スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボコッ、ボコッ。

2013.11.29 11:40|京都整体日記

東京から年に2回ほどメンテナンスにご来院のNさん。


「今日は、歯茎というか、顎のあたりの腫れと痛み。それと、そこから首、肩にかけての凝りがあります」


以前にこの症状でお近くの整体にいかれて、
患部を刺激する治療で症状が全身に広がってずいぶんひどい状態で来院されました。
今は、疲れがたまっても肩甲骨ぐらいまでのようなのでまずまずの状態をキープされてる感じです。


今回も体の状態を診ていくことにします。


ストレス系の緊張が内臓に蓄積して腰周囲が固まっています。
それと、同様に内臓系の連動が肩付近の緊張させているのが主因のようです。

これらを解除して確認。


「あ、歯の腫れてる感じがなくなりました。」

「肩は楽です。ちょっと首に移動したみたいです」


冷えからくる腹部の緊張を解除。


「首のはりもなくなりました・・」


あとは、体がスムーズに動くように、体の張力バランスなどを整えて確認。


「んー!!すっごい体が軽いです。息もすごくしやすい」


疲労で肋骨付近まで固まって呼吸が浅くなってたんですね。



「それと、先生、やってもらってるときに骨がボコッボコッと動くんですけど・・」




ああ、それは身体の緊張がとれて骨などが本来の位置に戻る時にでる音だと思います。


「足触ってるだけなのに、首がボコッてなったんでびっくりしました・・」


首がずれてるからと、首をさわって矯正したりするのは、体にとって負荷が大きすぎると思います。
首をゆがめている緊張さえとってあげれば、体がかってに戻ってくれてこちらのほうが安全だし、自然ですから。

重要なのは、術者の思い込みややり方でクライアントさんの体を矯正しないことだと思います。





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。