・

何が原因なのか、診ていくことにします


前回と同様、ストレス系の内臓系の緊張層と防御反応が強いです。
これらを解除して確認。


「膝は軽くなりました。腰はまだ重いです。肩は楽ですけど首が重いです」


同様の蓄積を何度も解除を繰り返し、確認。


「膝も少し残るけど楽になりました。腰も残るけど楽です。首は大体大丈夫です」


施術をした感覚や解除した緊張から、何かまだ身体の回復を妨げる習慣があるようです。



「Fさん、マッサージチェアとかでマッサージしてませんか??」

「えっ!なんでわかるんですか、毎日30分ぐらいは、やってますよ。肩凝りと腰痛がいつもあるんで」



なるほど、これが取れにくさの原因みたいです。
とりあえず、マッサージチェアは中止してもらうことにしました。



2週間後


4回目


「先生、あのあとマッサージ機やめたら一週間ぐらいしてから腰も肩もえらい軽くなりましたよ」

「膝は屈伸しきると痛いですが日常生活は感じなくなりました」



腰を中心の体のバランスを崩している緊張層を解除して確認。


「全然大丈夫です。」


階段の上り下りなどで確認しても大丈夫だったのでもう問題ないと思います。



マッサージ機などを常に使っていると、体に防御反応としての緊張が加わったり、
支えるための筋肉をゆるめてしまったりしてバランスを崩すことがよくあります。


痛い部分はとにかく何もしないことが早期の回復につながります。






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.01 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。