スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩がいたくて眠れない。

2013.12.25 18:11|京都整体日記
福井県から紹介でご来院のSさん。


「3,4か月前から右肩がいたくなったんです。はじめは服をきるときだけ痛かったんですけど、

だんだんひどくなって、今は寝返りのたびにすごく痛くて眠れないです」



肩は緊張の蓄積がMAX状態の人が多く、

手ごわいことが多いですけど、今回はどうでしょう。


問診のあと、体を展開していきます。


カラダの軸のぶれがかなりあるので、これらをまずは解除。

ほとんどはストレス系の緊張。


解除していると、


「あ、先生、腕がなんか勝手に外に開いていきます・・・」


見ていると確かに手のひらが下を向いていたのが、外旋して徐々に手のひらが上に開いていっています。



ここで、一旦確認。

「前に上がるようになりました。横も大丈夫。後ろは・・痛っ!!」

「まだ痛いです。」



左下腹部内臓系の緊張を解除。



「あ、さっきよりいくようになりました・・」

「まだ、いい方と比べるとちょっと痛いです」


今現在のこっている痛みは、ストレッチによるものだと判断して一旦終了。




2回目、一週間後


「寝返りの痛みはなくなって、夜はよく眠れるようになりました」

「服をきたりするときに、今までとは微妙に違うところが痛いです。ビリッときます」



身体を診ていきますが、なかなか良い状態になっています。

緊張層がそんなにみあたらない。


痛みの残り具合からみて、まだありそうですが、ほとんど見当たらない感じ。

隠れている緊張層の量もそれほどないと思います。



「前回やってもらってから、片頭痛と便秘もよくなってるし、肩以外はなにもないです」



おそらく別の要因だとおもうので、手術痕、怪我などを問診。


「とくにないんですけど、ああ、学生のころ左足首もおもいっきり捻挫したことありました・・」




なるほど、これみたいですね。


捻挫にフォーカスして、捻挫にまつわる緊張層を解除して確認。



「うわ、肩痛くない・・・・」




古傷が影響していたみたいですね。

これを抜ききったのでもう大丈夫だと思います。









スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.02 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

院長 いなむら

  • Author:院長 いなむら
  • ■ 京都市内で、
    ”慢性痛専門”整体院
      京都コンディショニングを営む。

     体の奥深さと向き合う毎日。

     http://kyoto-seitai.com/

      
        
      
       


      
       



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。